*

ライム病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

公開日: : 最終更新日:2016/05/27 感染症, 人獣共通感染症


ライム病は野ネズミや小鳥などが持っている菌を、マダニが媒介することによって起こる病気です。
野生動物では感染しても発症しませんが、ヒト、イヌ、ウシ、ウマでは症状が出ます。
日本でも樹木の多い地域(北海道や長野県)で発生することが多いです。
アメリカでは、特にニューヨークで多く、「ニューヨークの風土病」とも呼ばれています。

ライム病の原因

スピロヘータ(細菌)である、ボレリアが病原体です。
この病原体をもったマダニにかまれることで、病原体が体内に入り、症状があらわれます。

ライム病の症状

マダニに噛まれてから数日から数週間後に、かまれた所を中心に、的のような特徴的な紅斑があらわれます。
リンパ節の腫れや、筋肉痛、頭痛、悪寒、倦怠感など、インフルエンザのような症状が出ます。
体内循環によって病原体が広がると、皮膚症状、神経症状、心疾患、眼症状などがあらわれます。
末期では、慢性の関節炎、慢性の皮膚炎、脊髄炎、角膜炎などを生じます。

ライム病の感染経路

病原体を保有する野ネズミ、シカ、鳥から吸血したマダニが媒介します。
普通のダニからは感染しません。
また、ヒトからヒトへ感染することもありません。

ライム病の予防

マダニにかまれないようにすることが重要です。
足首からふくらはぎにかけて、ズボンの裾を止め、靴下をはいてマダニに噛まれるのを防ぎましょう。
スプレー式の防虫剤は有効ですので、必要に応じて活用してください。
ダニを発見したときは、ピンセットや毛抜きで、ダニの頭に近い所を掴み、まっすぐ引き抜きます。
マダニが潰れると、病原体が体内に注入されてしまいますので、潰してはいけません。
取り除いたダニは保管しておき、後日、症状が出た場合は病院にもっていきます。
自分自身で取り除くのが困難なときは、皮膚科で処置をしてもらうようにします。
マダニにかまれることで感染する病気は、ほかにもありますので、取り除いたあとも数週間は体調の変化に気をつけてください。

ライム病の治療

抗菌剤による治療が有効です。
ドキシサイクリン、セフトリアキドンなどの抗生物質を2~4週間服用します。日本で承認されているワクチンはありません。

ライム病の検査

皮膚の紅斑部や髄液から、病原体を分離することや、血清検査によって診断されます。
森林に行ったり、流行地域に旅行したりということがあったかどうかの問診に答えることも重要です。

関連記事

黄色ブドウ球菌食中毒を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

黄色ブドウ球菌食中毒とは 黄色ブドウ球菌食中毒(おうしょくぶどうきゅうきんしょくちゅうどく

記事を読む

黄熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アフリカと南アメリカに広がっている病気です。 ウイルスを持った蚊が媒介する感染症で、発症すると

記事を読む

ウエストナイル熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

蚊を媒介にしてウイルスに感染することによって起こる、インフルエンザのような症状の出る感染症です。

記事を読む

ヒストプラスマ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ヒストプラスマ症は、ヒストプラスマ・カプスラーツムという真菌によって引き起こされる感染症です。

記事を読む

回帰熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

我が国では、ボレリア属の細菌「ボレリア・ミヤモトイ」を持っているマダニ類に噛まれることで、細菌が

記事を読む

マールブルグ病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

1967年、アフリカから実験のために、ドイツに輸入されたサルを解剖したり、臓器に触れた人が発症し

記事を読む

ロタウイルス下痢症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

★ロタウイルス下痢症とは ロタウイルス下痢症(ろたういるすげりしょう)とは、ロタウイルスに

記事を読む

猫ひっかき病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

猫ひっかき病は猫や犬に引っかかれた傷、もしくは噛まれた傷が原因によっておこる感染症です。 夏か

記事を読む

ジアルジア症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ジアルジア症は発展途上国を中心に、世界的に確認されている感染症です。 海外渡航者の帰国時に

記事を読む

クリプトスポリジウム症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

クリプトスポリジウム症はクリプトスポリジウム原虫による感染症です。 このクリプトスポリジウ

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑