*

ニンニク健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/05/25 健康法


健康に良いと言われている食材、ニンニクを使った健康法がニンニク健康法です。
ニンニクは古くから薬効がある食材として、世界中で食べられてきました。

ニンニク健康法とは?

ニンニクは世界中て使われている食材ですが、近年、研究が進んだことでニンニクのすばらしいパワーが分かってきています。

ニンニクにはアリシンとスコルジニンという成分が含まれています。
ニオイの元であるアリシンには強い抗菌力があり、スコルジニンには強壮効果があります。

これらの成分が体の中で働くことで、いろいろな病気に効果が期待されています。

ニンニク健康法の効果や魅力

抗菌力、殺菌力をもつアリシンには、風邪やインフルエンザをはじめ、コレラやチフスなどの伝染病の予防効果を期待することが可能です。

そしてスコルジニンには疲労回復効果や新陳代謝の促進作用があり、さら、消化の促進や解毒効果、血管の拡張、強壮効果、呼吸の促進、心臓の拍動の強化などの作用があります。

また、アリシンにはその他の成分と結合することでさまざまな働きをすることが分かっており、たとえば脂質と結合することで脂質アリシンとなって血液をサラサラにしてくれます。

これらのことからニンニクは、 生活習慣病やガンの予防、呼吸器疾患、心臓疾患などのあらゆる疾患に効果が期待できることが分かっているのです。

ニンニク健康法のやりかた・注意点

ニンニク健康法のやりかたは簡単で、1日に1かけニンニクを食べるだけです。

ここで注意したいのがニンニクの量で、たくさん食べればいいと思っている人も多いかもしれませんが、前述したように1日に1かけで充分です。
食べ過ぎると貧血になることもあるので注意が必要です。

また、食べるだけでなく、湿布として利用する方法や、化粧水にする方法などがあります。
もちろん、ニンニクをそのまま肌につけるのではなく、すりおろしたニンニクを水などで薄めて使います。

ニンニク健康法の口コミ・評判

失敗談としてよくあるのが、食べ過ぎて胃を悪くしたという話です。
特に生のにんにくは成分が強いので、食べ過ぎには注意しましょう。

関連記事

鼻うがい健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

蓄膿症や風邪などに効果があることで知られている鼻うがいは、ほかにもいろいろな病気に対する効果が期

記事を読む

納豆健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

納豆は健康に良い食品として知られています。 納豆にはさまざまな効果があり、その納豆のパワーを利

記事を読む

海水療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

にわかには信じがたい健康法が、生理学者ルネ・カントンが行った海水療法です。 海水療法とは海水を

記事を読む

爪もみ健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

神経が集中している指先を揉むことで自律神経のバランスを整えるのが爪もみ健康法です。 爪もみ

記事を読む

セロトニン健康の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

神経伝達物質セロトニンを増やすことで健康を保つのが、セロトニン健康法です。 セロトニン健康

記事を読む

炭健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

炭には消臭効果や湿度の調整効果などいろいろな効果があります。 それを生活のあらゆるシーンで利用

記事を読む

水素水健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

今、多くの今テレビや雑誌で注目されているのが水素水の健康効果です。 水素水は美容や健康に対しさ

記事を読む

ビタミンC健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ビタミンCにはいろいろな効果があることが知られています。 このビタミンCの効果を利用したのがビ

記事を読む

アロマテラピーの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

香りの効果で心や体を癒してくれるのがアロマテラピーです。 アロマテラピーはリフレッシュやリラッ

記事を読む

洗腸健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

腸内環境を整えることを目的としているのが洗腸健康法です。 腸の中をキレイにして腸内環境を改善し

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑