*

腎下垂・遊走腎の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析


腎下垂・遊走腎(じんかすいゆうそうじん)とは、腎臓が正常な範囲を超えて下がる状態のことをいいます。
わたしたち人間の腎臓というのは、息を吸ったり吐いたりすることによって、上下に移動しています。
特に腎臓に異常がない人でも、立ち上がっている状態のときには、横になっているときよりも5cmほど腎臓が下に移動するものなのですが、腎下垂

遊走腎を引き起こしている人だと、10cmほど下の位置にきてしまうのです。
腎下垂・遊走腎は男性より女性の発症割合が高く、特にやせ型の20~40歳の女性がなりやすいのが特徴です。
また、右側の腎臓だけこうした状態に陥ることが往々にしてあり、胃下垂などを併発していることもよくあります。

腎下垂・遊走腎の原因

腎下垂・遊走腎には、先天的なものと後天的なものの2種類があります。
まず先天的なものに関してですが、腎臓は内側から順に腎繊維被膜(じんせんいひまく)、脂肪被膜(しぼうひまく)、腎筋膜(じんきんまく)に包まれ、支えられているのですが、こうした腎臓の周囲にある組織が生まれつき弱いことから、腎下垂

遊走腎を引き起こします。
次に後天的なものはどうかというと、腹筋がゆるみ、腹圧が下がることのほか、腎臓の周りにある脂肪組織が弱くなることが原因となって引き起こされるのです。
なお、腎下垂・遊走腎は右側の腎臓が陥りやすい状態なのですが、これには理由があります。
右側にある臓器は左側にある臓器より重量があるものが多く、立ち上がっている状態では特にその影響を受けやすいことから、右側の腎臓が下がりやすいのです。

腎下垂・遊走腎の症状

腎下垂・遊走腎の状態に陥ったとしても、これといった症状を自覚することがない人もいます。
なにかしらの症状が起こる場合には、長時間立ちっぱなしでいると尿管が折れ曲がり、尿の通りが阻害されることから腰痛や即腹部痛があらわれますが、これらは鈍痛のことが多いのが特徴です。
さらには排尿痛、頻尿、残尿管、血尿、たんぱく尿も尿に関係した症状としてあらわれることがあります。
それから、腎血管にねじれが起こることから、嘔吐、食欲低下、むかつきの症状が引き起こされることもあります。
そのほかの症状としては悪心、便秘、下痢、胃部膨満感などの症状を自覚する人もいます。

腎下垂・遊走腎の検査と診断

腎下垂・遊走腎かどうか調べるためにはまず、横になった体勢と立ち上がった体勢での腎臓の位置を確認します。
わき腹に触れることで位置を確認しますが、腎下垂・遊走腎の診断はこれだけでもつけられます。
また、その他の検査方法としては、静脈性腎盂造影(じょうみゃくせいじんうぞうえい)と呼ばれるものがあります。
これは静脈に造影剤を打ったあとX線撮影を行うもので、この検査を行うことにより腎臓の位置の低下が明確に認められることから、診断が確定されることになるのです。

腎下垂・遊走腎の治療の方法

腎下垂・遊走腎の状態に陥っていても、これといって症状がない場合には経過観察をおこなっていくことになります。
しかし、自覚症状があったりひどいケースでは、寝ていて腎臓の位置が正常なとき、下がらないようにすることを目的に腹帯を装着します。
それから、尿の症状がひどい場合には、手術療法により腎臓の位置を固定する方法がとられることがありますが、胃下垂などがあればその状態は改善されませんし、腎下垂

遊走腎の状態に再び陥るリスクがあることから、この方法が選択されるのは稀です。
そのほかの腎下垂・遊走腎の治療方法としては、やせ型の人は腎臓のまわりの脂肪を増加させる食事療法がおこなわれるほか、腹筋や背筋のトレーニングをする運動療法も同時におこなわれます。
また、長時間立ちっぱなしで辛くなってきたときには、横になるなど体勢を変えることにより、症状が落ち着くことがあります。
なお、腎臓の機能が悪化することはありませんので、腎不全を招くことはありません。

関連記事

腎機能低下とは・・・皆さんは具体的にわかりますか?

腎機能低下とは、言葉通り人間の臓器の一つである腎臓がその役割を正常に果たすことができなくなった状

記事を読む

多発性嚢胞腎の原因・症状・検査・治療

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)とは、腎臓に嚢胞と呼ばれる液体が入っている袋が形成されてし

記事を読む

腎膿瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

腎膿瘍(じんのうよう)は腎臓に膿(うみ)がたまる病気で、膿がたまる部位によって呼び方が異なり

記事を読む

腎臓病と運動には密接な関係が有ります

健康のためには適度な運動を日常生活の中に取り入れたほうが良いといわれています。 しかしなが

記事を読む

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。 にぎりこ

記事を読む

膜性腎症の原因・症状・検査・治療

膜性腎症(まくせいじんしょう)とは、腎臓の主要な役割であるろ過機能に異常が起こる病気のことをいい

記事を読む

急性腎不全の原因・症状・検査・治療

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)とは、急激に腎臓の機能低下に陥る状態のことをいいます。 通常

記事を読む

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

尿細管性アシドーシスを詳しく:原因・症状・検査・治療など

尿細管性アシドーシスとは 尿細管性アシドーシス(にょうさいかんせいあしどーしす)とは、尿細管と

記事を読む

腎臓の健康を表すクレアチンの数値

腎臓の健康とクレアチンには関係があると考えられています。 まず、腎臓の健康は何となくイメー

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑