*

姿勢や寝方は腰痛に大いに影響しています

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 骨・関節の病気

腰痛と姿勢の関係について

腰痛を改善するには、正しい姿勢で生活することが大切です。
姿勢は腰痛と密接な関係があります。
悪い姿勢。それは、筋肉や内臓に負担をかける姿勢だということです。
この余計な負担が腰痛を引き起こします。
正しい姿勢でいることが出来れば、筋肉や内臓への負担が減ります。
背筋を伸ばすことには、緩んだ筋肉を引き締め効果があり、腰痛に効果的です。
悪い姿勢から引き起こされた腰痛を患っている人は、腰痛治療によって一時的に症状が改善することはありますが、姿勢が悪いままですと、また腰痛が再発してしまいます。
根本からの改善。その為に姿勢を正すことが大切になります。
中腰や前屈み。これは腰に負担がかかる体勢です。
立っている時は、顎を軽く引いて、背筋を伸ばしましょう。
膝を伸ばすことも大切です。
座る時は、背もたれにお尻を密着させるイメージで、深く腰掛けましょう。
立っている時と同じく、顎を軽く引いて背筋を伸ばして下さい。
悪い座り方は、あぐらや体育座りです。

腰痛と寝具や寝方との関係について

人は一生のうち三分の一を寝て過ごします。
ですから、睡眠と腰痛も大きな関係があります。
睡眠中は体が無防備になっています。
意識がないことにより、睡眠中に腰痛を悪化させることがあるのです。
腰痛を患っている人にとって、寝具の選び方は大切です。
腰痛にとって良い寝具。それは、ふわふわの布団ではなく、適度な硬さを持つ布団です。
腰痛や体に良いと思われがちなベッドや羽布団。
これは、腰にとって良い物ではありません。
体の重みにより、ベッドや羽布団に腰が沈んでしまいやすく、背骨のカーブを崩してしまうのです。
もちろん枕も、背骨のカーブを保つような物が理想的です。
背骨が伸びた状態になるようなものは、腰痛になりやすいので避けて下さい。
腰痛に対して寝方も重要です。
腰に負担をかけない眠り方。これが重要です。
横を向き、膝を少し曲げ、クッションなどを膝に挟む。
これが腰に負担をかけない寝方です。
反対に、仰向けは腰痛によくない影響を与えるので注意が必要です。

関連記事

ぺルテス病を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ペルテス病とは ぺルテス病(ぺるてすびょう)とは、大腿骨(だいたいこつ)の付け根部分の骨頭

記事を読む

変形性膝関節症を詳しく:症状,原因,診断,治療,手術

健康上問題のない膝関節は、軟骨で包まれた形状をしています。 クッション性に優れた軟骨は、関節の

記事を読む

転倒骨折を絶対防ぐ!

骨粗しょう症で最も注意すべき事!転倒骨折を絶対防ぐ!

骨粗しょう症は骨がもろくなることにより、骨折リスクが増大してしまう病気のことをいいます。 この

記事を読む

五十肩の症状・原因と治し方

五十肩(ごじゅうかた)とは、正式な疾患の名称ではなく俗称です。 医療の分野では、肩関節周囲炎(

記事を読む

腱板損傷を詳しく:症状,原因,診断,治療,手術,予防

肩の表面は、三角筋と呼ばれる広い筋肉によって覆われています。 その下には体幹から上腕骨頭を包む

記事を読む

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは、手首の関

記事を読む

変形性肩関節症を詳しく:原因,症状,種類,治療,手術,

なんらかの原因で関節の軟骨が損傷を受けて、すり減ってしまうと人体は自然にそれを修復しようとします

記事を読む

顎関節症の症状・原因 ・治療・予防対策のまとめ

顎関節症は「アゴが痛む」「アゴが鳴る」「口が開かなくなる」病気として知られていますが、実は全身に

記事を読む

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっせつ)とい

記事を読む

リウマチ性股関節炎を詳しく:原因,メカニズム,症状,診断,合併症,治療,手術

関節や関節まわりの筋肉・腱・骨などに痛みが生じる病気は総じてリウマチ性疾患あるいは単純にリウマチ

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑