*

軟性線維腫の症状・原因・治療について

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 皮膚


軟性線維腫は皮膚上にできる腫瘍のひとつです。
ここではこの軟性線維腫について見ていきましょう。

軟性線維腫の症状

軟性線維腫は皮膚に生じた小型の腫瘍で、それほど大きくはありません。

皮膚と同色、あるいは少し濃い色であまり目立たないこともあります。

軟性線維腫はたんぱく質のひとつであるコラーゲン繊維、皮膚に包まれた血管などで構成されます。

太い、もしくは細い柄によって、皮膚に定着しています。

脇の下やまぶた、股間、乳房、首などにとくにできやすく、痛みはともないません。

中高年、特に更年期を経過した女性にあらわれやすく、一般的に年を取るほど発症しやすくなると言われています。

その特徴から、加齢の影響による皮膚の変化だと考えられています。

そのほか、肥満傾向にある人の摩擦が多い部分に生じやすいため、物理的な刺激の影響もあると言われています。

糖尿病患者や妊娠中の女性に生じやすいこともわかっています。

軟性線維腫の原因

なぜ軟性線維腫ができるのかという原因は、はっきり解明されているわけではありません。

しかし、摩擦の影響は以前から指摘されています。

軟性線維腫は脂肪が重なった場所、ブラジャーの紐付近などにできることが多いとされています。

皮膚と皮膚、あるいは衣服とこすれる場所が軟性線維腫の多発箇所なので、摩擦との関連性はあると言えるのです。

性器イボの原因でもある乳頭腫ウイルスの影響も指摘されています。

さらに、糖尿病患者の特徴であるインスリン耐性、妊娠中のホルモン変化なども関係していると考えられています。

軟性線維腫の診断

軟性線維腫の疑いがある場合は、皮膚科医の診察を受けることになります。

ただし、目の周辺に腫瘍ができた場合は、眼科医の診察を受けたほうがいいでしょう。

ほとんどの医療機関では、診断は視診を中心に行われます。

軟性線維腫に似た症状でも、イボやほくろ、そのほかの無害な腫瘍も多くあります。

より精度の高い診断が必要な場合は、軟性線維腫の一部を採取して検査室に送付し、調べてもらうことになります。

場合によっては皮膚癌がんが軟性線維腫のように見えることもありますが、このケースはほとんどありません。

また、同じくまれですが、軟性線維腫がホルモン障害の予兆であることもあります。

軟性線維腫の治療

軟性線維腫の多くは、特別な治療は必要ありません。

皮膚と衣服の摩擦がなければ、痛みもともなわないため、日常的な支障も少ないでしょう。

摩擦が起きると赤みを帯び、ひりひりとした痛みが生じます。

軟性線維腫にこういった痛みが生じた場合は、医師に相談したほうがいいでしょう。

軟性線維腫が目立つのが気になり、美容上の理由によって除去したいという人もいます。

そういった場合は取り除くための処置が行われますが、ほとんどの場合は保険適用外となるので注意が必要です。

取り除くための方法はいくつかあり、電流で焼く、液体窒素で凍結する、ハサミなどの道具をつかって切除するといった方法が一般的です。

たくさんの軟性線維腫が同時に生じている場合、あるいは軟性線維腫が大きい場合は、痛みを軽減するために麻酔クリームなどが用いられることもあります。

処置に要する時間は場合によりますが、短時間で済むことがほとんどです。

医師によって処置された場合、剥がれ落ちるまでに何日かかかる場合があります。

また、完璧に取り除いたとしても、再発か別の場所に生じることもあり得ます。

処置は危険が少ないですが、出血が起こることもあり、また感染することもないわけではありません。

自分で行う人もいますが、出血や感染のリスクが高まるので、医師にしてもらったほうがいいでしょう。

ハーブ系サプリメントなど、薬剤を普段から飲んでいる人は、その旨を医師に言っておくと安心です。

ハーブや薬剤の種類によっては、取り除いたあとの出血量が多くなることがあります。

軟性線維腫を取り除いたあとのケアに関しては、医師に相談するようにしましょう。

関連記事

伝染性膿痂疹(とびひ)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

伝染性膿痂疹(とびひ)とは 伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)は、皮膚の感染症の一種で

記事を読む

『あせも』はこーして予防せよ!おススメの市販薬は?

あせもになってわかった「これがあせもの原因だ!」 「あせも」をしてみてから、初めて知ったのだけ

記事を読む

爪甲下出血の症状・原因・治療について

爪甲下出血は、その名が示すように爪の下に生じた出血のことを言います。 ここではその症状や原因に

記事を読む

伝染性紅斑の症状・原因・治療について

伝染性紅斑は主に学童期にかかる、急性ウイルス性疾患です。 両方の頬が赤みを帯びてリンゴのように

記事を読む

肥厚性瘢痕の症状・原因・治療について

肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)は、外傷が治ったあとに残るあとのことを指します。 肥厚性瘢痕は

記事を読む

帯状疱疹の症状・原因・治療について

帯状疱疹は水ぼうそうの原因ともなる水痘・帯状疱疹ウイルスの影響で起きる病気です。 それでは帯状

記事を読む

蜂窩織炎(蜂巣炎)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

蜂窩織炎(蜂巣炎)とは まず、蜂窩織炎は「ほうかしきえん」と読み、蜂巣炎は「ほうそうえん」と読

記事を読む

老人性血管腫の症状・原因・治療について

ほくろは本来は黒色ですが、赤い斑点のようなものが肌にできることがあります。 これは老人性血管腫

記事を読む

ブユ刺症の症状・原因・治療について

夏には多くの虫が活発になりますが、そのひとつがブユです。 このブユに刺されると、さまざまな症状

記事を読む

肛門掻痒症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門掻痒症とは お尻の穴の肛門(こうもん)に起こるかゆみに悩まされている人は630万人いるとさ

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑