*

ヒストプラスマ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

公開日: : 最終更新日:2016/05/15 感染症, 人獣共通感染症


ヒストプラスマ症は、ヒストプラスマ・カプスラーツムという真菌によって引き起こされる感染症です。
ロバ・ウマなどにも感染し、農業など土壌を扱う職業の人が、土の中にある真菌の胞子を吸い込むことで感染するケースがほとんどです。

ヒストプラスマ症の原因

ヒストプラスマ・カプスラーツム、ヒストプラスマ・ファルシミノースム、ヒストプラスマ・ズボアジという真菌によって起こります。
日本を除き、世界的にみられる真菌で、とくにアメリカのミシシッピ川流域に病気の報告例が多くみられます。

ヒストプラスマ症の症状

ヒストプラスマ症にかかっても、ほとんどの人は症状が出ません。
急性肺ヒストプラスマ症では、一過性のインフルエンザのような症状が出て、自然治癒します。
全身性ヒストプラスマ症では、急性型は小児や免疫不全の人に多くみられ、治療をしなければ死に至ります。
症状は倦怠感やだるさ、発熱などで、症状の悪化は非常にゆっくりなことも急激にすすむこともあります。
口の中に潰瘍ができたり、副腎がおかされてアジソン病を起こすこともあります。
慢性空洞性ヒストプラスマ症では、肺の感染症で、数週間かけて徐々に進行し、結核のように咳や喀血、体重減少などがおこります。
そのほか、眼ヒストプラスマ症といって、血液によって運ばれた病原体が眼に症状をもたらすこともあります。

ヒストプラスマ症の感染経路

ヒストプラスマ症の真菌は、コウモリやヒバリの糞で増えることが多く、土壌に存在する真菌です。
感染するケースは、土壌に含まれている菌の胞子を吸い込むことで起こります。洞窟探検に入ったテレビクルーが感染した例もあります。

ヒストプラスマ症の予防

ほとんどの人は症状がでませんが、エイズ患者や臓器移植を受けた人など、免疫が低下している人は重篤な症状が出ることがあります。
できる限り、土にふれたり、動物や鳥の糞にふれたりしないようにしてください。

ヒストプラスマ症の治療

急性の肺ヒストプラスマ症では薬物治療が必要になることは稀です。
症状の程度よって抗真菌剤をもちいることが多いです。

ヒストプラスマ症の検査

たん、脊髄、尿、血液のサンプルを採取して、真菌を培養して検査を行ないます。
尿や血液からこの真菌が放出するたんぱく質(抗原)を調べることもあります。

関連記事

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である鉤虫が腸に

記事を読む

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球菌(ようけ

記事を読む

黄色ブドウ球菌食中毒を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

黄色ブドウ球菌食中毒とは 黄色ブドウ球菌食中毒(おうしょくぶどうきゅうきんしょくちゅうどく

記事を読む

回虫幼虫移行症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

回虫幼虫移行症は動物に寄生する回虫によって、引き起こされる感染症です。 動物だけでなく、人間に

記事を読む

幼虫移行症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

寄生虫がヒトの体にとりついて起こる病気です。 寄生虫は、最終的にたどり着く動物(最終宿主)と、

記事を読む

皮膚糸状菌症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

皮膚糸状菌症は人獣共通感染症に分類される病気で、人や犬、猫などに感染します。 動物と接すること

記事を読む

ノロウイルス感染症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

ノロウイルス感染症とは ノロウイルス感染症(のろういるすかんせんしょう)とは、ノロウイルス

記事を読む

アカントアメーバ角膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

アカントアメーバ角膜炎とは アカントアメーバ角膜炎(あかんとあめーばかくまくえん)とは、アカン

記事を読む

アメーバ赤痢の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アメーバ赤痢は感染症のひとつで、世界の広い地域で見られます。 場合によっては死に至る病気で、多

記事を読む

旋尾線虫症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

旋尾線虫症は一般的にはあまり知られていませんが、旋尾線虫という寄生虫が原因の感染症です。 身近

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑