*

幼虫移行症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

公開日: : 最終更新日:2016/05/30 感染症, 人獣共通感染症


寄生虫がヒトの体にとりついて起こる病気です。
寄生虫は、最終的にたどり着く動物(最終宿主)と、その途中にとりつく動物(中間宿主)をもっています。
幼虫移行症は、ヒトが中間宿主となる寄生虫が、体内に入っても成虫にならず、体の中を動き回ることでさまざまな症状を引き起こす病気です。
寄生虫は野生動物や野鳥だけではなく、ペットにもとりつくことがあり、ペットの糞便などを介して人間に侵入することがあります。
また、イカやサケ、生肉などを食べることで、寄生虫や寄生虫の卵をとりこむ場合もあります。

幼虫移行症の原因

イヌ・ネコ回虫やブラジル鈎虫、エキノコックス、フィラリア原虫、アニキサスなどの寄生虫が原因です。
寄生虫は、種類によってどの動物にとりつくかが違いますが、イヌ・ネコ回虫やブラジル鈎虫などは、ペットであるイヌやネコを宿主としますので、ヒトにうつる機会の多い寄生虫と言えます。

幼虫移行症の症状

幼虫移行症は、大きく三つの症状に分けられます。
眼幼虫移行症、皮膚幼虫移行症、内臓幼虫移行症です。
血管を通じて、寄生虫が体のどの部位に侵入したかによって症状の出方は異なります。
たとえば、肺に寄生虫が入った場合は喘息のような症状が出ますし、神経や脳に入った場合は、ふらつきや頭痛などの症状が出ます。
眼の中に寄生虫が入った場合は、失明することもあります。
寄生虫のなかには、皮膚の深部まで入れないものもおり、そういった寄生虫は、皮膚の表面に炎症を引き起こし、ひどいかゆみや腫れなどをもたらします。
特に、砂場や泥遊びの機会の多い子供に、幼虫移行症はよく見られます。子供や免疫の低下している人は、健康な人よりもリスクが高いことに注意してください。

幼虫移行症の感染経路

動物の糞便や、糞便で汚染された土壌などから、寄生虫や寄生虫の卵をとりこむことです。
口からだけではなく、寄生虫によっては、皮膚を食い破って体内に侵入するものもあります。
また、寄生虫に汚染された動物や魚の肉を食べることで、幼虫移行症になる場合もあります。
ホタルイカやサケなどを刺身などで食べることで、寄生虫に感染するケースもあります。

幼虫移行症の予防

健康な人に、寄生虫が入り込んでも、それほど問題にはなりませんが、ペットでイヌやネコを飼っている場合は、定期的に駆除薬を与えて、寄生虫を駆除しておきます。
子イヌや子ネコは、母子感染している場合もありますので、飼いはじめから駆虫することが大切です。
寄生虫がヒトの体内に入ると治療が難しくなりますので、ペットの駆虫や予防が重要になります。
土や砂に触れたあとは、手洗いを励行してください。
身近な場所で寄生虫に感染しやすいのが、公園の砂場です。
遊んだあとはかならず手洗いをさせるようにしましょう。
また、幼虫移行症は子供が感染することが多いので、指しゃぶりをさせないように気をつけてください。
糞便だけではなく、動物の毛にも寄生虫の卵が付着していることがありますので、動物を触ったあとは手を洗いましょう。
アウトドア活動をする場合は、生水や生の果物などは避け、かならず加熱して食べるようにしてください。
寄生虫は、冷凍しても死なないものがいますが、多くは熱に弱いので、食器や調理器具などを熱湯消毒することも有効です。

幼虫移行症の治療

寄生虫を外科的に駆除する方法(手術や液体窒素で凍らせるなど)や、飲み薬や塗り薬で寄生虫を退治する治療が行なわれます。
メベンダゾール、ジエチルカルバマジン、チアベンタゾールなどの薬が使われます。
眼の寄生虫を駆除するために、レーザー治療が行なわれることもあります。

幼虫移行症の検査

血液検査で、寄生虫に感染しているかどうかがわかる場合もあります。
皮膚幼虫移行症の場合は、皮膚の外見から診断されます。
そのほか、臓器に針をさして、組織サンプルを採取する方法や、血清反応を調査する方法もあります。
眼幼虫移行症の場合は眼底検査が行なわれます。

関連記事

クリプトスポリジウム症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

クリプトスポリジウムという原生生物によって引き起こされる病気で、激しい下痢や腹痛などが起こります

記事を読む

猫ひっかき病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

猫ひっかき病は猫や犬に引っかかれた傷、もしくは噛まれた傷が原因によっておこる感染症です。 夏か

記事を読む

レプトスピラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

レプトスピラ症は、病原性レプトスピラ感染によって起こる人獣共通の細菌感染症のことを指します。

記事を読む

回帰熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

我が国では、ボレリア属の細菌「ボレリア・ミヤモトイ」を持っているマダニ類に噛まれることで、細菌が

記事を読む

ヒストプラスマ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ヒストプラスマ症は、ヒストプラスマ・カプスラーツムという真菌によって引き起こされる感染症です。

記事を読む

旋尾線虫症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

旋尾線虫症は一般的にはあまり知られていませんが、旋尾線虫という寄生虫が原因の感染症です。 身近

記事を読む

エキノコックス症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

包虫症(エキノコックス症)とは 包虫症(ほうちゅうしょう)はエキノコックス症(えきのこっくすし

記事を読む

パスツレラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

パスツレラ症は主に犬や猫を介して感染する人獣共通感染症のひとつですが、この感染症の存在はほとんど

記事を読む

アニサキス症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アニサキス症はイヌ糸状虫症やイヌ回虫症、顎口虫症などと同じ幼虫移行症に分類される病気です。

記事を読む

アライグマ回虫による幼虫移行症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アライグマ回虫による幼虫移行症でどの程度症状があらわれるかは、取り入れられた虫卵の数と幼虫がどこ

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑