*

瞑想健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/06/11 健康法


瞑想でストレスを解消し、健康を維持するのが瞑想健康法です。
ストレスが体に与える影響はとても大きく、ストレス解消は健康を保つ鍵となります。

瞑想健康法とは?

瞑想とは目を閉じて自分の内へと意識を集中させることです。
宗教的なイメージもあり、ちょっとあやしいものと感じている人もいるかもしれません。

しかし、瞑想はあやしいものではなく、精神を鍛える訓練として世界でも認められています。

瞑想でストレスを解消して、心と体を健康に導くのが瞑想健康法です。

瞑想健康法の効果や魅力

瞑想には深いリラックス効果があることが分かっています。
これにより高血圧を防ぎ、心臓疾患予防効果が期待できます。

また、ストレスが解消されることにより、ストレスが原因で引き起こされる疾患の予防や改善効果が期待されています。
さらに、瞑想を習慣にすることでストレス自体をコントロールできるようになります。

そのほか、瞑想には脳を鍛える効果もあり、脳の老化を防ぐことにもなります。

瞑想健康法のやりかた・注意点

意識を自分の内に集中させて心の安定を図ります。
やりかたはこれだというものはありません。
極端な話、やろうと思えば歩いていても瞑想はできるのです。
基本形から実践し、最終的には自分のやりやすい方法を見つけましょう。

一般的には、静かな場所を選び座って行います。
座り方は自由で、正座してもいいですし、座禅のように足を組んでもOKです。

姿勢が決まったら、目を閉じて意識を呼吸に集中します。
呼吸は腹式呼吸が基本です。
なにも考えずに呼吸だけに意識を集中します。

なにも考えないことは想像以上に難しいと、やってみるとよく分かります。
仮になにか頭に浮かんだときは、それを客観的にとらえることが大切です。
思いにとらわれるのではなく、自分と雑念とを切り離すことが瞑想です。

なお、雑念に付き合ってしまうと瞑想にならないので注意しましょう。
浮かんでくるいろいろな思いを受け流していきます。
もちろん、なにも考えないことがベストです。

1日に数分、瞑想の時間を設けましょう。

瞑想健康法の口コミ・評判

瞑想健康法を取り入れている人は少なくありません。
リラックスできる、集中力が上がる、老化防止になると評価も上々です。

関連記事

岩盤浴健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

岩盤浴はひと昔前にブームになり全国に広まりました。 デトックス効果をはじめ、美肌効果やダイエッ

記事を読む

洗腸健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

腸内環境を整えることを目的としているのが洗腸健康法です。 腸の中をキレイにして腸内環境を改善し

記事を読む

乾布摩擦健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

昔からある健康法といえば乾布摩擦です。 乾布摩擦で皮膚を鍛えることでさまざまな健康効果を生みま

記事を読む

エドガー・ケイシー療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

エドガー・ケイシーとは人の名前で、彼の推奨する健康法をエドガー・ケイシー療法といいます。 エド

記事を読む

ビタミンC健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ビタミンCにはいろいろな効果があることが知られています。 このビタミンCの効果を利用したのがビ

記事を読む

パワーストーンの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

あやしいと思っている人も多いかもしれませんが、パワーストーンに特殊な力が宿っていることは古くから

記事を読む

1円5円玉療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

1円5円玉療法は貼るだけの簡単な健康法です。 1円玉や5円玉に含まれる金属の性質を利用して、体

記事を読む

マクロビオティックの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

食事療法のひとつで、玄米や野菜などを中心とした食生活をマクロビオティックといいます。 マク

記事を読む

粗食・少食健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

健康な体を作るために、食生活はとても重要です。 現代の日本人は食べ過ぎ傾向にあり、それにともない生

記事を読む

デトックス健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

美容や健康効果が期待できると注目なのがデトックス健康法です。 体に溜まった毒素や老廃物を体外に

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑