*

腎臓移植の概略についてご紹介しています

公開日: : 最終更新日:2015/05/19 腎臓の病気・人工透析


腎臓移植とは、他人の腎臓を腎臓病患者に移植することにより、患者の腎臓として機能を果たさせる治療方法のことをいいます。

この腎臓移植は、末期の腎不全患者が受けることになる治療です。

移植が上手くいくことにより、腎機能は正常になり、免疫抑制剤の使用は継続しなくてはいけないものの、透析治療を受ける必要がなくなり、健康な人と同様の生活を送ることが可能になります。

この腎臓移植には死体腎移植と生体腎移植の2種類があります。

まず死体腎移植ですが、これは脳死状態にある人の腎臓を移植する形になります。

次に生体腎移植ですが、これは血縁者や配偶者の腎臓を移植する方法のことをいいます。

なお、亡くなった人はわかるものの、どうして生きている人の腎臓を移植することが可能なのか、疑問に感じる人もいるでしょう。

ご存知の人は多いかと思いますが腎臓は2個あります。

片方を移植に使用して失ったとしても、腎機能に悪影響を及ぼす心配がないと考えられているため、生きている人の臓器移植が可能なのです。

ただ、この腎臓移植を選択するには条件を満たさなくてはいけません。

移植される患者側が手術に耐えられるだけの体力がないといけませんし、提供する側が腎臓の健康に問題がない状態でないといけません。

他にもいろいろな条件があり、全て満たしていなければ腎臓移植の手術を行うことは認められていないのです。

また、腎臓移植が無事成功したあと、免疫抑制剤を使用しなければいけないということを先述しました。

これは他人の臓器を患者の体が異物と受け止め、拒絶反応を起こすのを防止するために使用するものなのです。

なお、免疫抑制剤は複数種類を組み合わせて使用するのが基本ですが、期間が経過するごとに量は少なくなっていきます。

その他、移植手術が上手くいくことが理想的ですが、移植後の腎臓が駄目になることもあります。

仮にこうして失敗に終わってしまった場合には、再び透析治療を受けることになります。

関連記事

IgA腎症の原因・症状・検査・治療

IgA腎症 どんな病気(概要) IgA腎症(あいじーえーじんしょう)とは、慢性腎炎の一種に含ま

記事を読む

腎臓の健康を守る。腎臓に良い事をまとめました。

睡眠 私たちの体の中で病気に気づきにくく、いつのまにか症状が悪化していることもあるなど、なにか

記事を読む

腎下垂・遊走腎の原因・症状・検査・治療

腎下垂・遊走腎(じんかすいゆうそうじん)とは、腎臓が正常な範囲を超えて下がる状態のことをいいます

記事を読む

人工透析とシャント。シャントの合併症や注意点

人工透析とシャント(ブラッドアクセス) 人工透析の血液透析を受ける場合には腕の血管から器械へ血

記事を読む

薬物療法:低下した腎臓のはたらきを補う薬

腎臓病になると多少なりとも腎機能が低下した状態になります。 この低下した機能をカバーするた

記事を読む

薬物療法:腎機能の低下を遅らせる薬について

腎臓病と診断された場合、食事療法の他に薬物療法が行われます。 薬物療法の狙いの一つとして、

記事を読む

萎縮腎の原因・症状・検査・治療

萎縮腎(いしゅくじん)とは、腎臓が硬くなり、縮小してしまった状態のことをいいます。 正常な状態

記事を読む

腎臓病と運動には密接な関係が有ります

健康のためには適度な運動を日常生活の中に取り入れたほうが良いといわれています。 しかしなが

記事を読む

急性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

急性腎炎症候群(きゅうせいじんえんしょうこうぐん)とは、腎臓の糸球体(しきゅうたい)に異常が起こ

記事を読む

人工透析の流れと問題点!メリットとデメリットを知ろう

人工透析とは 人工透析とは腎臓に疾患を抱える方への治療方法です。 人工的に肝臓の役割を担うと

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑