*

マールブルグ病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

公開日: : 最終更新日:2016/05/24 感染症, 人獣共通感染症


1967年、アフリカから実験のために、ドイツに輸入されたサルを解剖したり、臓器に触れた人が発症したりしたことで知られるようになった感染症です。
最初の発生地にちなみ、マールブルグ病と呼ばれるウイルス性の出血熱です。
ミドリザル出血熱とも言われます。
その後、アフリカのケニア、ジンバブエ、ザイール(現コンゴ民主共和国)で発生し、いずれも1~2名の死者を出していますが、エボラ出血熱のように、一度に多数の感染者や死者を出した例はありません。

マールブルグ病の原因

マールブルグウイルスという、エボラウイルスと同じ科のウイルスが原因で起こります。
サル、モルモット、ハムスター、マウスなどでは確実に感染が起こりますが、このウイルスが自然界で何の宿主にいるのかは不明です。

マールブルグ病の症状

潜伏期間は3~10日で、発熱、頭痛、筋肉痛、発疹、喉の痛みが初期症状としてみられます。
激しい嘔吐が繰り返され、1~2日すると水様性の下痢がみられます。
暗赤色の発疹が特徴的で、からだや尻、腕の外側などに見られます。

マールブルグ病の感染経路

なんらかの動物に住み着いているウイルスが、ヒトに感染して症状がでます。
ヒトからヒトへの感染は、血液、体液、分泌物、排泄物などに接触すれば感染しますが、空気感染はないとされています。

マールブルグ病の予防

患者や検体に接触した医療関係者や家族は、一定の期間注意して監視される必要があります。
通常の接触では、感染することはありませんが、患者と同居していたり、介護や看護にあたったひと、握手やハグなどをした人は、患者の診断が確定した時点で、監視下に置かれます。
もちろん、患者とキスやセックスをしたり、体液や排泄物に触れたりした人は、マールブルグ病の診断がつきそうな場合、すぐに監視下に置かれます。

マールブルグ病の治療

対症療法のみで特別な治療法はありません。また、ワクチンもありません。

マールブルグ病の検査

血液、血清、尿、咽頭ぬぐい液から病原体が検出されたり、抗原やウイルスの遺伝子が検出されたりした場合は、マールブルグ病と診断されます。

関連記事

マラリアの原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

マラリアはマラリア原虫よ呼ばれる寄生虫の一種に感染されることで発症する、熱病のことです。 世界

記事を読む

幼虫移行症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

寄生虫がヒトの体にとりついて起こる病気です。 寄生虫は、最終的にたどり着く動物(最終宿主)と、

記事を読む

黄熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アフリカと南アメリカに広がっている病気です。 ウイルスを持った蚊が媒介する感染症で、発症すると

記事を読む

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症は、その名が示す通りカプノサイトファーガ・カニモルサスと

記事を読む

オウム病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

オウム病は、名前が示すとおり鳥から感染する人獣共通感染症のひとつです。 鳥を飼っている人は感染

記事を読む

カンピロバクター症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

カンピロバクターは人間や動物に害を及ぼす細菌のひとつです。 1970年代に入ってから人間への病

記事を読む

高病原性鳥インフルエンザの原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

鳥インフルエンザは鳥類がA型インフルエンザウイルスに感染することで引き起こされる病気です。 鳥

記事を読む

ノロウイルス感染症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

ノロウイルス感染症とは ノロウイルス感染症(のろういるすかんせんしょう)とは、ノロウイルス

記事を読む

パスツレラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

パスツレラ症は主に犬や猫を介して感染する人獣共通感染症のひとつですが、この感染症の存在はほとんど

記事を読む

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種であるチフ

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑