*

腎臓の健康を表すクレアチンの数値

公開日: : 最終更新日:2015/05/15 腎臓の病気・人工透析


腎臓の健康とクレアチンには関係があると考えられています。

まず、腎臓の健康は何となくイメージできるものの、クレアチンが何なのかわからないという人は少なくないでしょう。

クレアチンはアミノ酸の一種であり、筋肉に存在している物質です。

このクレアチンが代謝されると、クレアチニンと呼ばれるアミノ酸に変わります。

筋肉運動のエネルギー源になるのが主なはたらきですが、腎臓から尿中に排泄されることになります。

しかしながら、腎臓の悪い人は排泄が上手くいかなくなり、血中の濃度が上昇します。

このことから、クレアチニンの濃度は腎臓機能を測定するために役立てられているのです。

クレアチニンの血中濃度が高ければ高いほど、腎機能はダウンしているということになります。

どのように測定するのかといいますと、血液検査を行うことで数値が明らかになります。

健康診断を受けた経験がある人の中には、ご存知だという人も多いでしょう。

診断を受けた結果には区分があり、腎機能のところにクレアチニンという項目があります。

ここの数値の良し悪しにより、自分の腎機能が低下しているか否かがわかるのです。

クレアチニンの数値には基準値があり、男女による違いがあります。

男性の場合は0.5~1.1mg/dl、女性の場合は0.4~0.8mg/dlに設定されています。

基準値をオーバーしている場合には、腎機能が低下していると判断されることになるでしょう。

検査を受けた結果、数値が悪い場合にはさまざまな腎臓病の可能性が考えられます。

場合によっては腎臓以外の病気が疑われますが、腎臓に関していいますと慢性腎炎、急性腎炎、腎不全や尿毒症などが挙げられます。

結果が悪かった場合には腎臓が悪いということになりますし、検査の結果次第ではすぐに治療を受けなければいけないことがあります。

いずれにせよクレアチニンの数値が高い状態を放置していて良いことはありませんので、医師の指示に従い適切な対処をしていく必要があるでしょう。

関連記事

単純性腎嚢胞の原因・症状・検査・治療

単純性腎嚢胞(たんじゅんせいじんのうほう)とは、血液のろ過や尿の産生の役割を担っている腎実質に、

記事を読む

腎臓病とお酒の関係

腎臓病とお酒には何か関係があるのでしょうか。 特にお酒を飲む機会がある人は気になる問題だと

記事を読む

膿腎症の原因・症状・検査・治療

膿腎症(のうじんしょう)とは、腎臓の腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)に尿が蓄積する水腎症(すいじ

記事を読む

急性腎不全の原因・症状・検査・治療

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)とは、急激に腎臓の機能低下に陥る状態のことをいいます。 通常

記事を読む

膜性増殖性糸球体腎炎の原因・症状・検査・治療

膜性増殖性糸球体腎炎(まくせいぞうしょくせいしきゅうたいじんえん)とは、原発性の慢性糸球体腎炎の

記事を読む

急性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)とは、腎盂や腎杯(じんぱい)、そのほか腎臓自体に細菌感染

記事を読む

腎臓の健康を守る。腎臓に良い事をまとめました。

睡眠 私たちの体の中で病気に気づきにくく、いつのまにか症状が悪化していることもあるなど、なにか

記事を読む

慢性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

慢性腎炎症候群 どんな病気(概要) 慢性腎炎症候群(まんせいじんえんしょうこうぐん)とは、進行

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の若年層が発

記事を読む

巣状糸球体硬化症の原因・症状・検査・治療

巣状糸球体硬化症 どんな病気(概要) 巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)と

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑