*

膿腎症の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析


膿腎症(のうじんしょう)とは、腎臓の腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)に尿が蓄積する水腎症(すいじんしょう)に細菌感染が付随し、腎実質(じんじっしつ)へと感染が拡大することで、ここを覆っている袋の内部に膿が溜め込まれた形になる病気のことをいいます。
過去にこの状態に陥る原因として多かったのは結核によるものでしたが、いまではまずありません。
なお、いまは腎結石(じんけっせき)により感染を招くことで膿腎症の状態に陥るケースの割合が高くなっています。
この膿腎症を引き起こすと敗血症(はいけつしょう)を招くリスクがあり、早期に治療をおこなわなければ命を落とすことにもなりかねません。

膿腎症の原因

以前であれば膿腎症の原因というと結核菌の感染によるものが大多数を占めていました。
しかしそれはもう過去の話であり、いまこれが原因で起こる膿腎症は少なくなっているのです。
この頃、原因として多くなっているのは腎結石による感染です。
これは腎臓に結石がつくり出されてしまう病気のことです。
また、主な原因としてはほかにも腎盂・腎杯に尿が蓄積されて起こる水腎症が挙げられるほか、尿が通過するところに結石がつくり出される尿管結石によっても膿腎症は起こります。

膿腎症の症状

膿腎症の状態に陥ると、腎臓の機能が落ち込みます。
このことから尿がスムーズに排泄されなくなり、腹部膨満(ふくぶぼうまん)の症状があらわれます。
さらに臓器が体の内側から圧迫されることから、お腹の痛みも自覚症状として起こるでしょう。
そして、尿路感染症によるものであれば高熱の症状のほか、全身のだるさ、食欲低下、腎臓部分の痛みなどの症状が認められます。
また、膿が蓄積される病気が膿腎症ですが、膿のせいで尿の色が濁る症状も起こります。
そのほか、膿腎症になると敗血症を招くリスクがあり、仮になってしまった場合にはただちに治療しなければ死亡してしまう恐れがあります。

膿腎症の検査と診断

膿腎症の主な検査方法には尿検査があります。
実際に検査をしてみて膿腎症になっている場合には、細菌や膿がかなりあることが尿検査でわかります。
それから、主な検査方法の一つには血液検査もあります。
膿腎症になっている場合には血液沈降速度が速いことがわかるほか、白血球が多くなっていることもわかるのです。
こうした検査から、炎症が生じているということが明確になります。
そのほか、膿腎症の検査方法としては、超音波検査やCT検査といった画像診断がおこなわれます。
これらの検査をおこなうことで、腎盂・腎杯が拡張していることがわかり、腎実質が萎縮していることがわかります。
そして、必要に応じて排泄性尿路造影(はいせつせいにょうろぞうえい)が選択されることがあります。
これは造影剤検査の一種ですが、この検査方法により腎盂の腫大(しゅだい)が確認できますが、腎臓の機能が落ち込んでいる場合、造影剤の体外への排泄がおこなわれなくなります。

膿腎症の治療の方法

膿腎症の状態に陥っている場合には、最悪の事態になることも想定されるため、すぐに入院しなくてはいけません。
その上で、抗生物質を使用しての薬物療法がおこなわれる形になります。
また、水腎症がどうして引き起こされたのか、特定することも一緒におこなわれるでしょう。
軽症の人の場合であれば、この抗生剤の使用だけで治療を済ませられるケースもあります。
しかしながら、薬による治療が功を奏さず、全身の症状が改善しない患者に対しては、腎臓内の膿を排出するための手術がおこなわれます。
方法としては内視鏡を使用し、カテーテルを挿入するもののほか、超音波の画像をたよりに腎臓まで針を刺し込み、膿を吸い出すものがあります。
上手くいけば全身倦怠感の症状が軽くなります。
そのほか、抗生物質や手術療法により状態がよくならず、腎機能が著しく低下しているような状態に陥ると、最終的には腎摘出を選択しなくてはいけなくなります。

関連記事

薬物療法:腎機能の低下を遅らせる薬について

腎臓病と診断された場合、食事療法の他に薬物療法が行われます。 薬物療法の狙いの一つとして、

記事を読む

腎臓の健康を表すクレアチンの数値

腎臓の健康とクレアチンには関係があると考えられています。 まず、腎臓の健康は何となくイメー

記事を読む

萎縮腎の原因・症状・検査・治療

萎縮腎(いしゅくじん)とは、腎臓が硬くなり、縮小してしまった状態のことをいいます。 正常な状態

記事を読む

腎結石の原因・症状・検査・治療

腎結石(じんけっせき)とは、腎臓結石と呼ばれることもあり、血中の主成分であるカルシウムが結晶化し

記事を読む

腎梗塞の原因・症状・検査・治療

腎梗塞(じんこうそく)とは、腎動脈が梗塞することにより、腎組織が壊死(えし)する病気のことをいい

記事を読む

腎膿瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

腎膿瘍(じんのうよう)は腎臓に膿(うみ)がたまる病気で、膿がたまる部位によって呼び方が異なり

記事を読む

巣状糸球体硬化症の原因・症状・検査・治療

巣状糸球体硬化症 どんな病気(概要) 巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)と

記事を読む

腎血管性高血圧症の原因・症状・検査・治療

腎血管性高血圧症(じんけっかんせいこうけつあつしょう)とは、病気などが原因となり発症する二次性高

記事を読む

腎臓移植の概略についてご紹介しています

腎臓移植とは、他人の腎臓を腎臓病患者に移植することにより、患者の腎臓として機能を果たさせる治療方

記事を読む

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑