*

ブタ連鎖球菌感染症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

公開日: : 最終更新日:2016/05/18 感染症, 人獣共通感染症


連鎖球菌の一種が原因で起こる感染症です。
2005年6月から8月にかけて、中国四川省において、多数の死亡例を伴う、ヒトのブタ連鎖球菌感染症が見られました。
これまで200名以上の患者が出る大流行は見られておらず、日本でも稀な病気です。

ブタ連鎖球菌感染症の原因

連鎖球菌の仲間の細菌が原因です。
ヒトに見られる溶血性連鎖球菌感染症を引き起こす細菌とは別の種類です。
ブタ連鎖球菌感染症では、ブタ連鎖球菌という細菌が原因ですが、ヒトにも感染するうえ、清浄化できないことから問題視されています。

ブタ連鎖球菌感染症の症状

ヒトが感染した場合は、ブタと同様に可能性髄膜炎が多く見られます。
発熱、頭痛にはじまり、やがて神経症状を起こします。
後遺症として聴覚障害が残ることがあります。
まれに敗血症による多臓器不全を起こすことがあります。

ブタ連鎖球菌感染症の感染経路

ブタや豚肉との接触の際、皮膚にある傷などから細菌が侵入することで起こります。
ヒトへの感染は、養豚業者、食肉処理従事者、獣医師などブタとの接触がある人の場合です。
ヒトからヒトへの感染はしません。
また、発症した豚肉が流通することもありません。

ブタ連鎖球菌感染症の予防

手指に怪我をしている場合は、豚肉を扱う際には手袋などをするようにします。
調理にあたっては、食中毒の予防法と同様に、加熱や調理器具の洗浄・消毒などが必要です。
豚肉やブタレバーを生で食べることは、食の安全性からも勧められません。
ただし、ブタ連鎖球菌は、加熱によってすぐに死滅しますので、万が一菌に感染している豚肉であっても、加熱すれば心配はありません。

ブタ連鎖球菌感染症の治療

難聴の後遺症が残ることがありますので速やかに抗生物質による治療が必要です。

ブタ連鎖球菌感染症の検査

血液検査から細菌が検出されるとブタ連鎖球菌感染症と診断されます。
ブタや豚肉に接触する機会のあった人は、あらかじめ医師にそのことを伝えてください。

関連記事

パスツレラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

パスツレラ症は主に犬や猫を介して感染する人獣共通感染症のひとつですが、この感染症の存在はほとんど

記事を読む

ライム病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ライム病は野ネズミや小鳥などが持っている菌を、マダニが媒介することによって起こる病気です。 野

記事を読む

ニパウイルス感染症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

マレーシアやバングラデシュで広がったウイルス性の脳炎です。 ブタの尿や分泌物から感染して、急性

記事を読む

サルモネラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

サルモネラ腸炎とは サルモネラ腸炎(さるもねらちょうえん)とは、サルモネラ菌という名称の細菌が

記事を読む

クリミア・コンゴ出血熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

クリミア・コンゴ出血熱は、ウイルスを持ったマダニにかまれることで起こる急性熱性疾患で、ウイルス性

記事を読む

幼虫移行症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

寄生虫がヒトの体にとりついて起こる病気です。 寄生虫は、最終的にたどり着く動物(最終宿主)と、

記事を読む

ダニ媒介性脳炎の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

マダニが媒介するウイルスによって起こる脳炎です。 世界的にはめずらしくない病気で、ロシア春夏脳

記事を読む

ウエストナイル熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

蚊を媒介にしてウイルスに感染することによって起こる、インフルエンザのような症状の出る感染症です。

記事を読む

アニサキス症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アニサキス症はイヌ糸状虫症やイヌ回虫症、顎口虫症などと同じ幼虫移行症に分類される病気です。

記事を読む

コレラを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

コレラとは コレラとは、コレラ菌によって引き起こされる感染症です。 日本におけるコレラの

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑