*

ブタ連鎖球菌感染症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

公開日: : 最終更新日:2016/05/18 感染症, 人獣共通感染症


連鎖球菌の一種が原因で起こる感染症です。
2005年6月から8月にかけて、中国四川省において、多数の死亡例を伴う、ヒトのブタ連鎖球菌感染症が見られました。
これまで200名以上の患者が出る大流行は見られておらず、日本でも稀な病気です。

ブタ連鎖球菌感染症の原因

連鎖球菌の仲間の細菌が原因です。
ヒトに見られる溶血性連鎖球菌感染症を引き起こす細菌とは別の種類です。
ブタ連鎖球菌感染症では、ブタ連鎖球菌という細菌が原因ですが、ヒトにも感染するうえ、清浄化できないことから問題視されています。

ブタ連鎖球菌感染症の症状

ヒトが感染した場合は、ブタと同様に可能性髄膜炎が多く見られます。
発熱、頭痛にはじまり、やがて神経症状を起こします。
後遺症として聴覚障害が残ることがあります。
まれに敗血症による多臓器不全を起こすことがあります。

ブタ連鎖球菌感染症の感染経路

ブタや豚肉との接触の際、皮膚にある傷などから細菌が侵入することで起こります。
ヒトへの感染は、養豚業者、食肉処理従事者、獣医師などブタとの接触がある人の場合です。
ヒトからヒトへの感染はしません。
また、発症した豚肉が流通することもありません。

ブタ連鎖球菌感染症の予防

手指に怪我をしている場合は、豚肉を扱う際には手袋などをするようにします。
調理にあたっては、食中毒の予防法と同様に、加熱や調理器具の洗浄・消毒などが必要です。
豚肉やブタレバーを生で食べることは、食の安全性からも勧められません。
ただし、ブタ連鎖球菌は、加熱によってすぐに死滅しますので、万が一菌に感染している豚肉であっても、加熱すれば心配はありません。

ブタ連鎖球菌感染症の治療

難聴の後遺症が残ることがありますので速やかに抗生物質による治療が必要です。

ブタ連鎖球菌感染症の検査

血液検査から細菌が検出されるとブタ連鎖球菌感染症と診断されます。
ブタや豚肉に接触する機会のあった人は、あらかじめ医師にそのことを伝えてください。

関連記事

ライム病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ライム病は野ネズミや小鳥などが持っている菌を、マダニが媒介することによって起こる病気です。 野

記事を読む

マールブルグ病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

1967年、アフリカから実験のために、ドイツに輸入されたサルを解剖したり、臓器に触れた人が発症し

記事を読む

反応性関節炎(ライター症候群)の原因,症状,検査,治療,予防など

反応性関節炎(ライター症候群)とは(概要) 反応性関節炎(はんのうせいかんせつえん)は、1

記事を読む

ダニ媒介性脳炎の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

マダニが媒介するウイルスによって起こる脳炎です。 世界的にはめずらしくない病気で、ロシア春夏脳

記事を読む

アメーバ赤痢の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アメーバ赤痢は感染症のひとつで、世界の広い地域で見られます。 場合によっては死に至る病気で、多

記事を読む

ウエストナイル熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

蚊を媒介にしてウイルスに感染することによって起こる、インフルエンザのような症状の出る感染症です。

記事を読む

エキノコックス症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

包虫症(エキノコックス症)とは 包虫症(ほうちゅうしょう)はエキノコックス症(えきのこっくすし

記事を読む

クリプトスポリジウム症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

クリプトスポリジウム症はクリプトスポリジウム原虫による感染症です。 このクリプトスポリジウ

記事を読む

ニパウイルス感染症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

マレーシアやバングラデシュで広がったウイルス性の脳炎です。 ブタの尿や分泌物から感染して、急性

記事を読む

サルモネラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

サルモネラ腸炎とは サルモネラ腸炎(さるもねらちょうえん)とは、サルモネラ菌という名称の細菌が

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑