*

萎縮腎の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析


萎縮腎(いしゅくじん)とは、腎臓が硬くなり、縮小してしまった状態のことをいいます。
正常な状態の半分以下にまで萎縮が起こってしまうのが特徴です。
様子を顕微鏡を使って調べてみると、尿細管上皮(にょうさいかんじょうひ)や糸球体(しきゅうたい)が縮小しているほか、糸球体の血管が詰まり代謝が正常におこなわれない状態に陥っています。
さらに腎臓に存在する間質(かんしつ)を調べると、繊維組織と結合組織の増加が認められ、尿細管や糸球体を覆い隠すような状態になっていたり、圧迫して潰したりしています。
仮にこの状態を招いてしまった場合には、腎臓の機能が失われてしまい、血中クレアチニンや尿素窒素の数値がはね上がり、命を脅かすほど深刻な状態に陥ります。
高血圧が原因の動脈硬化、末期の腎炎、糖尿病などにより腎萎縮を招くリスクがあるほか、原因が不明の腎萎縮も存在します。
なお、これらの中で最も割合が高いのは糖尿病からなる萎縮腎だといわれています。
糖尿病により腎臓の血管が障害されることにより、腎臓が硬化し縮小した状態になるのです。

萎縮腎の原因

高血圧に由来する動脈硬化や末期腎炎、糖尿病の症状として萎縮腎の状態になることがあります。
萎縮腎自体は外傷などにより腎組織へと血液がいきわたらなくなり、これにより酸素や栄養が足りなくなった結果、腎組織や細胞が壊死(えし)することで引き起こされます。
ひとたび壊死してしまった腎臓は、健康だった頃の状態に戻ることはありません。
しかしながら、腎臓は2個ありますので、いずれか一方の腎臓が壊死してしまったとしても、もう一方の腎臓に異常がない場合には、命を落とすことにはなりません。

萎縮腎の症状

萎縮腎の状態になると、多尿の症状が引き起こされるようになります。
これは尿の量が多くなる症状のことをいいますが、2,000cc以上と通常の1,000~1,500ccよりかなり多いことがわかります。
なお、日中より夜のほうが排尿量は多くなるのが特徴で、眠ったあとも何度も排尿しなければいけなくなるのです。
したがって、頻尿も主な萎縮腎の症状の一つであるといえるでしょう。
そのほかの症状に関しても尿関連が多く、排尿時に痛みを感じたり、血尿が出たりもします。
高血圧による症状もあり、頭痛、めまい、動悸(どうき)などが引き起こされたり、脳出血、心臓衰弱、網膜炎、尿毒症など別の病気を招くリスクも増大するのです。
さらには腎臓病により引き起こされる症状もあり、悪心(おしん)、嘔吐、疲労感、貧血などが挙げられます。

萎縮腎の検査と診断

健康な状態の腎臓というのは、成人がこぶしを握った程度のサイズで、重量は1個150g程度あります。
しかしながら、萎縮腎の状態に陥っている人の腎臓は、正常な人の腎臓の半分近くまで縮小してしまっているのです。
萎縮腎であるかどうかはこの縮小した状態を確認してみなければわかりませんが、そのために選択される検査方法は腹部エコー検査やCT検査となります。
これらの検査をした結果、縮小が認められれば萎縮腎の状態に陥っているという検査結果が出るでしょう。

萎縮腎の治療の方法

重症化した萎縮腎に関しては、腎臓を除去する手術を行うことで対処することが可能です。
ただ、これは一方のみが萎縮腎の状態に陥っているケースで選択できることであり、両側が硬く小さくなっている場合には、人工透析の治療を選択しなくてはいけません。
また、この場合は腎移植による治療方法を行うことも有効とされています。
そのほか、腎不全が一緒に引き起こされている患者に対しては、腎臓の摘出手術を行わなくてはいけません。
尿毒症の場合は透析療法が選択されることとなり、症状に対しては抗生物質の投与が行われます。
なお、萎縮腎の治療では食事のコントロールも重要で、食事療法としてたんぱく質の摂取の制限をしなくてはいけません。

関連記事

膜性腎症の原因・症状・検査・治療

膜性腎症(まくせいじんしょう)とは、腎臓の主要な役割であるろ過機能に異常が起こる病気のことをいい

記事を読む

膿腎症の原因・症状・検査・治療

膿腎症(のうじんしょう)とは、腎臓の腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)に尿が蓄積する水腎症(すいじ

記事を読む

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

腎周囲膿瘍の原因・症状・検査・治療

腎周囲膿瘍(じんしゅういのうよう)とは、文字通り腎臓の周囲に膿瘍と呼ばれる膿のかたまりがつくり出

記事を読む

慢性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

慢性腎炎症候群 どんな病気(概要) 慢性腎炎症候群(まんせいじんえんしょうこうぐん)とは、進行

記事を読む

腎臓の健康維持の為の食事の注意点

腎臓病は自覚症状に乏しいため、気付いたときにはかなり悪くなっていたということが少なくありません。

記事を読む

腎臓に良い食べ物と悪い食べ物

腎臓に良い食べ物 腎臓の健康に気遣いたい人が積極的に摂ると良いとされている食べ物を取り上げてい

記事を読む

多発性嚢胞腎の原因・症状・検査・治療

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)とは、腎臓に嚢胞と呼ばれる液体が入っている袋が形成されてし

記事を読む

ネフローゼ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

腎臓には体内にある不要物や有害物を排出する役割があります。 腎臓にある糸球体(しきゅうたい

記事を読む

急性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)とは、腎盂や腎杯(じんぱい)、そのほか腎臓自体に細菌感染

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑