*

薬物療法:腎機能の低下を遅らせる薬について

公開日: : 最終更新日:2015/05/24 腎臓の病気・人工透析


腎臓病と診断された場合、食事療法の他に薬物療法が行われます。

薬物療法の狙いの一つとして、腎機能の低下を遅らせることが挙げられます。

この目的を果たすために使用される薬が何なのか、また薬の特徴としてどのようなことが挙げられるのか、ここで触れていきたいと思います。

まず、腎臓の機能低下を鈍らせる薬としては、降圧薬があります。

これは血圧低下の効果が得られる薬のことをいいます。

腎臓と血圧は密接な繋がりがあり、腎臓の状態が悪くなると血圧が上昇し、血圧が上昇すると腎臓への負担が大きくなります。

血圧をコントロールすると腎臓の機能低下防止にもなるため、降圧薬を使用することになるわけです。

なお、降圧薬と一口にいっても種類は複数あり、実際に使用する際には患者の状態に応じて複数種類が組み合わされる形で処方される形になるでしょう。

また、腎機能低下を遅らせる薬としては、副腎皮質ホルモン、免疫抑制剤もあります。

この薬は腎臓病を引き起こしている原因に当たる病気治療を目的に使うことになります。

副腎皮質ホルモンに関しては、ネフローゼ症候群に効果を発揮するといわれています。

ネフローゼ症候群というのは、低たんぱく血症、高度なたんぱく尿、むくみの症状を引き起こし、高脂血症を併発する恐れのある病気です。

この病気に副腎皮質ホルモンを使用することにより、たんぱく質が尿へと流れ込むのを抑えることが可能です。

副腎皮質ホルモンはステロイド剤で、副作用を心配する人は多いでしょう。

しかしながら、ネフローゼ症候群の病状が良くなるにつれて減薬することが可能となり、状態次第では使用しなくても良くなります。

次に免疫抑制剤に関してですが、腎臓移植の治療を受けた人に使用されることになります。

他の人の腎臓を患者の体に移植するのですが、患者の体内で移植された腎臓が異物と判断され、拒絶反応を引き起こすことになります。

これが原因となり腎臓が駄目になるリスクが増大しますが、免疫拒絶反応を抑制するためにこの薬を内服する形になるのです。

関連記事

慢性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

慢性腎炎症候群 どんな病気(概要) 慢性腎炎症候群(まんせいじんえんしょうこうぐん)とは、進行

記事を読む

尿毒症の原因・症状・検査・治療

尿毒症(にょうどくしょう)とは、尿中に排泄される必要のある毒素が体内に溜め込まれてしまっている状

記事を読む

IgA腎症の原因・症状・検査・治療

IgA腎症 どんな病気(概要) IgA腎症(あいじーえーじんしょう)とは、慢性腎炎の一種に含ま

記事を読む

慢性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

慢性腎盂腎炎 どんな病気(概要) 慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)とは、腎盂腎炎(じんう

記事を読む

慢性腎不全の原因・症状・検査・治療

慢性腎不全(まんせいじんふぜん)とは、腎臓の機能が低下していく病気のことをいいます。 腎臓病を

記事を読む

水腎症の原因・症状・検査・治療

水腎症(すいじんしょう)とは、尿路がふさがる障害により腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)が広がるの

記事を読む

巣状糸球体硬化症の原因・症状・検査・治療

巣状糸球体硬化症 どんな病気(概要) 巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)と

記事を読む

尿細管性アシドーシスを詳しく:原因・症状・検査・治療など

尿細管性アシドーシスとは 尿細管性アシドーシス(にょうさいかんせいあしどーしす)とは、尿細管と

記事を読む

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の若年層が発

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑