*

腎機能低下とは・・・皆さんは具体的にわかりますか?

公開日: : 最終更新日:2015/05/17 腎臓の病気・人工透析


腎機能低下とは、言葉通り人間の臓器の一つである腎臓がその役割を正常に果たすことができなくなった状態をあらわしています。

腎臓は老廃物を体外へと排出したり、体の水分量の調節、体液内成分の調整、血液の生成や血圧の調節を行うホルモンなどを作り出すといった具合に、さまざまな役割を果たしています。

非常に重要なはたらきをしていることが読み取れると思いますが、腎機能が低下することによりこれらが上手く行えなくなるのです。

腎機能は血中のクレアチニン濃度を測定する方法などをとることにより明らかにすることが可能です。

数値によりどれだけ低下しているのかがわかり、腎機能軽度低下期、腎機能中等度低下期、腎機能高度低下期、腎不全期、尿毒症期、透析療法期にわかれています。

ただ、厄介なことに腎機能軽度低下期のあたりまでは自覚症状がありません。

ある程度悪化し、腎機能中等度低下期以降、ようやく高血圧、貧血、むくみなどの自覚症状が起こるとされていますが、基本的にはこのぐらいの時期でも自覚症状に乏しいといわれています。

自覚症状らしい自覚症状が引き起こされるのは尿毒症期で、頭痛、食欲不振、吐き気、めまい、皮膚のかゆみ、先述した高血圧やむくみなどがあらわれるようになります。

相当酷くならないと素人が自分で腎臓の機能低下を知ることは難しいといえるでしょう。

ただ、比較的初期の段階であっても、貧血、血圧の上昇、むくみの症状が引き起こされることはあります。

そのため、腎機能の低下が心配だという人は、血圧を測定したり、顔や手足などがむくんでいないかチェックしたりすると、ある程度おかしいかどうか判断する材料にはなるでしょう。

しかしながら、先述した通り腎臓の病気は自覚症状に乏しいため、自分でわかる頃には深刻な状態に陥っていることも珍しくありません。

したがって、腎機能低下が気になる人は、まずは病院に行きいまの自分の状態をチェックしてもらうのが良いでしょう。

数値が良好なら維持できるように努め、悪ければ改善に努めればいいということになります。

関連記事

薬物療法:低下した腎臓のはたらきを補う薬

腎臓病になると多少なりとも腎機能が低下した状態になります。 この低下した機能をカバーするた

記事を読む

腎血管性高血圧症の原因・症状・検査・治療

腎血管性高血圧症(じんけっかんせいこうけつあつしょう)とは、病気などが原因となり発症する二次性高

記事を読む

人工透析とシャント。シャントの合併症や注意点

人工透析とシャント(ブラッドアクセス) 人工透析の血液透析を受ける場合には腕の血管から器械へ血

記事を読む

腎周囲膿瘍の原因・症状・検査・治療

腎周囲膿瘍(じんしゅういのうよう)とは、文字通り腎臓の周囲に膿瘍と呼ばれる膿のかたまりがつくり出

記事を読む

急性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)とは、腎盂や腎杯(じんぱい)、そのほか腎臓自体に細菌感染

記事を読む

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

腎臓病、透析の人が食事で注意すべき5つの事

水分の摂取 人工透析を行っているのであれば血液透析、腹膜透析に関わらず水分の摂取は十分に気をつ

記事を読む

萎縮腎の原因・症状・検査・治療

萎縮腎(いしゅくじん)とは、腎臓が硬くなり、縮小してしまった状態のことをいいます。 正常な状態

記事を読む

慢性腎不全の原因・症状・検査・治療

慢性腎不全(まんせいじんふぜん)とは、腎臓の機能が低下していく病気のことをいいます。 腎臓病を

記事を読む

尿細管性アシドーシスを詳しく:原因・症状・検査・治療など

尿細管性アシドーシスとは 尿細管性アシドーシス(にょうさいかんせいあしどーしす)とは、尿細管と

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑