*

急性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析


急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)とは、腎盂や腎杯(じんぱい)、そのほか腎臓自体に細菌感染することにより急激にあらわれる病気のことをいいます。
尿道から逆流するような形で膀胱(ぼうこう)に侵入した細菌が、膀胱から尿管へとさかのぼった尿により腎臓へと届けられ、感染するのが特徴です。
それから、体の別の感染部位から細菌が入った血液やリンパ液が腎臓へと届けられることで引き起こされるケースもあります。
感染は2個ある腎臓のうちいずれか一方のみのこともあれば、2個ともに起こる場合もあるのです。
尿通過障害を持っている高齢の人、既婚女性、生まれつき尿路形態異常の認められる乳幼児などに発症するリスクの大きい病気です。
初期の段階での早期治療をおこなわなければ慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)や敗血症(はいけつしょう)を発症することになり、死亡してしまう恐れがあります。

急性腎盂腎炎の原因

尿道より侵入した細菌が、膀胱からさかのぼるようにしてきた尿により腎臓へと届けられて、腎盂などに感染することが原因で引き起こされます。
なお、この感染経路のことは尿路上行性感染(にょうろじょうこうせいかんせん)といいます。
尿路上行性感染の割合が最も高いのですが、ほかにも尿路とは別のところから菌が血液の中に侵入し、腎臓へと届けられ感染するケースもありますが、これは血行性感染(けっこうせいかん)といいます。
そのほか、菌がリンパ管に侵入し腎臓の届けられることで感染するリンパ行感染(こうかんせん)もあります。
さらに尿の流れを悪化させる病気を患っている人は急性腎盂腎炎になりやすく、感染に関しては抵抗力が落ちている場合に起こりやすくなるのが特徴です。
なお、急性腎盂腎炎の原因となる細菌は、グラム陰性桿菌(いんせいかんきん)が多くを占めていますが、グラム陽性桿菌が原因で発症することもあります。

急性腎盂腎炎の症状

基本的には高熱、吐き気、嘔吐、全身倦怠感などの症状があらわれますが、ほかにも背中や腰の痛み、排尿時の痛み、頻尿、残尿管、血尿などの症状もあらわれます。
お年寄りの急性腎盂腎炎では、高熱の症状が引き起こされないケースがあり、乳幼児では発熱、嘔吐、食欲低下、ひきつけなどの症状が主になります。

急性腎盂腎炎の検査と診断

急性腎盂腎炎で生じる症状があり、病気を引き起こしているであろうところの背中を押したり叩いたりした際の痛みがないか確かめます。
そして、尿検査を行うことにより、尿に白血球や細菌が入っているかどうかを調べるのです。
細菌が認められる場合には、菌種や数を把握するため尿の細菌培養検査や各種抗菌剤の感受性検査が行われることになるでしょう。
さらに血液検査もおこなわれ、白血球、赤沈(せきちん)、C反応性蛋白の状態を調べます。
白血球の数が多くなっていたり、赤沈の亢進が認められたり、C反応性蛋白が陽性の結果を示した場合には、急性腎盂腎炎と診断が下されるのです。
そのほか、尿路の異常、通過障害の有無を確認することを目的に、静脈性腎盂造影、膀胱造影、CTスキャンなどの検査がおこなわれます。

急性腎盂腎炎の治療の方法

急性腎盂腎炎は安静にしていることが大事で、あとは抗生剤を使っての化学療法がおこなわれる形になるでしょう。
安静のため入院しなければならず、水分補給を十分におこない、尿量が多くなるようにします。
高熱による脱水症状、悪心(おしん)などでの水分補給が困難な人に対しては点滴治療をおこないます。
尿路の形態異常や通過障害がない場合は何日かすると高熱の症状がなくなりますが、熱が下がり食事が可能になったら、内服薬を使った治療を1~2週間に渡り継続します。
こうした治療を続けたり、退院後も通院して経過観察や薬の使用を続けることにより、状態はよくなり完治します。
尿路異常が認められない場合、この病気が回復したあとの腎機能低下などは残らず、経過は良好なのが特徴です。

関連記事

急性腎不全の原因・症状・検査・治療

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)とは、急激に腎臓の機能低下に陥る状態のことをいいます。 通常

記事を読む

薬物療法:腎機能の低下を遅らせる薬について

腎臓病と診断された場合、食事療法の他に薬物療法が行われます。 薬物療法の狙いの一つとして、

記事を読む

腎臓に良い食べ物と悪い食べ物

腎臓に良い食べ物 腎臓の健康に気遣いたい人が積極的に摂ると良いとされている食べ物を取り上げてい

記事を読む

急性進行性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

急性進行性腎炎症候群 どんな病気(概要) 急性進行性腎炎症候群(きゅうせいしんこうせいじんえん

記事を読む

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

薬物療法:低下した腎臓のはたらきを補う薬

腎臓病になると多少なりとも腎機能が低下した状態になります。 この低下した機能をカバーするた

記事を読む

腎臓の異常は、どのようなことから気付くことが多いのでしょう

腎臓の病気は、尿やむくみの症状で気付くことが多いでしょう。 尿に関する異変としては、まず血

記事を読む

腎周囲膿瘍の原因・症状・検査・治療

腎周囲膿瘍(じんしゅういのうよう)とは、文字通り腎臓の周囲に膿瘍と呼ばれる膿のかたまりがつくり出

記事を読む

人工透析とシャント。シャントの合併症や注意点

人工透析とシャント(ブラッドアクセス) 人工透析の血液透析を受ける場合には腕の血管から器械へ血

記事を読む

副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そもそも副腎

記事を読む

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

胆道閉鎖症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

胆道閉鎖症とは 肝臓(かんぞう)では、黄褐色をしたアルカリ性の液体である胆汁(たんじ

頚椎椎間板ヘルニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

頚椎椎間板ヘルニアとは 頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)とは、首の

シンスプリントを詳しく:原因・症状・検査・治療など

シンスプリントとは シンスプリント(しんすぷりんと)とは、運動をした際や運動をした後

ぺルテス病を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ペルテス病とは ぺルテス病(ぺるてすびょう)とは、大腿骨(だいたいこつ)の付け根

→もっと見る

PAGE TOP ↑