*

IgA腎症の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析

IgA腎症 どんな病気(概要)

IgA腎症(あいじーえーじんしょう)とは、慢性腎炎の一種に含まれる病気のことをいい、国内の慢性腎炎の中では一番多い病気であることが明らかになっています。
腎臓の糸球体(しきゅうたい)に、本来なら体を守る役割を果たすはずの免疫グロブリン(抗体)であるIgAと呼ばれるたんぱくが沈着し、攻撃を仕掛けることで炎症が起こった状態になります。
若い世代では10代の患者の割合が高く、中年以降では40代の患者の割合が高いのですが、実際には幅広い年齢層に起こり得る病気です。
昔はIgA腎症の経過は良好で、腎機能の低下はあまりないという見方がされていましたが、いまはそれが覆っており、進行に伴い腎機能が低下し、末期腎不全になるケースも少なくありません。
また、IgA腎症は不治の病として恐れられていましたが、この頃は早期発見により適切な治療を受けることで、寛解や治癒の希望が持てるようになってきているのです。

IgA腎症の原因

腎臓の糸球体と呼ばれるところに、抗体や抗体と似たたんぱく質である免疫グロブリンが沈着することにより引き起こされるという見方がされています。
しかしながら、どうして糸球体に免疫グロブリンが沈着するのかということについて、詳しいことは明らかになっていません。
なお、遺伝が原因で引き起こされるということは否定されています。

IgA腎症の症状

IgA腎症の厄介な点として、初期の段階は無症候性(むしょうこうせい)といって自覚症状がないことが挙げられます。
とはいえ、体にはたんぱく尿や血尿の形で異変は起こり、このいずれか一方か両方がたまたま受けた検査などで発見され、病気が疑われるようになります。
なお、病気が悪化してくると腎臓の機能がダウンし、腎不全の症状が引き起こされるようになります。
腎不全の症状として挙げられるものとしては、息切れ、食欲不振、夜間の多尿、疲労を感じやすいなどがあります。
浮腫(ふしゅ)、高血圧もIgA腎症になるとあらわれることがあります。
そのほか、風邪をひいたあとには真っ赤な色をした尿が出る、肉眼的血尿(にくがんてきけつにょう)の症状が起こることがありますが、多くの場合何日かすると引き起こされなくなるでしょう。

IgA腎症の検査と診断

IgA腎症であるかどうか確かめる方法として、尿検査を挙げることができます。
尿検査を受けた場合、この病気を患っているとたんぱく尿や血尿が認められます。
なお、初期の段階ではたんぱく尿が認められないケースもあります。
IgA腎症と診断がつくためには、腎生検が行います。
これは腎臓の組織を一部採取し、顕微鏡で様子を調べる方法のことをいいますが、IgAなどの沈着があることがわかれば、IgA腎症であると診断が下されることになるのです。

IgA腎症の治療の方法

悪化する前のIgA腎症であれば、扁摘(へんてき)パルス療法(口蓋扁桃摘出術(こうがいへんとうてきしゅつじゅつ)とステロイドパルス併用療法)を行うことにより、病気がよくなる見込みがあります。
口蓋扁桃摘出術によりIgaがつくり出されることを抑制し、ストロイドパルス療法により糸球体の炎症を抑制するのが扁摘パルス療法の狙いです。
そのほか、血圧や腎機能、たんぱく尿の量を測定するための検査をした結果、特に病状が不安定ではないと認められる患者に対しては、特別な治療が行われることはありません。
治療が必要なケースでは、食事制限と運動制限が行われるほか、薬物療法が選択されます。
食事では塩分の摂取量を制限したり、たんぱく質の摂取量を制限します。
薬物療法では、抗血小板薬(こうけっしょうばんやく)を基本的に使用する形になりますが、病気が悪化している患者に対してはステロイド薬の使用が選択されることになるでしょう。
なお、腎機能が低下し尿毒症を引き起こすようになると、透析療法を行わなくてはいけなくなります。

関連記事

薬物療法:腎機能の低下を遅らせる薬について

腎臓病と診断された場合、食事療法の他に薬物療法が行われます。 薬物療法の狙いの一つとして、

記事を読む

急性腎不全の原因・症状・検査・治療

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)とは、急激に腎臓の機能低下に陥る状態のことをいいます。 通常

記事を読む

腎臓移植の概略についてご紹介しています

腎臓移植とは、他人の腎臓を腎臓病患者に移植することにより、患者の腎臓として機能を果たさせる治療方

記事を読む

腎臓病の食事療法のポイントと注意点のまとめ

腎臓病の食事療法:エネルギーは十分に 腎臓病と診断された場合、食事療法に取り組む必要があります

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の若年層が発

記事を読む

単純性腎嚢胞の原因・症状・検査・治療

単純性腎嚢胞(たんじゅんせいじんのうほう)とは、血液のろ過や尿の産生の役割を担っている腎実質に、

記事を読む

腎臓の異常は、どのようなことから気付くことが多いのでしょう

腎臓の病気は、尿やむくみの症状で気付くことが多いでしょう。 尿に関する異変としては、まず血

記事を読む

慢性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

慢性腎炎症候群 どんな病気(概要) 慢性腎炎症候群(まんせいじんえんしょうこうぐん)とは、進行

記事を読む

腎臓病と運動には密接な関係が有ります

健康のためには適度な運動を日常生活の中に取り入れたほうが良いといわれています。 しかしなが

記事を読む

膜性増殖性糸球体腎炎の原因・症状・検査・治療

膜性増殖性糸球体腎炎(まくせいぞうしょくせいしきゅうたいじんえん)とは、原発性の慢性糸球体腎炎の

記事を読む

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑