*

ニパウイルス感染症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

公開日: : 最終更新日:2016/05/06 感染症, 人獣共通感染症


マレーシアやバングラデシュで広がったウイルス性の脳炎です。
ブタの尿や分泌物から感染して、急性脳炎の症状が出ます。
1999年に見つかった新種のウイルスであるニパウイルスによる感染症です。
感染すると重症の脳炎を起こします。

ニパウイルス感染症の原因

コウモリを自然宿主とするウイルスです。
マレーシアでは、森林を切り開いて養豚場をつくる場合が多く、このウイルスがブタ、そしてヒトへと感染して起こります。
ウイルスに感染したブタに接触したり、血液や排泄物を触ったりすることで、ヒトの体内にウイルスが入りこむことが原因です。

ニパウイルス感染症の症状

インフルエンザに似た症状からはじまります。
発熱、頭痛、めまい、嘔吐など、急性脳炎の症状です。
50%以上の患者に意識障害、脳幹機能不全などがあらわれます。
半分以上の患者が死亡したり、重篤な後遺症が残る、予後の悪い病気です。

ニパウイルス感染症の感染経路

自然宿主のコウモリからブタへ、ブタからヒトへと感染します。
したがって、患者の多くが養豚場で仕事をしている人です。
ただし、インド、バングラデシュの流行からは、コウモリからヒトに感染する場合や、ヒトからヒトへ感染する場合もあると考えられます。

ニパウイルス感染症の予防

日本では、ウイルス発見以後、感染の例はありません。
感染地域に旅行する場合は、呼吸器の病気を起こしたブタなどの動物に接触しないようにすることが必要です。
ワクチンはありません。

ニパウイルス感染症の治療

対症療法が基本になります。
急性脳炎の治療と同様です。
リバビリンが実験的には有効ですが、臨床での治療の関しては不明です。

ニパウイルス感染症の検査

髄液や血液からウイルスが検出された場合は、ニパウイルス感染症と診断されますが、臨床症状からは、他のウイルス性脳炎と区別ができません。
ウイルスの分離や血清中の抗体の反応など、実験室で行なわれる検査が必要になります。

関連記事

ライム病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ライム病は野ネズミや小鳥などが持っている菌を、マダニが媒介することによって起こる病気です。 野

記事を読む

血清病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血清病とは 感染症法上では2類感染症、ジフテリア菌の飛沫(ひまつ)感染によって起こり、ノドに感

記事を読む

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは、細菌やウ

記事を読む

アライグマ回虫による幼虫移行症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アライグマ回虫による幼虫移行症でどの程度症状があらわれるかは、取り入れられた虫卵の数と幼虫がどこ

記事を読む

アメーバ赤痢の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アメーバ赤痢は感染症のひとつで、世界の広い地域で見られます。 場合によっては死に至る病気で、多

記事を読む

パスツレラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

パスツレラ症は主に犬や猫を介して感染する人獣共通感染症のひとつですが、この感染症の存在はほとんど

記事を読む

ブルセラ病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ブルセラ病は、ブルセラ属の細菌感染によって引き起こされる動物や人の共通感染症です。 さまざまな

記事を読む

サルモネラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

サルモネラ腸炎とは サルモネラ腸炎(さるもねらちょうえん)とは、サルモネラ菌という名称の細菌が

記事を読む

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である鉤虫が腸に

記事を読む

黄熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アフリカと南アメリカに広がっている病気です。 ウイルスを持った蚊が媒介する感染症で、発症すると

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑