*

ヒストプラスマ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

公開日: : 最終更新日:2016/05/15 感染症, 人獣共通感染症


ヒストプラスマ症は、ヒストプラスマ・カプスラーツムという真菌によって引き起こされる感染症です。
ロバ・ウマなどにも感染し、農業など土壌を扱う職業の人が、土の中にある真菌の胞子を吸い込むことで感染するケースがほとんどです。

ヒストプラスマ症の原因

ヒストプラスマ・カプスラーツム、ヒストプラスマ・ファルシミノースム、ヒストプラスマ・ズボアジという真菌によって起こります。
日本を除き、世界的にみられる真菌で、とくにアメリカのミシシッピ川流域に病気の報告例が多くみられます。

ヒストプラスマ症の症状

ヒストプラスマ症にかかっても、ほとんどの人は症状が出ません。
急性肺ヒストプラスマ症では、一過性のインフルエンザのような症状が出て、自然治癒します。
全身性ヒストプラスマ症では、急性型は小児や免疫不全の人に多くみられ、治療をしなければ死に至ります。
症状は倦怠感やだるさ、発熱などで、症状の悪化は非常にゆっくりなことも急激にすすむこともあります。
口の中に潰瘍ができたり、副腎がおかされてアジソン病を起こすこともあります。
慢性空洞性ヒストプラスマ症では、肺の感染症で、数週間かけて徐々に進行し、結核のように咳や喀血、体重減少などがおこります。
そのほか、眼ヒストプラスマ症といって、血液によって運ばれた病原体が眼に症状をもたらすこともあります。

ヒストプラスマ症の感染経路

ヒストプラスマ症の真菌は、コウモリやヒバリの糞で増えることが多く、土壌に存在する真菌です。
感染するケースは、土壌に含まれている菌の胞子を吸い込むことで起こります。洞窟探検に入ったテレビクルーが感染した例もあります。

ヒストプラスマ症の予防

ほとんどの人は症状がでませんが、エイズ患者や臓器移植を受けた人など、免疫が低下している人は重篤な症状が出ることがあります。
できる限り、土にふれたり、動物や鳥の糞にふれたりしないようにしてください。

ヒストプラスマ症の治療

急性の肺ヒストプラスマ症では薬物治療が必要になることは稀です。
症状の程度よって抗真菌剤をもちいることが多いです。

ヒストプラスマ症の検査

たん、脊髄、尿、血液のサンプルを採取して、真菌を培養して検査を行ないます。
尿や血液からこの真菌が放出するたんぱく質(抗原)を調べることもあります。

関連記事

レプトスピラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

レプトスピラ症は、病原性レプトスピラ感染によって起こる人獣共通の細菌感染症のことを指します。

記事を読む

ツツガ虫病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

生まれながらに「ツツガムシリケッチア」という病原体をもっているツツガムシにかまれ、その病原体が体

記事を読む

腎症候性出血熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ネズミを介するハンタウイルスの感染による出血性腎疾患で、地域やウイルスの型によって引き起こされる

記事を読む

エキノコックス症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

包虫症(エキノコックス症)とは 包虫症(ほうちゅうしょう)はエキノコックス症(えきのこっくすし

記事を読む

コレラを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

コレラとは コレラとは、コレラ菌によって引き起こされる感染症です。 日本におけるコレラの

記事を読む

黄色ブドウ球菌食中毒を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

黄色ブドウ球菌食中毒とは 黄色ブドウ球菌食中毒(おうしょくぶどうきゅうきんしょくちゅうどく

記事を読む

敗血症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

敗血症とは 敗血症(はいけつしょう)とは、血液中に細菌やウイルス、真菌(しんきん)など

記事を読む

高病原性鳥インフルエンザの原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

鳥インフルエンザは鳥類がA型インフルエンザウイルスに感染することで引き起こされる病気です。 鳥

記事を読む

黄熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アフリカと南アメリカに広がっている病気です。 ウイルスを持った蚊が媒介する感染症で、発症すると

記事を読む

回帰熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

我が国では、ボレリア属の細菌「ボレリア・ミヤモトイ」を持っているマダニ類に噛まれることで、細菌が

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑