*

アロマテラピーの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/06/06 健康法


香りの効果で心や体を癒してくれるのがアロマテラピーです。
アロマテラピーはリフレッシュやリラックスだけでなく、健康効果も期待される自然療法です。

アロマテラピーとは?

アロマテラピーは精油を使い香りを楽しむものですが、精油の種類によってさまざな健康効果があるといいます。
アロマテラピーと聞いて一番に思い浮かべるのがリラックス効果、つまり癒しの効果ですが、精神的なものだけではなく健康増進にも役立てることができるのです。

嗅覚を通してその刺激が脳へと伝わることで精神的・身体的に作用することはもちろん、呼吸で肺に入ったり皮膚から吸収されることで血管に入り、血流に乗って全身をめぐり体に作用します。

精油は芳香器などを使って香りを楽しむだけでなく、お風呂に入れたり、マッサージに利用したり、化粧水を作ったりなど、生活のあらゆるところで使うことができます。

アロマテラピーの効果や魅力

アロマテラピーは心の癒しを求めて始める人が多くいますが、リフレッシュやリラックス効果だけでなく、疲労回復や健康維持などにも効果が期待できます。

アロマテラピーに使用する精油はいろいろな種類があり、その数は200から300種類にも上ります。
精油はその種類によってさまざまな作用があり、それにより心と体を癒してくれるのです。
効果はいろいろありますが、たとえば鎮静作用、ホルモン調節作用、免疫力の活性化、消化や食欲増進、殺菌・抗菌作用などがあります。

また、美容にも効果的といわれており、乾燥肌やニキビ、シミやくすみ、しわ・たるみなどにも効果期待できる精油もあります。

このように心身にさまざまな効果があるといわれているアロマテラピーですが、一番の魅力はその手軽さです。
香りの種類も豊富で、また、さまざまな利用法もあり、意外に奥が深いアロマテラピーは一度やるとハマってしまう人も少なくありません。

アロマテラピーのやりかた・注意点

アロマテラピーは芳香器などで楽しむのが一般的ですが、道具を使用しなくても、たとえばハンカチやティシュに精油を垂らして手軽に楽しむこともできます。

また、お風呂に数滴入れれば、香りを楽しみながら皮膚からも成分が浸透して心身ともに作用します。

肌からの浸透といえば、希釈した精油でマッサージすることもおすすめです。
さらに洗面器などにお湯をはり、オイルを数滴たらして蒸気を吸い込むと呼吸器系の症状の改善に良いといいます。

また、アロマスプレーを作れば、お気に入りの香りのルームスプレーや虫よけ、お掃除などに使用することもできます。

このように、日常のいろいろなシーンで精油は活躍します。

アロマテラピーは手軽に始められることで人気がありますが、精油を取り扱うときにはいくつかの注意点があります。

まず、精油を選ぶ際に注意したいのが100%天然のものかどうかです。
現在販売されている精油の中には合成のオイルも多くあります。
安価な合成オイルは健康目的で使用すると悪影響を与えることもあるので注意が必要です。

また、精油をマッサージなどに使用する場合は、原液をそのまま使うのはNGです。
必ず希釈して使用しなければなりませんし、使用前にパッチテストを行いましょう。

精油の種類によっては刺激が強いものもありますし、症状によっては使用を避けた方が良い精油もあります。
特にアロマテラピー初心者は、作用などをよく確認した上で使用することが大切です。

保存する場合はキャップをしっかり締め、冷暗所に保管し、1年以内に使い切ることをおすすめします。

アロマテラピーの口コミ・評判

アロマテラピーは特に女性に人気の療法です。
好きな香りに包まれて癒されるというのは、まさに女性におすすめといえるでしょう。

その魅力にハマる人も多く、アロマテラピーの民間資格を取得する人も珍しくありません。
芸能人にも資格を取るほどハマっている人が多くいます。

安全に楽しむにはそこそこの知識を要しますから、検定を受けるまでの必要はありませんが、少し知識を身につけてから始めるのが良いでしょう。

関連記事

尿飲療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

自分の尿を飲む健康法が尿飲療法です。 尿は汚いというイメージがありますが、排泄したばかりの尿は

記事を読む

岩盤浴健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

岩盤浴はひと昔前にブームになり全国に広まりました。 デトックス効果をはじめ、美肌効果やダイエッ

記事を読む

1円5円玉療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

1円5円玉療法は貼るだけの簡単な健康法です。 1円玉や5円玉に含まれる金属の性質を利用して、体

記事を読む

乾布摩擦健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

昔からある健康法といえば乾布摩擦です。 乾布摩擦で皮膚を鍛えることでさまざまな健康効果を生みま

記事を読む

断食健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ご飯を食べないで内臓を休ませるのが断食健康法です。 ダイエット目的で試したことがある人も多いと

記事を読む

耳もみ健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ツボが集中している耳をもむ健康法が耳もみ健康法です。 耳には全身に対応するツボがあるため、耳を

記事を読む

逆立ち健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

毎日逆立ちを続ける健康法が逆立ち健康法です。 逆立ちは体を鍛えることはもちろんのこと、病気の予

記事を読む

笑う健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

笑うことは、毎日ハッピーに過ごす秘訣になるだけでなく、健康にも効果があります。 病気の予防やス

記事を読む

洗腸健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

腸内環境を整えることを目的としているのが洗腸健康法です。 腸の中をキレイにして腸内環境を改善し

記事を読む

納豆健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

納豆は健康に良い食品として知られています。 納豆にはさまざまな効果があり、その納豆のパワーを利

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑