*

腰痛改善の治療法のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 骨・関節の病気

腰痛改善の治療法について

腰痛の治療で一番大切なことは、運動により筋力を高めることです。
腰痛が酷い場合は、水中で行うエクササイズは負担が軽くおすすめです。
運動を行った後は、筋肉疲労を回復する為にストレッチをしましょう。
慢性腰痛症の場合の治療法としても、やはり無理のない腰痛体操とストレッチは効果的です。
患部を温め、保温することによって血行を良くすることも良いでしょう。
半身浴などは血行改善に対して、手軽で効果的と言えます。
しかし、椎間板ヘルニアの場合は、温めると悪化する場合があるので注意して下さい。
薬物療法や理学療法、外科的療法などもあります。
鍼や指圧なども効果があります。
ただ、どの治療法がいいかは、一概には言えません。
症状に適した治療法が一番ですが、わからなければ病院で診察を受けた方が良いでしょう。
栄養面から腰痛を治療することも出来ます。
腰痛には、ビタミンDやコンドロイチンが効果的だと言われています。
血行を良くするビタミンEを取るのも良い方法です。

腰痛改善の整体治療について

背骨や骨盤の歪みや位置の矯正を、整体院で施術してもらうことを整体と言います。
効果としては、腰痛や肩こり、四十肩、頭痛などの解消が期待できます。
腰痛の原因。
それは、背骨や骨盤の歪みから来ることが多いと言えます。
身体の歪みを正常に戻すことは、機能不全状態になった体の機能を元の正しい状態に戻すことに繋がります。
整体により、歪みや位置を正常な状態に戻すことにより、体本来の機能を発揮しやすくするのです。
さらには、体の外側のみの効果ではなく、内側を健康にすることが期待出来るのです。
健康維持や病気の予防。
そういった効果も期待出来ます。
実際に整体で施術してもらう場合に、痛みはほとんどありません。
腰痛治療や肩こりなどの治療以外に、体の歪みを治す為に来る人も多いのが整体の特徴です。
整体は、施術する先生の技術差が激しいことが問題として上げられます。
整体を施術してもらう場合は、整体院をよく考えて選ぶ必要があると言えるでしょう。

腰痛改善のツボ治療について

姿勢の悪さが原因の腰痛に効果的なのがツボ治療です。
「経穴」これがツボの正式な名称です。
この経穴へ的確に刺激を与えると、腰に溜まっていた疲労物質が取れ、痛みが和らぎます。
新陳代謝と血流が良くなる効果もあります。
ツボがどこにあるか。
これを把握することは、一般の人には難しいでしょう。
ですが、軽い腰痛の場合は、痛みを感じる場所を探し、自分で刺激することも出来ます。
腰痛に有効な経穴。
それは、腎愈と志室と呼ばれるものです。
足の経穴では、陽陵泉と呼ばれるものがあります。
自分でツボ治療を行う場合、痛む部分が熱を持っているかどうか確かめて下さい。
炎症を起こした患部が熱を持っているかもしれないからです。
熱を持っている場合は、腰を冷やす必要があります。
それから、指で刺激していきます。
患部が熱を持っている場合は、患部から離れた場所から始め、無理をしてはいけません。
ツボ治療はこのように自分でツボを刺激するという方法がありますが、やはり鍼灸院へ行く方が効果的です。

腰痛改善の鍼灸治療について

東洋医学として日本でも古くから使われ、現在は日本人用にアレンジされたものが鍼灸です。
体には無数のツボが存在します。
鍼灸で使うツボの数は、その中の約半分になります。
ツボに鍼灸施していくことにより、体内の気の流れを良くする。
それが鍼灸治療です。
体内の気の流れが良くなると、自然治癒力が高まります。
治癒力が高まることにより、腰痛や腰痛以外の体の痛みが軽減するのです。
鍼灸は痛い。
熱い。
そんなマイナスイメージを持っている人が多い鍼灸治療ですが、実際はそれほどの勇気を必要としません。
鍼ですが、日本では中国のものより半分の太さのものを使用しています。
このことにより、痛みが少なくなっています。
灸も、火傷をしないような対策がされています。
もぐさを皮膚の上に直接置くことはありません。
置かずにすむタイプのものを使い、治療します。
このように負担を軽減する方法で、国家試験資格保有者が治療するので安心です。
治療の際は、自分にあった鍼灸院を見つけることが大切なポイントです。

腰痛の整形外科の治療方法について

腰痛が酷くなった場合は、病院で診察を受けることも考えなければいけません。
腰痛の原因として内科的疾患も考えられますが、まず最初に訪れる場所は整形外科が妥当です。
整形外科が扱うものとして、腰痛はポピュラーなものです。
骨折や捻挫などの治療以外にも、脊椎異常による椎間板ヘルニアや腰痛の治療を得意としている医師も多いです。
治療法の柱になっているのは保存療法で、骨格の矯正などは行いません。
では、受診した方が良い腰痛とは、どんな腰痛でしょうか。
それは、緊急を要するものか、どんな症状かで考えると良いでしょう。
・転倒、または転落などの外傷による腰痛。
・腰痛以外に、熱や腹痛、おしっこの色がおかしいなどの症状がある。
上記のような状況や症状がある場合は、すみやかに整形外科へ行きましょう。
排尿出来ない。
尿意を感じない。
このような泌尿器や膀胱に症状が現れた時は危険です。
排尿障害が残る場合があるので、医師の診察を受けるべきでしょう。

腰痛の接骨院の治療方法について

接骨とは何なのか。
利用したことのない人には、接骨院と言ってもよくわからない場合が多いと思います。
接骨の正式名称は、柔道整復術と言います。
日本古来の伝統療法で、柔道から生まれたものです。
医療行為なしで、運動諸器官の整復を行います。
接骨院でよく行われる治療。
それは、手技治療と呼ばれる物で、患部に直接働きかけます。
接骨では整体のような骨の矯正はしませんが、腰痛の治療方が色々あります。
最近では、整体も学んだ柔道整復師が接骨と整体、両方の治療法を取り入れている場合があります。
接骨院では、テーピング治療というものを行うことがあります。
患部をテーピングで保護することにより、腰の痛みを和らげるのです。
腰の痛みを和らげるために、筋肉のこりをほぐす効果のある機会を使った電気治療を行う接骨院もあります。
接骨院では、このような様々な施術を行っています。
ただ、治療技術は個人差があります。
自分にとって信頼できる接骨院を見つけることが大切でしょう。

腰痛改善の為のストレッチについて

悪い姿勢や仕事などで、同じ動作を何回も繰り返していると、筋肉がダメージを受けてしまいます。
これは、一部の筋肉だけが酷使されることにより起こります。
ダメージを受けてしまった筋肉は、働きが鈍くなってしまうのです。
そして、筋肉に老廃物が溜まり、血液不全となってしまいます。
この血行が悪くなった状態を改善するために効果的な方法。
それがストレッチです。
では、手軽に行える腰のストレッチを紹介します。
椅子に座った状態で、腰幅に両足を広げます。
そして、そのまま右へ上体を捻って下さい。
右腿外側を右手で掴み、体をさらに捻って下さい。
左の腰回りが伸びたら、そのまま停止します。
約30秒停止したら、反対側も同じように伸ばしましょう。
オフィスや自宅、どこでも短時間で出来るストレッチです。
腰が痛いな、と感じたら試してみて下さい。
ストレッチは、入浴後や運動後などの筋肉が温まっている状態で行うと効果的です。
腰痛が酷い場合は、体を温めてからのストレッチがおすすめです。

腰痛改善する為の食物や栄養について

食事の面から腰痛を改善していく方法もあります。
食事により、腰痛改善に効果のある成分を摂取するのです。
腰痛改善に効果のある成分としては、以下のようなものが考えられます。
ビタミンB1・ビタミンE・カルシウム・コンドロイチンこのような成分をとるには、どんな食品を食べたら良いのか考えていきましょう。
まず、ビタミンB1ですが、豆腐や豚肉などに多く含まれています。
糖分をとる際、筋肉などに使用されるエネルギーを作り出すので、疲労回復が期待できます。
ビタミンEは、豆腐やかぼちゃなどに多く含まれています。
血行を良くする効果があり、疲労物質を追い出したり、栄養を神経系統に運ぶ効果も期待できます。
カルシウムは骨の発達に良いとされています。
牛乳やチーズなどに多く含まれています。
コンドロイチンというとサプリメントを思い浮かべがちですが、食品から摂取することが出来ます。
ねばねばしたものにコンドロイチンは多く含まれており、納豆やオクラなどが代表食品です。
摩擦で軟骨などが減ることを防ぐ効果があります。

関連記事

肩関節唇損傷を詳しく:原因,症状,診断,治療,手術,リハビリ

関節唇は「かんせつしん」と読み、肩の受け皿としての役目をもつ肩甲骨関節窩の輪郭の周囲を取り巻くよ

記事を読む

腱板損傷を詳しく:症状,原因,診断,治療,手術,予防

肩の表面は、三角筋と呼ばれる広い筋肉によって覆われています。 その下には体幹から上腕骨頭を包む

記事を読む

変形性股関節症を詳しく:原因,症状,診断,治療,手術

股関節の仕組みと変形性股関節症 骨盤と大腿骨の間にある球関節のことを「股関節」と言います。

記事を読む

変形性肩関節症を詳しく:原因,症状,種類,治療,手術,

なんらかの原因で関節の軟骨が損傷を受けて、すり減ってしまうと人体は自然にそれを修復しようとします

記事を読む

半月板損傷を詳しく:症状,原因,診断,治療,手術,リハビリ

膝関節の内側と外側にそれぞれひとつずつある三日月型の軟骨組織を「半月板」と言います。 半月板は

記事を読む

リウマチ性股関節炎を詳しく:原因,メカニズム,症状,診断,合併症,治療,手術

関節や関節まわりの筋肉・腱・骨などに痛みが生じる病気は総じてリウマチ性疾患あるいは単純にリウマチ

記事を読む

肩関節周囲炎を詳しく:原因,症状,診断,治療,手術,リハビリ,予防

「肩関節周囲炎」は、肩関節の可動域の狭まりや痛みが起こる病気の総称です。 肩関節だけでなくまわ

記事を読む

変形性膝関節症を詳しく:症状,原因,診断,治療,手術

健康上問題のない膝関節は、軟骨で包まれた形状をしています。 クッション性に優れた軟骨は、関節の

記事を読む

女性特有の腰痛の原因のまとめ

背筋などを作るのは、男性ホルモンです。腰を支える筋肉を男性ホルモンが作るので、女性はもともと腰痛

記事を読む

姿勢や寝方は腰痛に大いに影響しています

腰痛と姿勢の関係について 腰痛を改善するには、正しい姿勢で生活することが大切です。 姿勢は腰

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑