*

腎梗塞の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析


腎梗塞(じんこうそく)とは、腎動脈が梗塞することにより、腎組織が壊死(えし)する病気のことをいいます。
腎梗塞はまずはじめに、別の病気などにより血液が凝固したものである血栓(けっせん)や血管をふさぐ物質である塞栓(そくせん)がつくり出されます。
次につくり出された血栓や塞栓が血液の流れと一緒に腎臓へと送り込まれます。
その結果、腎臓の動脈に詰まりが生じ、腎梗塞を発症することになるのです。
左右両方が腎梗塞になると、尿が排泄不可となるため急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)を引き起こす恐れがあります。

腎梗塞の原因

腎梗塞を引き起こす原因として最も高い割合を示しているのが、心臓疾患です。
心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)、心内膜炎(しんないまくえん)、心房細動(しんぼうさいどう)などの不整脈、心臓手術などが発端でつくり出された血栓が腎臓の動脈に詰まりを起こす塞栓症(そくせんしょう)が原因として多数を占めているのです。
これら以外だと、大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)、膠原病(こうげんびょう)、全身性エリテマトーデスが原因となって血栓による詰まりを招いてしまい、発症することもあります。
それから、動脈硬化の治療のため、手術を受けたり特定の検査を受けた際に、大動脈などに付着したアテローム斑(はん)がはがれて塞栓症を招いてしまい、発症するケースもあるのです。

腎梗塞の症状

まず、腎梗塞は腎動脈本幹のように太い血管に起こることもあれば、比較的細い血管に起こることもあります。
この違いにより、認められる症状や進み具合というのが異なるのです。
太い血管で起こる腎梗塞は、急速に進行するのが特徴であり、突如として強い症状があらわれます。
わき腹が激しく痛んだり、これによって寒気を感じ、熱が出たり胃内容物を吐いたりすることがあります。
さらに血尿の症状が出たり、尿量の減少、血圧が上昇するなどの症状が引き起こされる人もいるでしょう。
一方、細い血管に起こった場合はどうかといいますと、これといった症状が認められないことも珍しくありません。

腎梗塞の検査と診断

腎梗塞の主な検査方法としては、血液検査と尿検査、画像検査を挙げることができます。
血液検査を受けた場合、腎梗塞があれば乳酸脱水素酵素やグルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼの値が著しく高かったり、白血球が増加しています。
ほかにも血清尿素窒素や血清クレアチニン値の上昇も認められますし、アルカリホスファターゼや血漿(けっしょう)レニン活性の上昇が認められる場合もあるでしょう。
尿検査では、顕微鏡で調べることでわかるレベルの血尿が認められるほか、たんぱく尿が出ていることなどがわかります。
CTやMRI、血管造影などの画像検査もおこないますが、特に確定診断に有効なのが血管造影です。
これは腎臓の動脈に造影剤を注射し、撮影をおこなう検査方法なのですが、結果として血液の流れが途絶していると認められれば腎梗塞と診断が下されます。

腎梗塞の治療の方法

腎梗塞の治療は安静、入院が基本です。
早期治療が予後を良好にするためにも重要ですが、軽症の患者に対しては抗血液凝固薬や血栓溶解薬を使用する内科的療法が選択されます。
腎梗塞が左右両方に起こっているケースでは、梗塞や血栓の除去を行うための外科的療法が選ばれることになるでしょう。
また、どちらか一方が重症の場合には、腎臓の摘出手術をおこなわなければいけなくなります。
そのほか、腎不全を伴っている患者に関しては、血液透析療法が選択されることになります。
それから、腎梗塞は原因として心臓病や動脈硬化などがありますが、これらの治療も一緒におこなっていかなくてはなりませんし、必要に応じて血圧をコントロールするための治療も受けなくてはいけません。
なお、急性の腎梗塞に関しては、適切な治療をほどこしたとしても別の病気を招いてしまい、25%程度の人は命を落としてしまいます。

関連記事

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

腎臓病の食事療法のポイントと注意点のまとめ

腎臓病の食事療法:エネルギーは十分に 腎臓病と診断された場合、食事療法に取り組む必要があります

記事を読む

水腎症の原因・症状・検査・治療

水腎症(すいじんしょう)とは、尿路がふさがる障害により腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)が広がるの

記事を読む

腎血管性高血圧症の原因・症状・検査・治療

腎血管性高血圧症(じんけっかんせいこうけつあつしょう)とは、病気などが原因となり発症する二次性高

記事を読む

急性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

急性腎炎症候群(きゅうせいじんえんしょうこうぐん)とは、腎臓の糸球体(しきゅうたい)に異常が起こ

記事を読む

人工透析とシャント。シャントの合併症や注意点

人工透析とシャント(ブラッドアクセス) 人工透析の血液透析を受ける場合には腕の血管から器械へ血

記事を読む

薬物療法:低下した腎臓のはたらきを補う薬

腎臓病になると多少なりとも腎機能が低下した状態になります。 この低下した機能をカバーするた

記事を読む

副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そもそも副腎

記事を読む

腎臓の健康維持の為の食事の注意点

腎臓病は自覚症状に乏しいため、気付いたときにはかなり悪くなっていたということが少なくありません。

記事を読む

腎性骨異栄養症の原因・症状・検査・治療

腎性骨異栄養症(じんせいこついえいようしょう)とは、骨に障害が発生する病気のことをいいます。

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑