*

急性腎不全の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析


急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)とは、急激に腎臓の機能低下に陥る状態のことをいいます。
通常、乏尿(ぼうにょう)といい尿量が減少したり、無尿(むにょう)といってほとんど尿が排出されなくなります。
しかしながら、急性腎不全の中には尿の排出量が少なくならないものもあります。
乏尿などになる場合は乏尿性急性腎不全と呼び、乏尿などにならない場合は非乏尿性急性腎不全と呼びます。
動脈硬化のひどい人がいまの日本には多いのですが、こうした人は急激に腎機能の低下を招きやすいので注意が必要です。
なお、急性腎不全は場合によっては命を落とす可能性のある、恐ろしい病気です。

急性腎不全の原因

急性腎不全とひと口にいっても腎前性(じんぜんせい)、腎性(じんせい)、腎後性(じんごせい)が存在し、個々に原因が異なります。
腎前性の急性腎不全は、心不全(しんふぜん)、敗血症(はいけつしょう)、出血性ショック、脱水、火傷(かしょう)などにより引き起こされます。
なお、腎前性急性腎不全は、これらの原因により血流低下を招くためにあらわれるのが特徴です。
腎性の急性腎不全は、腎臓自体に起こる病気、病気の代謝産物が原因の閉塞や代謝産物の腎毒性、薬物などが原因です。
腎性急性腎不全は、腎臓自体の異常が原因となって引き起こされるのが特徴です。
腎後性の急性腎不全は、泌尿器科系のがん、尿管結石(にょうかんけっせき)、ほかの臓器の腫瘍が後腹膜(こうふくまく)に転移することなどが原因となります。
なお、腎後性急性腎不全は、尿が排泄されるまでの経路である腎盂(じんう)、尿管(にょうかん)、膀胱(ぼうこう)、尿道(にょうどう)のいずれかに閉塞が起こり、尿道から尿が排出されないことで引き起こされるのが特徴です。

急性腎不全の症状

急性腎不全の初期症状としては、浮腫(ふしゅ=むくみのこと)が起こり、さらにコーラ色の尿が出ることもあります。
また、尿の量が減少する乏尿、全くなくなってしまう無尿の症状が引き起こされる人もいるのです。
急性腎不全がよくならないままでいると、次第に老廃物が体の中に溜め込まれ、疲労感や集中力低下、食欲低下、悪心(おしん)、めまい、全身のかゆみ、頻脈(ひんみゃく)があらわれる場合もあります。
尿の排泄経路の閉塞により急性腎不全になった人は、程度の差はあるものの痛みを感じたり、尿が腎臓へと溜め込まれて腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)が拡張し、水腎症(すいじんしょう)による血尿の症状が引き起こされることもあるのです。

急性腎不全の検査と診断

急性腎不全の状態に陥っているかどうか明確にするためには、血液検査をおこなうのが効果的です。
検査の結果、血清クレアチニンが高い値を示しますが、これにより急性腎不全であることがわかります。
なお、血液検査では血清クレアチニン値以外にも、尿素窒素やカリウムの数値も高くなっているのが特徴です。
また、急性腎不全か否か確かめる検査以外にも、原因を調べることを目的におこなわれる検査もあります。
主なものとしては血液検査のほか、尿検査、超音波検査、MRI検査、CT検査、X線検査といった画像検査などが挙げられます。

急性腎不全の治療の方法

急性腎不全になると、原因疾患の治療がおこなわれます。
と同時に、高カリウムの問題や胸水(きょうすい)が蓄積された問題を解決するための方法もとられます。
そのほか、急性腎不全の種類により治療方法は異なり、腎前性や腎性の急性心不全の場合、透析療法をおこなうことにより、腎機能の回復を試みます。
他方、腎後性急性腎不全の患者に対しては、尿道や背中からカテーテルを挿入することにより、急性腎不全の原因となった尿の排泄経路の閉塞を解消する方法が選択されます。
それから、急性腎不全では食事のコントロールも必要になり、通常水分や塩分の摂取制限がおこなわれることになるでしょう。

関連記事

副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そもそも副腎

記事を読む

慢性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

慢性腎盂腎炎 どんな病気(概要) 慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)とは、腎盂腎炎(じんう

記事を読む

薬物療法:腎機能の低下を遅らせる薬について

腎臓病と診断された場合、食事療法の他に薬物療法が行われます。 薬物療法の狙いの一つとして、

記事を読む

腎臓移植の概略についてご紹介しています

腎臓移植とは、他人の腎臓を腎臓病患者に移植することにより、患者の腎臓として機能を果たさせる治療方

記事を読む

腎臓病、透析の人が食事で注意すべき5つの事

水分の摂取 人工透析を行っているのであれば血液透析、腹膜透析に関わらず水分の摂取は十分に気をつ

記事を読む

膿腎症の原因・症状・検査・治療

膿腎症(のうじんしょう)とは、腎臓の腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)に尿が蓄積する水腎症(すいじ

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の若年層が発

記事を読む

単純性腎嚢胞の原因・症状・検査・治療

単純性腎嚢胞(たんじゅんせいじんのうほう)とは、血液のろ過や尿の産生の役割を担っている腎実質に、

記事を読む

腎臓病の食事療法のポイントと注意点のまとめ

腎臓病の食事療法:エネルギーは十分に 腎臓病と診断された場合、食事療法に取り組む必要があります

記事を読む

腎臓の健康を表すクレアチンの数値

腎臓の健康とクレアチンには関係があると考えられています。 まず、腎臓の健康は何となくイメー

記事を読む

糸状虫症(フィラリア症)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

一般的にはバンクロフロト糸状虫(しじょうちゅう)によって引き起こされる病気です。

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

→もっと見る

PAGE TOP ↑