*

爪もみ健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/06/19 健康法


神経が集中している指先を揉むことで自律神経のバランスを整えるのが爪もみ健康法です。

爪もみ健康法とは?

ストレス社会の現代、過度のストレスによって自律神経のバランスを崩す人は少なくありません。

自律神経は体の働きをコントロールしている大事な神経です。
そのため自律神経のバランスを崩すと、疲れやすくなったり、めまいがしたりなど、体調に変化があらわれてきます。

そこで、自律神経のバランスを整えるために考えられたのが、この爪もみ健康法です。

手の指先には神経が密集しています。
そのため、爪の生え際をもんで刺激することで自律神経のバランスが整えられるのです。

爪もみ健康法の効果や魅力

爪の生え際をもんで刺激すると、自律神経のバランスが正常化され免疫力が上がります。
そのため、アトピー性皮膚炎やぜんそくなど、さまざまな病気の改善に効果があるのです。

親指から小指まではそれぞれ体の各器官に対応しており、親指は呼吸器、人差し指は消化器、中指は耳、小指は循環器に作用します。
薬指は交感神経を刺激する指で体の器官には対応していません。

手の指を揉むのが基本ですが、下半身の症状の改善には足の指が有効です。

爪もみ健康法の魅力は道具やお金は一切必要ないことです。
短い時間でできるので、忙しい時でも合間にできてしまいます。
いつでもどこでもできるというのも大きな魅力です。

爪もみ健康法のやりかた・注意点

やりかたはとても簡単で、両手の5本の爪の生え際を1本ずつ揉んでいくだけです。
爪の生え際を親指と人差し指で挟んでギュッと押します。
各指10秒ぐらいずつ行いましょう。
毎日続けるのがおすすめです。

やり始めてから一時、症状が悪化することもありますが、一過性のものなので心配はいりません。
また、薬指は交感神経を刺激するため、その指だけ刺激すると免疫力を低下させることもあります。
必ず5本の指セットで爪もみを行いましょう。

爪もみ健康法の口コミ・評判

力の入れ具合がよく分からないという人もいますが、イタ気持ちいいくらいの力加減がベストです。
簡単なので続けやすいと好評です。

関連記事

洗腸健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

腸内環境を整えることを目的としているのが洗腸健康法です。 腸の中をキレイにして腸内環境を改善し

記事を読む

尿飲療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

自分の尿を飲む健康法が尿飲療法です。 尿は汚いというイメージがありますが、排泄したばかりの尿は

記事を読む

塩ぬり健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

塩で全身をマッサージするのが塩ぬり健康法です。 90年代に広まった健康法で、主に美容効果が期待

記事を読む

ビタミンC健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ビタミンCにはいろいろな効果があることが知られています。 このビタミンCの効果を利用したのがビ

記事を読む

逆立ち健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

毎日逆立ちを続ける健康法が逆立ち健康法です。 逆立ちは体を鍛えることはもちろんのこと、病気の予

記事を読む

瞑想健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

瞑想でストレスを解消し、健康を維持するのが瞑想健康法です。 ストレスが体に与える影響はとても大

記事を読む

アロマテラピーの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

香りの効果で心や体を癒してくれるのがアロマテラピーです。 アロマテラピーはリフレッシュやリラッ

記事を読む

耳もみ健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ツボが集中している耳をもむ健康法が耳もみ健康法です。 耳には全身に対応するツボがあるため、耳を

記事を読む

リンパマッサージの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

滞ったリンパの流れを改善することで、健康へと導いていくのがリンパマッサージです。 そしてこのリ

記事を読む

ひもしばり健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

足をひもで縛って眠るのが、ひもしばり健康法です。 O脚やX脚を改善するのに有効ですが、それだけ

記事を読む

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球

じんましん(蕁麻疹)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんとは、皮膚の一部になんらかの刺激が加わったこ

ジフテリアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ジフテリアとは ジフテリア(じふてりあ)とは、桿菌(かんきん)という棒状・円筒状の細

起立性低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療など

起立性低血圧とは 寝た姿勢や座っている姿勢から急に立ち上がったときに血圧が低下し

アカントアメーバ角膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

アカントアメーバ角膜炎とは アカントアメーバ角膜炎(あかんとあめーばかくまくえん)と

→もっと見る

PAGE TOP ↑