*

薬物療法:腎機能の低下を遅らせる薬について

公開日: : 最終更新日:2015/05/24 腎臓の病気・人工透析


腎臓病と診断された場合、食事療法の他に薬物療法が行われます。

薬物療法の狙いの一つとして、腎機能の低下を遅らせることが挙げられます。

この目的を果たすために使用される薬が何なのか、また薬の特徴としてどのようなことが挙げられるのか、ここで触れていきたいと思います。

まず、腎臓の機能低下を鈍らせる薬としては、降圧薬があります。

これは血圧低下の効果が得られる薬のことをいいます。

腎臓と血圧は密接な繋がりがあり、腎臓の状態が悪くなると血圧が上昇し、血圧が上昇すると腎臓への負担が大きくなります。

血圧をコントロールすると腎臓の機能低下防止にもなるため、降圧薬を使用することになるわけです。

なお、降圧薬と一口にいっても種類は複数あり、実際に使用する際には患者の状態に応じて複数種類が組み合わされる形で処方される形になるでしょう。

また、腎機能低下を遅らせる薬としては、副腎皮質ホルモン、免疫抑制剤もあります。

この薬は腎臓病を引き起こしている原因に当たる病気治療を目的に使うことになります。

副腎皮質ホルモンに関しては、ネフローゼ症候群に効果を発揮するといわれています。

ネフローゼ症候群というのは、低たんぱく血症、高度なたんぱく尿、むくみの症状を引き起こし、高脂血症を併発する恐れのある病気です。

この病気に副腎皮質ホルモンを使用することにより、たんぱく質が尿へと流れ込むのを抑えることが可能です。

副腎皮質ホルモンはステロイド剤で、副作用を心配する人は多いでしょう。

しかしながら、ネフローゼ症候群の病状が良くなるにつれて減薬することが可能となり、状態次第では使用しなくても良くなります。

次に免疫抑制剤に関してですが、腎臓移植の治療を受けた人に使用されることになります。

他の人の腎臓を患者の体に移植するのですが、患者の体内で移植された腎臓が異物と判断され、拒絶反応を引き起こすことになります。

これが原因となり腎臓が駄目になるリスクが増大しますが、免疫拒絶反応を抑制するためにこの薬を内服する形になるのです。

関連記事

腎膿瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

腎膿瘍(じんのうよう)は腎臓に膿(うみ)がたまる病気で、膿がたまる部位によって呼び方が異なり

記事を読む

腎周囲膿瘍の原因・症状・検査・治療

腎周囲膿瘍(じんしゅういのうよう)とは、文字通り腎臓の周囲に膿瘍と呼ばれる膿のかたまりがつくり出

記事を読む

急性進行性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

急性進行性腎炎症候群 どんな病気(概要) 急性進行性腎炎症候群(きゅうせいしんこうせいじんえん

記事を読む

副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そもそも副腎

記事を読む

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。 にぎりこ

記事を読む

ネフローゼ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

腎臓には体内にある不要物や有害物を排出する役割があります。 腎臓にある糸球体(しきゅうたい

記事を読む

巣状糸球体硬化症の原因・症状・検査・治療

巣状糸球体硬化症 どんな病気(概要) 巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)と

記事を読む

腎性骨異栄養症の原因・症状・検査・治療

腎性骨異栄養症(じんせいこついえいようしょう)とは、骨に障害が発生する病気のことをいいます。

記事を読む

人工透析とシャント。シャントの合併症や注意点

人工透析とシャント(ブラッドアクセス) 人工透析の血液透析を受ける場合には腕の血管から器械へ血

記事を読む

腎臓に良い食べ物と悪い食べ物

腎臓に良い食べ物 腎臓の健康に気遣いたい人が積極的に摂ると良いとされている食べ物を取り上げてい

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑