*

スクワット健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/05/15 健康法


芸能人にもやっている人が多い人気の健康法がスクワット健康法です。
全身の筋肉を使うスクワットは、健康維持だけでなくダイエットやアンチエイジングにも効果があります。

スクワット健康法とは?

定番の筋トレであるスクワットは、足の筋肉を鍛えると思っている人もいるかもしれませんが、実は背中から下半身までを鍛えることができます。
筋肉の7割は下半身にあるといいますから、スクワットだけで体のほとんどの筋肉が鍛えられるというわけです。
なんとスクワット15回は腹筋500回に匹敵するというから驚きです。

高い健康効果が期待できることから、芸能人も多数スクワットを日課にしています。

スクワット健康法の効果や魅力

老化は足から始まるといいますが、下半身を集中的に鍛えることで老化を遅らせることができますし、筋肉を鍛えることで若返りのホルモンが分泌されます。
つまり、スクワット健康法はアンチエイジングに効果があるのです。

また、適度な運動を続けることで血行が良くなり、冷え症も改善されますし、筋肉を鍛えればダイエットにも繋がります。
体重も減りますが、足がほっそりと引き締まります。

スクワット健康法の魅力は、コストがかからないところです。

スクワット健康法のやりかた・注意点

スクワットの回数に決まりはありません。
回数よりも注意したいのがスクワットのやりかたです。

足は肩幅まで開き、ももと床が平行になるまで膝を曲げます。
このとき、背中はまっすぐ伸ばすのがポイントです。
ひざはゆっくり曲げてゆっくり伸ばすことで効果が上がります。

呼吸は膝を曲げるとに吸って、伸ばす時に吐きます。
腕は頭の後ろに組むという方法もありますが、真っ直ぐ前に伸ばすことで首回りに効果があるのでおすすめです。

スクワット健康法の口コミ・評判

黒柳徹子さん、吉永小百合さん、八代亜紀さんなど、多くの芸能人が日課としているのがスクワットです。
芸能人がいつまでも若くはつらつとしているのは、日頃からきちんと鍛えているからなのでしょう。

関連記事

海水療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

にわかには信じがたい健康法が、生理学者ルネ・カントンが行った海水療法です。 海水療法とは海水を

記事を読む

洗腸健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

腸内環境を整えることを目的としているのが洗腸健康法です。 腸の中をキレイにして腸内環境を改善し

記事を読む

酵素健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

酵素不足は体調に影響を与えることから酵素を多く取り入れる健康法が注目されています。 ダイエット

記事を読む

緑茶まるごと健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

飲むだけでなく、食べることで緑茶の効果を余すことなく取り入れる健康法が、緑茶まるごと健康法です。

記事を読む

仮眠健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

仮眠をとることで脳の働きを活性化させるのが仮眠健康法です。 疲れたり、集中力がなくなってきたと

記事を読む

エドガー・ケイシー療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

エドガー・ケイシーとは人の名前で、彼の推奨する健康法をエドガー・ケイシー療法といいます。 エド

記事を読む

カラオケ健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

カラオケは子供から年配の方までの幅広い世代に人気の娯楽です。 歌って楽しいカラオケは、意外と思う人

記事を読む

ポジティブ・シンキング健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

前向きな考え方をすることで健康を維持するのが、ポジティブ・シンキング健康法です。 後ろ向きな考

記事を読む

丹田腹式呼吸法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

丹田というのはへそから指三本分くらい下の場所を指します。 この部分を意識しながら行う呼吸法が丹

記事を読む

炭健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

炭には消臭効果や湿度の調整効果などいろいろな効果があります。 それを生活のあらゆるシーンで利用

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑