*

腎症候性出血熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

公開日: : 最終更新日:2016/04/27 感染症, 人獣共通感染症


ネズミを介するハンタウイルスの感染による出血性腎疾患で、地域やウイルスの型によって引き起こされる腎症の総称です。
かつては、中国・韓国を中心にしたアジア地域の農民や兵士の間で流行する病気でした。
現在でも、中国では10万人規模の患者が発生しています。
太平洋戦争中には、旧満州で「奇病」としてみられていた時期もあります。
1988年以降では、日本で感染は見られていません。

腎症候性出血熱の原因

ネズミを介する、ハンタウイルスというウイルスが原因です。

腎症候性出血熱の症状

軽症では、風邪のような症状、微熱、蛋白尿、血尿などです。
重症では、腎不全を起こします。
皮下や臓器で出血が見られ、低血圧性のショックが起こる場合は注意が必要です。
重症型の患者の致死率は3~15%です。

腎症候性出血熱の感染経路

感染源はウイルスを保有する野ネズミで、ネズミの尿中にはウイルスが大量に排出されます。
ウイルス保有ネズミにかまれたり、傷口からウイルスが入り込むと感染します。
ウイルス保有ネズミのし尿が、ほこり、土壌などに混入し、それが舞い上がって空気感染が起こることもあります。
ヒトからヒトへは感染しません。
1980年代に実験動物として購入されたラットが原因で、生物系研究室で感染が起こったこともありますが、現在はウイルスの事前チェックがなされています。
かつて、1960年代に大阪梅田でみられた「梅田奇病」は、このウイルスが原因であるとわかっています。

腎症候性出血熱の予防

野ネズミと接触しないようにします。
積極的な予防法として、中国・韓国ではワクチンがありますが、一部の使用にとどまっています。

腎症候性出血熱の治療

対症療法が治療の中心になります。
重篤な症状として急性腎不全に注意する必要があり、人工透析が必要な場合もあります。

腎症候性出血熱の検査

急性期の血液検査・尿検査によってウイルスが分離されたり、病原体の遺伝子が検出された場合、もしくは血清抗体の検出によって腎症候性出血熱と診断されます。

関連記事

Bウイルス病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

サルに噛まれることによって引き起こされる病気です。 原因となるのはウイルスで、世界で40例程度

記事を読む

ダニ媒介性脳炎の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

マダニが媒介するウイルスによって起こる脳炎です。 世界的にはめずらしくない病気で、ロシア春夏脳

記事を読む

ヒストプラスマ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ヒストプラスマ症は、ヒストプラスマ・カプスラーツムという真菌によって引き起こされる感染症です。

記事を読む

狂犬病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

狂犬病は、狂犬病ウイルスに感染することで引き起こされる重篤な病気です。 狂犬病はほ乳類全般が感

記事を読む

疥癬(疥癬)の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

疥癬は皮膚に生じる、感染症のひとつです。 ダニを介してもたらされる症状で、激しいかゆみをともな

記事を読む

アライグマ回虫による幼虫移行症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アライグマ回虫による幼虫移行症でどの程度症状があらわれるかは、取り入れられた虫卵の数と幼虫がどこ

記事を読む

蠕虫症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

蠕虫症というのは蠕虫と呼ばれる寄生虫に寄生されることで発症します。 これはどういった病気な

記事を読む

麻疹(はしか)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

麻疹(はしか)とは 麻疹(ましん、はしか)とは、麻疹(はしか)ウイルスに感染することで、全

記事を読む

旋尾線虫症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

旋尾線虫症は一般的にはあまり知られていませんが、旋尾線虫という寄生虫が原因の感染症です。 身近

記事を読む

アニサキス症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アニサキス症はイヌ糸状虫症やイヌ回虫症、顎口虫症などと同じ幼虫移行症に分類される病気です。

記事を読む

no image
膀胱がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膀胱がんとは 膀胱がん(ぼうこうがん)とは、膀胱の粘膜に発生するがん、いわゆる悪性腫瘍(

乳幼児痔瘻を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳幼児痔瘻とは お尻の穴である肛門(こうもん)の周囲に膿がたまる病気のことを、肛門周

no image
膵臓がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膵臓がんとは 膵臓がん(すいぞうがん)とは、膵液(すいえき)という消化液を作り出す臓器で

鼻涙管閉塞を詳しく:原因・症状・検査・治療など

鼻涙管閉塞とは 上まぶたにある涙腺(るいせん)より、涙は分泌されています。 涙は眼

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

→もっと見る

PAGE TOP ↑