*

慢性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析

慢性腎盂腎炎 どんな病気(概要)

慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)とは、腎盂腎炎(じんうじんえん)が慢性化した病気のことをいいます。
慢性化する理由としては、急性の腎盂腎炎の治療がしっかりとおこなわれなかったこと、何度も急性腎盂腎炎を引き起こしたこと、これといった症状がないまま腎盂腎炎が長期化したことなどが挙げられます。
この病気になった場合の主な特徴としては、少しずつ腎機能が低下していくということです。
一定程度まで腎機能が低下してしまうと腎不全に陥り、人工透析の治療を選択しなくては生命の維持が困難になります。
なお、腎不全にいたるまでの期間には個人差があり、遅い人だと30年以上もの期間をかけて腎不全になりますが、速い人だとこれと比ではないくらい短い期間で腎機能障害が進行します。

慢性腎盂腎炎の原因

急性腎盂腎炎の場合、グラム陰性桿菌(いんせいかんきん)の大腸菌に感染する割合が高いのですが、慢性腎盂腎炎の場合には、別の種類の細菌に感染することも珍しくありません。
また、慢性腎盂腎炎の場合には複数種類の細菌に同時感染するケースもあり、これを混合感染といいます。
こうした細菌に感染する箇所は尿路であり、そこから腎盂や腎実質へと細菌が到達し、感染を繰り返すのがこの病気の特徴です。
これが慢性化の主な原因となりますが、尿路障害を引き起こしている場合はより感染しやすくなると指摘されています。
尿を排泄することに関わっている器官は通常、細菌の侵入を許しても尿により追い出されることになりますが、尿路障害があるとこれが正常におこなわれなくなります。
たとえば腎盂や尿管の悪性腫瘍、尿路結石、膀胱尿管逆流現象(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅうげんしょう)、前立腺肥大症などが挙げられますが、これらが慢性腎盂腎炎の原因となるのです。

慢性腎盂腎炎の症状

慢性腎盂腎炎の厄介なところは、発病しているにもかかわらず、これといった症状を自覚しないことがあるという点にあります。
さらに、仮に初期症状があらわれたとしても、全身がだるい、頭が痛いといった、深刻な病気だとは到底思えないような症状しか起こらないことがあるのです。
それなのに急激に状態が悪くなることがあり、その場合には高熱、腰や背中の痛み、頻尿、尿の色が濁るといった症状が引き起こされるようになります。
そして慢性期には腰の痛みのほか、食欲や体重の低下といった症状もあらわれます。
さらに病気が悪化すると、高血圧や腎機能障害により尿毒症の症状が引き起こされるようにもなってくるのです。

慢性腎盂腎炎の検査と診断

慢性腎盂腎炎であるかどうかを調べるためにはまず、尿検査がおこなわれます。
尿中に血液や細菌、膿が混入していることがわかった場合には、血液検査をおこなうことになるでしょう。
血液を調べてわかることは、血中の細菌や白血球が増加しているかどうかです。
これにより腎機能の程度を探ることが可能であり、慢性腎盂腎炎と診断が下されます。
ただ、これだけでは終わらず、超音波、CT、腎シンチグラフィ、静脈性腎盂造影、膀胱造影といった画像検査をおこなうことにより、尿路の状態や尿の通過が悪くなっていないか、なっている場合はどうしてなのかを明らかにします。

慢性腎盂腎炎の治療の方法

水分量を多く摂り、化学療法をおこなうのがこの病気の治療の基本です。
細菌に作用する抗菌薬を使い、回復を目指します。
ちなみに、いったん状態がよくなったとしてもすぐには治療をやめず、慢性腎盂腎炎の再発を防止することを目的に、長期的に少量の薬を使い続けていくことになるでしょう。
また、腎盂腎炎が慢性化している原因となっている尿路の異常などがある場合には、これを改善するための治療をおこなうことが検討されます。
尿路の異常を改善するための方法としては、外科的療法が選択されることになる場合が多いです。
なお、腎機能が低下し腎不全にいたった場合には、人工透析の治療を選択しなくてはいけなくなります。

関連記事

慢性腎不全の原因・症状・検査・治療

慢性腎不全(まんせいじんふぜん)とは、腎臓の機能が低下していく病気のことをいいます。 腎臓病を

記事を読む

巣状糸球体硬化症の原因・症状・検査・治療

巣状糸球体硬化症 どんな病気(概要) 巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)と

記事を読む

腎臓病とお酒の関係

腎臓病とお酒には何か関係があるのでしょうか。 特にお酒を飲む機会がある人は気になる問題だと

記事を読む

腎臓移植の概略についてご紹介しています

腎臓移植とは、他人の腎臓を腎臓病患者に移植することにより、患者の腎臓として機能を果たさせる治療方

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の若年層が発

記事を読む

腎結石の原因・症状・検査・治療

腎結石(じんけっせき)とは、腎臓結石と呼ばれることもあり、血中の主成分であるカルシウムが結晶化し

記事を読む

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

●腎結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腎結核とは 腎結核(じんけっかく)とは、腎臓に細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が感染し、

記事を読む

尿細管性アシドーシスを詳しく:原因・症状・検査・治療など

尿細管性アシドーシスとは 尿細管性アシドーシス(にょうさいかんせいあしどーしす)とは、尿細管と

記事を読む

萎縮腎の原因・症状・検査・治療

萎縮腎(いしゅくじん)とは、腎臓が硬くなり、縮小してしまった状態のことをいいます。 正常な状態

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑