*

急性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析


急性腎炎症候群(きゅうせいじんえんしょうこうぐん)とは、腎臓の糸球体(しきゅうたい)に異常が起こることにより、血尿(けつにょう)、たんぱく尿、浮腫(ふしゅ)、高血圧などが急激に起こる腎臓病の総称のことをいいます。
ほとんどが急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)により起こり、ほかには慢性腎炎(まんせいじんえん)の原因となるIgA腎症(あいじーえーじんしょう)や膜性増殖性腎炎(まくせいぞうしょくせいじんえん)などにより起こることもあります。
適切な治療を受けることにより完全によくすることも可能な病気ですが、完治しない場合には慢性化します。
なお、完治の可能性は子供のほうが高いのが特徴です。

急性腎炎症候群の原因

急性腎炎症候群は、さまざまな糸球体腎炎や全身性疾患により発症します。
糸球体腎炎の中でも、急性糸球体腎炎の割合が圧倒的に高いのが特徴です。
さらにこの急性糸球体腎炎の中でも、咽頭炎(いんとうえん)やとびひなどの原因となるA群β溶連菌(べーたようれんきん)感染症によりあらわれる溶連菌感染後急性糸球体腎炎が、とりわけ小さい子供に起こりやすくなっているのです。
ほかにもいろいろな感染症により急性腎炎症候群は引き起こされ、具体的にはマイコプラズマ、黄色(おうしょく)ブドウ球菌(きゅうきん)、肺炎球菌、B型肝炎ウイルス、水痘(すいとう)ウイルスなどを挙げることができます。

急性腎炎症候群の症状

急激に起こる浮腫、血尿、高血圧が急性腎炎症候群の代表的な症状です。
咽頭炎などを発症したしばらくあとに尿量が減少し、肉眼で見て取れる色の血尿が出るようになり、体はむくみ、血圧が高まります。
また、この時期にたんぱく尿が出ることもありますが、たいしたことがない場合がほとんどです。
人によっては血圧が急激に高まったことが原因となり、嘔吐やけいれんなどの症状が引き起こされる場合もあるでしょう。
なお、肉眼でわかる血尿の症状は次第におさまりますが、そのあとは顕微鏡で調べなければわからない血尿(顕微鏡的血尿)が何か月間か継続することになります。

急性腎炎症候群の検査と診断

急性腎炎症候群か否かを確かめるためにはまず最初に尿検査がおこなわれることになります。
検査の結果、血尿やたんぱく尿が出ていることが認められるのが診断のための大事なステップです。
次に、血液検査を実施することにより、尿素窒素、クレアチニンなどが増加しているかどうかを調べます。
急性腎炎症候群の人は、尿素窒素やクレアチニンが多いのが特徴です。
さらに血圧の上昇が認められれば、急性腎炎症候群の診断は概ねつけられることになるでしょう。
なお、腎機能障害やたんぱく尿の程度がひどいなどの状態に陥っている場合には、慢性糸球体腎炎など別の病気と鑑別する目的で、腎臓の組織を一部採取し調べる腎生検(じんせいけん)が選択されるケースもあります。

急性腎炎症候群の治療の方法

急性腎炎症候群になっている人は、なによりもまず安静にしなくてはいけません。
絶対安静が必要になり、回復するために入院治療を受ける必要があるのです。
そして、食事療法や薬物療法がおこなわれるのが一般的です。
食事療法では、たんぱく質の量をコントロールすることにより、たんぱく質の老廃物が蓄積されるのを抑制します。
さらに浮腫により体液の量が多くなっていることから、塩分の量もコントロールしなくてはいけません。
薬物療法では、浮腫の症状に対しては利尿薬(りにょうやく)が選択されます。
高血圧に対しては降圧剤で血圧をコントロールします。
細菌が原因の扁桃炎(へんとうえん)が引き起こされている場合には、抗生剤を使用することにより改善を試みます。
そのほか、腎機能障害の程度がひどいために薬により症状がよくならない患者に対しては、透析療法を一時的におこなうことにより、改善しようと試みることがあります。

関連記事

腎血管性高血圧症の原因・症状・検査・治療

腎血管性高血圧症(じんけっかんせいこうけつあつしょう)とは、病気などが原因となり発症する二次性高

記事を読む

単純性腎嚢胞の原因・症状・検査・治療

単純性腎嚢胞(たんじゅんせいじんのうほう)とは、血液のろ過や尿の産生の役割を担っている腎実質に、

記事を読む

腎臓の健康維持の為の食事の注意点

腎臓病は自覚症状に乏しいため、気付いたときにはかなり悪くなっていたということが少なくありません。

記事を読む

腎臓移植の概略についてご紹介しています

腎臓移植とは、他人の腎臓を腎臓病患者に移植することにより、患者の腎臓として機能を果たさせる治療方

記事を読む

腎膿瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

腎膿瘍(じんのうよう)は腎臓に膿(うみ)がたまる病気で、膿がたまる部位によって呼び方が異なり

記事を読む

慢性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

慢性腎炎症候群 どんな病気(概要) 慢性腎炎症候群(まんせいじんえんしょうこうぐん)とは、進行

記事を読む

膜性増殖性糸球体腎炎の原因・症状・検査・治療

膜性増殖性糸球体腎炎(まくせいぞうしょくせいしきゅうたいじんえん)とは、原発性の慢性糸球体腎炎の

記事を読む

萎縮腎の原因・症状・検査・治療

萎縮腎(いしゅくじん)とは、腎臓が硬くなり、縮小してしまった状態のことをいいます。 正常な状態

記事を読む

尿細管性アシドーシスを詳しく:原因・症状・検査・治療など

尿細管性アシドーシスとは 尿細管性アシドーシス(にょうさいかんせいあしどーしす)とは、尿細管と

記事を読む

膜性腎症の原因・症状・検査・治療

膜性腎症(まくせいじんしょう)とは、腎臓の主要な役割であるろ過機能に異常が起こる病気のことをいい

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑