*

ストレスって何?ストレスの正体を分析します。

公開日: : 最終更新日:2016/02/16 疲労・ストレス , ,

ストレスって何?
現代社会においてストレスは切り離すことができない関係にあるのは多くの方がご存知かと思います。
ストレスは人生のスパイスとも言われますが、過剰に溜め込んでしまうと大きな負担が心身ともに襲いかかってきます。
近年は、ストレスを受けやすい環境であったり、上手にストレスを発散することができない人が増え、病気にかかる人も増加傾向にあるようです。
こちらでは、ストレスに関する症状や解消法、どうしてストレスが体調に変化を来たすのかなどを紹介していきます。

ストレスとは

ストレスは、今の現代社会において切っても切れない関係にあるのは多くの方が実感されているでしょう。

うつ病や不安障害など病気の原因になるなど、どうしても悪役にされてしまいがちなストレスですが、私たち人間は、このストレスを感じるからこそ生きている価値を見出せるのです。

そもそもストレスとは、体が外からの刺激を受けることによって引き起こされる反応を指し、このストレスの起因となるものをストレッサーと呼んでいます。

つまり、体にストレッサー(ストレスを起こす要因)を感じることで、ストレスを引き起こしているとされています。

例えば、風船は手や指で押されるとへこんだりして変形してしまいますが、この風船に力を加えているのをストレッサー、それによって風船の形が崩れてしまっている状態をストレス、という風に置き換えることができるでしょう。

これらの言葉は、1935年にストレス学説を唱えたカナダの生物学者、ハンス・セリエ博士によって使われるようになってきたとされています。

悪いものとして考えられる場合が多いストレスですが、決して悪いだけのものではありません。

不安や不満といったストレスがなければ、頑張ろうという気も生まれませんし、疲れというストレスを感じずにいれば、過労で身体を壊すでしょう。

適度なストレスを感じることで生活にハリがもたらされ、自身の向上や生活の喜びにもつながるのです。

しかし、過剰なストレスが長期間にわたって蓄積されてくると、緊張や不安の方が先行してしまい、心身に大きな負担がかかってしまいます。

人間は生きている限り必ずストレスが降りかかるのもであり、生涯付き合っていくのもでもあります。

だからこそ、溜め過ぎないようにストレスとの付き合い方を見直していことが大切なのです。

ストレスが無いのは良い事?

ストレスは、しばしばマイナスイメージを持たれがちではありますが、決して悪いだけのものではありません。

ストレス学説を発表したハンス博士は、「ストレスは人生のスパイス」とも言っています。

ストレスという名の適度なスパイスが存在するからこそ、私たち人間は人生をより上手に料理することができるわけであり、それが自身の成長や生活面への充実につながってくるのです。

過剰なストレスは心身に支障を来たす恐れがありますが、ストレスを感じることは生きている証拠でもあるのです。

人は皆、何かしらのストレスを抱えたらり、受けたりしながら生き、そのストレスによって受けたダメージが一時的なものであれば、その後のストレスに打ち勝つための免疫能力が向上したり、抵抗力の強化という生態的メカニズムがあるとされています。

何の緊張感も持たずに漠然と過ごすだけの生活では、心身を鈍らせ退化させてしまうことにもなります。

つまり、ストレスがエネルギー源となって、より前向きな気持ちや行動力が培われると言えるでしょう。

ただし、適度なストレスは良薬であっても、過度なストレスが長く続くと抵抗力は限界にまで達し、エネルギーも消耗してしまい心身に影響を及ぼしてしまいます。

しかし、ストレスとは生きている限り避けることができないものですから、いかに上手く付き合えるかどうか、自身の生活を見直してみることが大切です。

心と体のバランスを維持するためにも、適度なストレスは必要であり、全く無いというのは必ずしも良いとは言えないでしょう。

ストレスの蓄積により悪化していく進行の段階とは

警告期

ストレスの状態には、「警告期」「抵抗期」「疲憊(ひはい)期」の3段階に分類することができ、順に悪化するとされています。

警告期とは、ストレスの第1段階であり、ほとんどの人は目立った自覚症状はなく、ストレスを受けているとは思っていない状態です。

しかし、精神的な疲弊は感じていないものの、体の方はひそかに警告を出している段階でもあるのです。

例えば、普段と変わらない生活なのにいつもより疲労感を感じる、イライラしたり肩こりが出てきた、血圧が上がったり下がったり不安定、物忘れやミスが多くなるといった症状です。

ストレスを感じると、体の反応としては血圧や体温、血糖値などに変化が見られ、それに対応するかのように副腎皮質や胸腺なだの働きが活発化します。

ほとんどの人の場合、ストレスを自覚せずにいつの間にか疲労感が取れ、このような体の症状も改善されていることが多いようです。

しかし、疲労が抜けずそのまま溜まってしまうと、体調が徐々に悪化し、次の段階へと進んでしまう恐れもあるので、初期の段階である警告期のうちに改善することが重要です。

今現在、ストレスで悩んでおられる方は、自分の状況がどういったものなのかを一度確認し、これ以上悪化しないよう適切な対処を行いましょう。

また、本人が症状に気付いていないようであれば、話を聞いてあげたり、休息をとらせてあげたり、周囲の方たちが温かくサポートするのも大切です。

場合によっては、専門家に相談させるなどの処置を薦めるのも悪化の予防になるでしょう。

抵抗期

第2段階である抵抗期は、ストレスから生じる様々な症状に気付きながらも、それに負けないようにと心や体が反発・抵抗し、無理をしてしまう時期です。

人間にはもともと適応能力というものが備わっており、たいていのストレスに対応できることで体が慣れてしまい、見た目は安定しているような状態を維持できます。

当然、本人もストレスを感じていることは分かっていますが、一時的に抵抗力がつく時期でもあり、かえって頑張ってしまいがちになります。

しかし、無理をすることによって、警告期の段階で感じていた疲れなどが興奮状態に変化したり、脱力感に襲われるといった症状に陥ることがあります。

例えば、仕事に必要以上に夢中になって休まなかったり、胃痛や動悸に悩まされたり、血圧の変化に異常がみられ、血糖値が高くなるなどといった症状が現れてきます。

この抵抗期に無理をしてエネルギーを消耗してしまうと、心身が耐え切れずに疲れ果ててしまいます。

周囲が労わりの言葉をかけても、イライラが積もるあまり、つい乱暴な言葉を浴びせてしまうこともあるでしょう。

ストレスは我々人間が生きていく限り、切っても切れない関係である以上、誰しもがいつこのようなストレス症状を抱えた状態になってもおかしくはありません。

周りの方たちは、言われて快くはないかもしれませんが、ストレスを抱えている本人がリラックスできるような対応を心がけていきましょう。

この時期は、無理をしないことが肝心であり、ストレスをできるだけ減らすことで病気になるリスクを軽減することができるでしょう。

疲憊(ひはい)期

第2段階の抵抗期までは何とか持ちこたえられたものの、この第3段階になってくると、本格的な病気に移行してしまいます。

疲憊期は、心身ともにまるで燃料を使い果たしてしまったかのように持ちこたえることができず、自分の力だけではどうにもしようがない時期です。

長期間続いたストレッサーに対抗することが不可能になり、徐々にこのストレッサーに対する反発力や抵抗力が失われてきます。

そうするとストレスに耐え切れず疲弊し、本格的に心身に病を来たす状態になってくるのです。

症状としては、「集中力がなくなり、物忘れが顕著になる」「何をするにも億劫になり、やる気が起きない」などといったケースがみられます。

また、睡眠障害、食欲不振や体重の減少、不安や罪悪感の抱え込み、ストレス性胃潰瘍や十二指腸潰瘍、心身症による糖尿病や高血圧、狭心症、偏頭痛、うつ病などの精神的疾患などといった、重い症状が現れ、さらにひどい場合ですと、自殺にまで追い詰められる場合もあります。

ストレスによって心身の状態がここまで悪化してしまうと、本人はもちろん、家族や友人といった周囲の支えだけではどうすることもできません。

そのため、この疲憊期にまで突入すると、専門医による医学的治療が必要となってきます。

このような状態になってしまう前に、少しでも早く警告サインを見逃さずキャッチし、ストレスの原因が何かを見つけ、次の段階に発展しないように食い止めることが大切です。

ストレスに強いの弱いの?個性同様ストレスにもtypeがあります。

ストレスに弱いタイプ

ストレスの受け止め方によっては、病気になるかどうかが違ってきます。

いわゆる、ストレスに弱い、溜め込みやすいというタイプは、真面目で几帳面、神経質な人が多いと言われています。

真面目で几帳面な人の中には、完璧主義の傾向が見られるケースもあり、真面目に頑張り過ぎるあまりに、融通が利かずストレスを感じやすいとも言われています。

また、神経質な人には怒りっぽいという特徴が見受けられることがあり、些細な事であってもすぐに気にかかってストレスが溜まりやすいようです。

何かと心配することが多い人は、情緒不安定になりやすく、それがストレスになってしまうこともあります。

さらに、周囲に気を使い過ぎる人も要注意です。

人から何かを頼まれた時に、やりたくない、できそうもないのに断ることができなかったり、「相手に申し訳ないから・・・」と、したくもない付き合いをしてストレスを感じてしまうのです。

このような性格の人たちは、一般的にストレスに弱いタイプと考えられています。

また、疲労が溜まっていたり、病気で体が弱っていたりすると、いつもより風邪を引きやすくなる場合がありますが、これは自律神経系や内分泌系の働きが低下し、ストレスに対する抵抗力が衰えるためです。

生まれつきストレスに対する耐性が弱い体質の人もいますが、その時々の体力や健康状態によっても左右されることもあります。

幼い頃からすぐに熱を出したり、胃腸が悪くて下痢をしやすかったり、あるいは、日頃から頭痛持ちであったり、便秘や生理不順に悩まされたりと体に不調を抱えている人などは、体質的にストレスに耐えられないということもありえるでしょう。

ストレスに強いタイプ

現代社会はストレス社会とも言われており、あらゆる場面でストレスにさらされ、体調を崩す方も多くいます。

しかし、ストレスはその状況によって様々ですが、大きなストレスにも適応できるという人も存在しています。

一般的に、ストレスに強いタイプとされているのが、何に対しても寛容で柔軟性があるとされています。

努力は怠らないけれども、完璧を極めるということえはなく、物事がある程度納得いくまでできればOK、という考えを持っている傾向にあるようです。

例えば、人から何かを頼まれても、無理であれば断ることができ、自分や人の間違いも「仕方がない」と割り切れるタイプです。

また、行動的で人との付き合いを負担に感じない、あるいは、あれこれと考え込むタイプではなく、今その場にある現実をそのまま受け止められるような人は、比較的大きなストレスを感じず適応しやすいようです。

考え方によっては「自己中心的」とも捉えられますが、大局的に見れば、寛容で積極的なタイプの人は、何かトラブルに遭遇してもそれを脅威や苦痛ではなく、何か取り組み甲斐のあるものとして捉え、柔軟性をもって応えることができます。

このような人たちは、ストレス強いタイプと言え、反対に、ストレスに弱いタイプは、これら全てが逆と言えるでしょう。

ぶつかった困難を苦痛としかみなせず、いやいや物事をこなし、さらにストレスを溜めてしまいがちです。

また、ストレスに強いタイプの人は、ストレスを感じても、どうやってそれを克服できるのかを自身で分かっている人が多いようです。

ストレスの種類

物理的なストレス

自然に代表される暑さや寒さ、季節環境に限らなくとも冷暖房による寒暖の変化など、肌で感じるものは物理的ストレスとして分類することができます。

この他にも、生活環境の変化から受けるストレス、例えば、転勤や引越しで生活場所や通勤スタイルが変わることで、車通勤が電車通勤になってしまった、電車に乗る時間が以前よりも増えた、などがストレスの要因となることもあります。

また、飛行機に乗る際など、気圧の変化も環境から生じる物理的ストレスとみなされたり、他にも騒音や薬物、出血や手術なども要因となり、肉体的ストレスとも呼ばれることがあります。

この物理的ストレスは、時として心理的ストレスを引き起こす要因となるリスクをはらんでおり、油断できない存在でもあります。

例えば、冬になると寒さで体の節々が痛くなるといった、寒さで変化が生じる部分が気になって外出する機会が減ったなどという場合も、物理的ストレスが引き起こした心理的ストレスと言うことができるでしょう。

さらに、騒音がひどくて眠れないといった場合も、不眠や睡眠障害という心理的ストレスを招いてしまいます。

ただし、季節的なものは、その時期が過ぎ去れば気にならなくなるといったケースも多いので、それほど注意が必要ということではないでしょう。

あくまでも、物理的ストレスは、心理的ストレスを引き起こすきっかけに過ぎません。

心理的・精神的なストレス

現代社会において、最も多いストレスが心理的・精神的なものではないでしょうか。

仕事や家事、人間関係などが原因となっているものです。

例えば、物事の失敗や挫折、病気や将来への不安、別居や離婚、離別、経済的困窮、家族や友人、恋人の喪失など様々なものが挙げられます。

心理的・精神的ストレスは、比較的長い期間にわたってそのような状態に陥ってしまうため、ストレスの度合いも大きくなってしまいます。

そのため、気持ちの切り替えがどれだけ早くできるかどうかが、この心理的・精神的ストレスを乗り越えられるかどうかのポイントになるでしょう。

ただし、物理的ストレスもこの心理的ストレスを誘発してしまうこともありますが、どちらも体に対する作用的なものは同じとされています。

重要なのは、ストレス化が短時間す済むか、あるいは長時間にわたるものなのかということです。

例えば、寒い中で長時間さらされているのも十分なストレス環境に当たり、同時に精神的ストレスを引き起こしてしまっているということにもなるのです。

心理的・精神的なものが要因となるストレスは、生活環境や性格などの違いから、人によって受け止め方が異なり、体に現れる症状も違ってきます。

そのため、原因はこれだという判断が非常に難しく、原因不明の病気にもかかりやすいというふうに言われています。

この心理的・精神的ストレスが、近年よく聞くようになった「うつ病」や「抗うつ病」などの最も有力な原因として挙げられています。

仕事や人間関係など、自分が苦手な分野に長時間さらされてると、自然と体が拒絶反応を示し、このような心理的・精神的ストレスに陥ってしまうのです。

こういったことを避けるのはなかなか難しいことですが、どれだけ早く自分の気持ちを切り替えられるかが大切になってくるでしょう。

生物学的なストレス

生物学的なストレスとは、細菌やウイルス感染、疲労、睡眠不足、妊娠、出産、生理、病気、怪我などが挙げられますが、これらは環境によるものであり、自分で避けるこることができたり、第三者によって対処することが可能です。

例えば、人間にはそもそも外部からの異物の侵入を防ぐ機能が備わっています。

ウイルスや細菌などはどこにでも存在するものであり、我々の生活はこのようなものに常にさらされていますが、病気にかからず元気に生活できるのはこのような機能が正常に働いているためです。

しかし、体調が優れない時には病気になりやすく、夏バテで食欲がなく体力が落ちている時、あるいは睡眠不足が続いて抵抗力が低下してしまっている状態の時などは、細菌やウイルスの影響を受けやすいでしょう。

また、花粉も生物学的なストレスに挙げられ、毎年花粉の季節になると花粉症を発症してしまい、目が痒くなったり、鼻詰まりや頭痛などで辛く苦しい思いをすると、それがストレスとなってしまいます。

花粉症の症状が出る前であっても、「そろそろ花粉の季節が来た・・・」と考えるだけでストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

また、ストレスとうつ病に関してですが、生物学的なものが要因のストレスはうつ病の前の段階である自律神経失調症になった時に免疫力が弱まったり、病気になりやすいということに関わってきます。

ただし、ウイルスや細菌がうつ病に直接関係してくるというわけではありません。

科学的なストレス

ストレスの種類は様々ですが、近年問題にされるようになってきたのが化学的なものによるストレスです。

化学的ストレスとは、ホコリ、細菌、花粉などの空気汚染、お酒やタバコの嗜好品、食事、騒音、薬などが原因となっているものです。

お酒は昔から娯楽として親しまれてきましたが、飲み過ぎは体に毒ということもあり、体に負担をかけてしまっていることもあります。

また、禁酒やアルコール依存症などで飲みたいという欲求を抑えることでも大きなストレスが発生してしています。

タバコに関しては、禁煙を試みることでイライラが募ったり、喫煙者でない人が受動喫煙に遭うことで溜まるイライラもストレスの原因となります。

薬は病気を改善するために必要なものではありますが、その反面、副作用というリスクがあることを忘れてはいけないでしょう。

通常の風邪薬などは大した副作用もなくそれほど心配も要りませんが、睡眠薬、抗鬱剤、精神安定剤などといった薬には大きな副作用のリスクがあるとされています。

さらに、薬は中毒性もあるために、一旦飲み始めると止めるのが難しいという現象に陥ってしまいがちです。

その状態でストレス的精神疾患に冒されているにも関わらず、実際はその薬のせいで精神的疾患を患っているのだと分かっても中毒性が高いため、止めるには専門のカウンセリングを受けたり、施設に入ったりすることが必要な場合もあるのです。

偏った食事による栄養の過剰・不足も、ストレスに耐えられない体になってしまうと懸念されています。

ファストフードやレトルト食品、ジャンクフードなどを食べ過ぎると栄養バランスが悪く、肉体的にも精神的にも満たされることが無く、ストレスに対する耐性が備わらなくなってしまうとも言われています。

つまり、体の中に取り入れたものが化学変化を起こしたり、あるいは、外部からの刺激でホルモンが分泌されたりと、人間の体内では常に化学変化が起こっているわけですが、この化学変化が偏り過ぎてしまうと、体はストレスを感じるようになるのです。

社会的なストレス

社会的ストレスの要因には、実に様々なものがあります。

経済的不況からくる失業や就職難、職場における責任や転勤、人間関係、また、核家族化が進む中での家庭環境、進学や成績不振、転校などの学校問題、高齢化社会における介護問題など、現代社会とストレスは切っても切れない間柄にあります。

最近は、セクハラやパワハラ、いじめといった問題から生じるストレスも社会的な要因として扱われています。

特に適応障害が生じるケースが多いのは、職場におけるストレスが要因となったものだと言われています。

仕事の成否や人間関係、配置転換やリストラ、あるいは、一般的には喜ばしいことである昇進や昇給なども、責任の増大という変化がストレスにつながることもあります。

他の人にとっては些細な問題が、自分自身には重く大きな問題としてのしかかり、それがストレスへと発展してしまうことが多いようです。

「他人とうまくやろう」「他の人に迷惑をかけてはいけない」「問題を大きくしたくない」という気遣いから本当のことを言えず、大きなストレスを抱え込んでしまい、挙句体調を崩してしまう人が急増していると言われています。

確かに、人間が世間でうまく生きていくには、社会的な要望に対応しようとするのは必要でもあります。

しかし、そのような中での重圧から逃れられず、病気になったり、ひどい場合には自殺してしまったり、本人にもその家族にとっても不幸な結末を招いてしまいます。

たまには息抜きをして、自分を追い詰め過ぎないことが大切です。

また、人によって社会的ストレスの受け止め方は様々であるため、同じ局面に遭ったからといって、全ての人が同じようにストレスを感じたり、適応障害を発症するわけではありません。

関連記事

ストレスが原因で発症する色々な病気

ストレスが原因で発症する色々な病気をご紹介しています。

ストレスと病気の関係 近年は、様々な病気の原因の一つとしてストレスが大きく取り沙汰されるように

記事を読む

ストレス解消の色々な方法

ストレス解消の色々な方法をご紹介。注意点も参考にストレス発散!

スポーツ ストレス解消法で最も有効だと言われているのはスポーツで体を適度に動かすことです。過度

記事を読む

ストレスが原因の軽度な症状

ストレスが原因の軽度な症状をご紹介

手足のシビレ 手足にしびれを感じるのは、主に血行不良や神経過敏が大きく影響していると考えられて

記事を読む

慢性疲労に疲労回復サプリメント

慢性疲労に疲労回復サプリメントをご紹介!

合わせてご覧下さい 慢性疲労を解消する有効な方法を数多くまとめています。 他にも    ・

記事を読む

ストレス潰瘍の症状

ストレス潰瘍の症状・原因・治療・検査についてご紹介!

ストレス潰瘍の症状・原因・治療・検査 こちらでは、ストレス潰瘍の症状・原因・治療・検査などにつ

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑