*

左回り健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/07/08 健康法


ちょっと変わった健康法のひとつに左回り健康法があります。
左に回るだけで健康になると話題の健康法です。

左回り健康法とは?

人は左回りをするのが自然です。
陸上競技で走るときも左回りですし、フィギュアスケートでスピンするときも左回りです。
人が自然に動くと左回りを選択するわけです。

しかし、私たちが命を得たとき、すなわち精子と卵子が受精した瞬間、受精卵は右回りを行い成長していきます。
成長するということは同時に命のカウントダウンが始まったということでもあり、したがって右回りは消費、老化、消化と考えることができます。

そこで逆の左に回ることでカウントダウンを止めるというのが左回り健康法の考え方です。

左回り健康法の効果や魅力

左回りをすることで筋肉が緩み、リラックスします。
たとえば左回りをしてから前屈すると体が柔らかくなります。

また、右回りは老化をあらわすことから、左回りは老化を防ぐ効果が期待できます。

左回りをすると気のめぐりも良くなり、心と体を健康に導きます。
左に回るとエネルギーが集まり、右回りは逆にエネルギーが出ていくのです。

左回り健康法の魅力は、手軽なことと基本的にお金がかからないところです。

左回り健康法のやりかた・注意点

左回り健康法を試すのは簡単で、事務用いすなどの回転するいすに座ってくるくる回るだけです。
たとえば遊具などで左回りをするのもいいですし、メリーゴーランドなどに乗るのも良いでしょう。
もちろんその場で立って、自分で左回りに回転してもいいです。

効果的なのが、左回りばかりでなく右回りも取り入れる方法です。
10回左回りしたら1回右回りをするのが目安です。

また、人は頭がN極、足がS極の磁極をもっているため、体の右側にN極、左側にS極をおくと左回りと同じような効果が得られます。

左回り健康法の口コミ・評判

あまりに簡単な方法のため、信憑性に欠けると考える人も少なくないですが、実際に左回りを行ってから前屈すると、驚くほど体が柔らかくなったと驚いている人が多くいます。

関連記事

朝食抜き健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

朝食を食べるほうが健康的と思っている人は多いですが、実は朝食を抜くことで健康を保つという健康法が

記事を読む

仮眠健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

仮眠をとることで脳の働きを活性化させるのが仮眠健康法です。 疲れたり、集中力がなくなってきたと

記事を読む

エドガー・ケイシー療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

エドガー・ケイシーとは人の名前で、彼の推奨する健康法をエドガー・ケイシー療法といいます。 エド

記事を読む

セロトニン健康の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

神経伝達物質セロトニンを増やすことで健康を保つのが、セロトニン健康法です。 セロトニン健康

記事を読む

瞑想健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

瞑想でストレスを解消し、健康を維持するのが瞑想健康法です。 ストレスが体に与える影響はとても大

記事を読む

乾布摩擦健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

昔からある健康法といえば乾布摩擦です。 乾布摩擦で皮膚を鍛えることでさまざまな健康効果を生みま

記事を読む

リンパマッサージの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

滞ったリンパの流れを改善することで、健康へと導いていくのがリンパマッサージです。 そしてこのリ

記事を読む

スクワット健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

芸能人にもやっている人が多い人気の健康法がスクワット健康法です。 全身の筋肉を使うスクワットは

記事を読む

1円5円玉療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

1円5円玉療法は貼るだけの簡単な健康法です。 1円玉や5円玉に含まれる金属の性質を利用して、体

記事を読む

バイオセラピーの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

バイオセラピーは、日本語にすると生体療法という意味で、いわゆる健康法のことです。 さまざまな、

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑