*

腎臓移植の概略についてご紹介しています

公開日: : 最終更新日:2015/05/19 腎臓の病気・人工透析


腎臓移植とは、他人の腎臓を腎臓病患者に移植することにより、患者の腎臓として機能を果たさせる治療方法のことをいいます。

この腎臓移植は、末期の腎不全患者が受けることになる治療です。

移植が上手くいくことにより、腎機能は正常になり、免疫抑制剤の使用は継続しなくてはいけないものの、透析治療を受ける必要がなくなり、健康な人と同様の生活を送ることが可能になります。

この腎臓移植には死体腎移植と生体腎移植の2種類があります。

まず死体腎移植ですが、これは脳死状態にある人の腎臓を移植する形になります。

次に生体腎移植ですが、これは血縁者や配偶者の腎臓を移植する方法のことをいいます。

なお、亡くなった人はわかるものの、どうして生きている人の腎臓を移植することが可能なのか、疑問に感じる人もいるでしょう。

ご存知の人は多いかと思いますが腎臓は2個あります。

片方を移植に使用して失ったとしても、腎機能に悪影響を及ぼす心配がないと考えられているため、生きている人の臓器移植が可能なのです。

ただ、この腎臓移植を選択するには条件を満たさなくてはいけません。

移植される患者側が手術に耐えられるだけの体力がないといけませんし、提供する側が腎臓の健康に問題がない状態でないといけません。

他にもいろいろな条件があり、全て満たしていなければ腎臓移植の手術を行うことは認められていないのです。

また、腎臓移植が無事成功したあと、免疫抑制剤を使用しなければいけないということを先述しました。

これは他人の臓器を患者の体が異物と受け止め、拒絶反応を起こすのを防止するために使用するものなのです。

なお、免疫抑制剤は複数種類を組み合わせて使用するのが基本ですが、期間が経過するごとに量は少なくなっていきます。

その他、移植手術が上手くいくことが理想的ですが、移植後の腎臓が駄目になることもあります。

仮にこうして失敗に終わってしまった場合には、再び透析治療を受けることになります。

関連記事

膜性腎症の原因・症状・検査・治療

膜性腎症(まくせいじんしょう)とは、腎臓の主要な役割であるろ過機能に異常が起こる病気のことをいい

記事を読む

膜性増殖性糸球体腎炎の原因・症状・検査・治療

膜性増殖性糸球体腎炎(まくせいぞうしょくせいしきゅうたいじんえん)とは、原発性の慢性糸球体腎炎の

記事を読む

慢性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

慢性腎盂腎炎 どんな病気(概要) 慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)とは、腎盂腎炎(じんう

記事を読む

巣状糸球体硬化症の原因・症状・検査・治療

巣状糸球体硬化症 どんな病気(概要) 巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)と

記事を読む

慢性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

慢性腎炎症候群 どんな病気(概要) 慢性腎炎症候群(まんせいじんえんしょうこうぐん)とは、進行

記事を読む

腎膿瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

腎膿瘍(じんのうよう)は腎臓に膿(うみ)がたまる病気で、膿がたまる部位によって呼び方が異なり

記事を読む

腎臓病、透析の人が食事で注意すべき5つの事

水分の摂取 人工透析を行っているのであれば血液透析、腹膜透析に関わらず水分の摂取は十分に気をつ

記事を読む

腎臓病とお酒の関係

腎臓病とお酒には何か関係があるのでしょうか。 特にお酒を飲む機会がある人は気になる問題だと

記事を読む

人工透析とシャント。シャントの合併症や注意点

人工透析とシャント(ブラッドアクセス) 人工透析の血液透析を受ける場合には腕の血管から器械へ血

記事を読む

IgA腎症の原因・症状・検査・治療

IgA腎症 どんな病気(概要) IgA腎症(あいじーえーじんしょう)とは、慢性腎炎の一種に含ま

記事を読む

糸状虫症(フィラリア症)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

一般的にはバンクロフロト糸状虫(しじょうちゅう)によって引き起こされる病気です。

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

→もっと見る

PAGE TOP ↑