*

水腎症の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析


水腎症(すいじんしょう)とは、尿路がふさがる障害により腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)が広がるのと共に、腎実質(じんじっしつ)がしぼんでちぢんでいる状態をいいます。
腎臓は尿をつくり出す役割を担っていますが、尿路に流れがよくないところがあるとつくり出された尿が溜め込まれてしまい、内圧が高まります。
そして腎盂や腎杯が尿で満たされてしまい、広がっていくのです。
また、内圧が高まることにより血流が悪くなりますが、これをそのままにしておくことにより腎実質がしぼんでちぢんだ状態になるというのが水腎症の仕組みです。
この水腎症がひどくなると、腎臓が全体的に嚢状(のうじょう)になり、さらに左右の腎臓が水腎症に陥った場合には、慢性腎不全を起こし、尿毒症に繋がるリスクが増大します。
なお、左右の腎臓が水腎症になるのは下部尿路での尿の流れが妨げられているケースであり、上部尿路での尿の流れが妨げられているケースでは、片方の腎臓にしか水腎症は起こらないのが特徴です。
そのほか、水腎症は先天性(生まれつき)と後天性(生まれつきではない)の2種類がありますが、大人は後天性の疾患によるものの割合が高く、子供は先天性の疾患によるものの割合が高くなっています。

水腎症の原因

先天性や後天性の病気により、上部尿路や下部尿路の閉塞が起こり、水腎症の状態に陥ります。
まず、上部尿路の閉塞を引き起こす先天性の病気としては、腎盂尿管移行部狭窄(じんうにょうかんいこうぶきょうさく)、尿管膀胱移行部狭窄(にょうかんぼうこういこうぶきょうさく)を挙げることができます。
そして、上部尿路閉塞になる後天性の病気は、腎結石(じんけっせき)、腫瘍(しゅよう)、炎症を挙げることができます。
次に、下部尿路の閉塞を招く先天性の病気ですが、尿道弁(にょうどうべん)、尿道狭窄(にょうどうきょうさく)などが挙げられます。
それから、下部尿路をふさいでしまう後天性の病気としては、前立腺(ぜんりつせん)腫瘍、結石、神経障害による排尿障害(はいにょうしょうがい)などがあります。

水腎症の症状

尿路が完全にふさがってしまっている場合と、そうでない場合で症状が異なるほか、原因となっている病気によっても異なる症状が起こります。
主な症状としては、完全に尿路がふさがっているケースでは腎臓のある位置の背中側やわき腹のあたりに痛みを感じます。
また、尿の流れがとどこおっている状態に感染が伴った場合には、熱が高くなって激しい痛みに襲われることもあるでしょう。
一方、尿路が完全にはふさがっていない場合、これといった症状が起こらないケースもあります。
自覚症状がある場合には、腰のあたりに軽い痛みを感じます。
そのほか、尿が溜め込まれることにより腎臓が肥大化し、吐き気を感じたり、胃の内容物を吐き出してしまうことがあります。
子供の場合には腹部膨満(ふくぶぼうまん)が起こることがあります。

水腎症の検査と診断

水腎症であるかどうか調べるためには、腹部超音波検査が選択されることになります。
これにより水腎症の状態に陥っていることがわかったら、腎機能を測定するため尿や血液の検査をおこなったり、腎盂の拡張具合や腎実質の厚みをみるために、CTなどの画像検査をおこないます。
そして尿路造影検査(にょうろぞうえいけんさ)をおこない、ふさがっているところの診断をおこないます。
ただし、腎臓の機能が下がっている場合には、造影剤を体外に出すことが不可能なため、逆行性腎盂造影(ぎゃっこうせいじんうぞうえい)が選択されるケースもあります。

水腎症の治療の方法

水腎症の原因疾患の治療をおこない、溜め込まれた尿がスムーズに流れるようになれば、内圧が低下し腎臓の機能が改善されます。
また、広がった腎盂にカテーテルを挿入し、尿を取り除くことで、先に腎臓の機能を改善させたあと、原因疾患の治療をおこなうケースもあります。
なお、この方法は腎実質に十分な厚みがあり、腎機能がよくなる見込みがある場合に選択される治療方法で、条件を満たさない場合には腎臓の摘出手術が選択されることがあります。

関連記事

急性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)とは、腎盂や腎杯(じんぱい)、そのほか腎臓自体に細菌感染

記事を読む

腎機能低下とは・・・皆さんは具体的にわかりますか?

腎機能低下とは、言葉通り人間の臓器の一つである腎臓がその役割を正常に果たすことができなくなった状

記事を読む

腎臓に良い食べ物と悪い食べ物

腎臓に良い食べ物 腎臓の健康に気遣いたい人が積極的に摂ると良いとされている食べ物を取り上げてい

記事を読む

萎縮腎の原因・症状・検査・治療

萎縮腎(いしゅくじん)とは、腎臓が硬くなり、縮小してしまった状態のことをいいます。 正常な状態

記事を読む

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。 にぎりこ

記事を読む

IgA腎症の原因・症状・検査・治療

IgA腎症 どんな病気(概要) IgA腎症(あいじーえーじんしょう)とは、慢性腎炎の一種に含ま

記事を読む

辛い腰痛の症状に悩まされている方、原因は腎臓かも?

辛い腰痛の症状に悩まされている人は多いですが、ひょっとすると原因は腎臓にあるかもしれません。

記事を読む

●腎結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腎結核とは 腎結核(じんけっかく)とは、腎臓に細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が感染し、

記事を読む

腎性骨異栄養症の原因・症状・検査・治療

腎性骨異栄養症(じんせいこついえいようしょう)とは、骨に障害が発生する病気のことをいいます。

記事を読む

単純性腎嚢胞の原因・症状・検査・治療

単純性腎嚢胞(たんじゅんせいじんのうほう)とは、血液のろ過や尿の産生の役割を担っている腎実質に、

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑