*

マクロビオティックの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/06/09 健康法


食事療法のひとつで、玄米や野菜などを中心とした食生活をマクロビオティックといいます。

マクロビオティックとは?

マクロビオティックは日本人が考案した食事療法で、その考え方が多くの人に支持され、欧米にも広まっています。

このマクロビオティックは玄米と野菜、海藻を中心とした食事で、身土不二、一物全体という2つの原則からなります。

身土不二とは自分が暮らしている土地の旬のものを食べるという意味で、一物全体とは自然の恵みである食物は残さずすべて食べるという意味です。

マクロビオティックの効果や魅力

マクロビオティックを実践することで、体を強くし健康を維持することができます。
体質も改善され、肌荒れや冷え、便秘などが改善されます。
さらに生活習慣病の予防になり、アンチエイジング効果も期待できます。
また、よく眠れるようになり、ダイエットにも効果的です。

体調が改善されることで気持ちも安定し、ストレスの軽減などにもなります。

マクロビオティックの魅力は健康的な心と体が手に入るところ、そしてエコロジーにも役立つところです。

マクロビオティックのやりかた・注意点

マクロビオティックでは中国の易の陰陽の考え方が取り入れられており、食材には陰と陽があると考えられています。
そのため、この陰と陽のバランスがとれた食事が理想とされています。

また、調理方法にも陰と陽があり、調理方法も陰と陽のバランスを考えることが大切です。

一食の食事のバランスは主食である穀物類は50%から60%、野菜は25%から30%、豆や海藻は10%から15%、そのほか果物などが5%から10%が理想とされています。

玄米などの精製されていない穀物を主食とし、肉や卵、乳製品、白砂糖、化学調味料などは原則使用せず、野菜は皮ごと調理するというのがマクロビオティックの基本です。

マクロビオティックの口コミ・評判

マクロビオティックを実践している人は多く、体の調子が良くなった、痩せて健康になった、肌がきれいになったなどの良い意見が多くあります。

ただし、すぐに効果を実感できるわけではないため、途中で止めてしまう人も多くいるようです。

関連記事

自律訓練法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

自己催眠法のひとつであり、リラクゼーション効果があるのが自律訓練法です。 ドイツの精神科医によ

記事を読む

デトックス健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

美容や健康効果が期待できると注目なのがデトックス健康法です。 体に溜まった毒素や老廃物を体外に

記事を読む

ひもしばり健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

足をひもで縛って眠るのが、ひもしばり健康法です。 O脚やX脚を改善するのに有効ですが、それだけ

記事を読む

丹田腹式呼吸法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

丹田というのはへそから指三本分くらい下の場所を指します。 この部分を意識しながら行う呼吸法が丹

記事を読む

パワーストーンの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

あやしいと思っている人も多いかもしれませんが、パワーストーンに特殊な力が宿っていることは古くから

記事を読む

米こうじ健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

米こうじを食べる健康法が米こうじ健康法です。 免疫力を上げたり、病気にかかりにくくなったりなど

記事を読む

逆立ち健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

毎日逆立ちを続ける健康法が逆立ち健康法です。 逆立ちは体を鍛えることはもちろんのこと、病気の予

記事を読む

クエン酸健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

すっぱいものは体に良いというのは昔からよく言われていることです。 レモンや梅干し、お酢などに含

記事を読む

両手振り運動の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

両手を振る運動だけで健康になるのが、両手振り運動です。 これは気功術のひとつで、スワイショウと

記事を読む

酵素健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

酵素不足は体調に影響を与えることから酵素を多く取り入れる健康法が注目されています。 ダイエット

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑