*

嗅覚障害の原因・症状・治療・予防

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 鼻の病気 , , , ,

嗅覚障害の原因

嗅覚障害の概略や原因について

においが解るのは、空気中に漂っているにおい物質が鼻の中に吸いこまれ、鼻の中一番奥にある嗅上皮という部分に触れます。
それを電気信号として神経により大脳の中の嗅球といわれる部分に伝え、においとして認識されます。その一連の流れの中のどこかに支障をきたした時に臭覚障害が現れます。

嗅覚障害の症状について

主な障害
(1)呼吸性嗅覚障害におい物質が何らかの理由で嗅上皮まで届かない状況がある場合の障害で、これを呼吸性嗅覚障害といいます。
アレルギー性鼻炎や、副鼻腔炎、鼻茸、鼻中隔湾曲症などで、鼻汁で鼻がつまって鼻の中のにおい物質が嗅上皮までに達しない場合です。

(2)嗅粘膜性嗅覚障害におい物質が触れても嗅上皮が、信号を送らない状況の障害です。
鼻の中の嗅上皮の細胞が何らかの感染によって機能しなくなったり、外傷的な理由でも機能しなくなる事があります。

(3)中枢神経性嗅覚障害嗅上皮から信号が送られても、その途中や脳がその信号を分析できない障害です。
脳腫瘍や脳挫傷などの外傷などでなります。

(4)その他嗅上皮や神経、脳は、とても繊細なものですので、精神的な理由やアルツハイマー病など様々な原因で障害がおきる事があります。
臭覚障害を感じたときには、なるべく早めに検査を受け、原因を見つけることが大事です。
その上で、原因を治療する事で臭覚障害も改善してきます。
検査としては前鼻鏡検査、後鼻鏡検査、レントゲン検査、静脈性嗅覚検査、CT検査、MRI検査、基準嗅覚検査など様々な検査があります。

嗅覚障害の予防や治療法について

臭覚障害を感じたときには、なるべく早めに検査を受け、原因を見つけることが大事です。
その上で、原因を治療する事で臭覚障害も改善してきます。
検査としては前鼻鏡検査、後鼻鏡検査、レントゲン検査、静脈性嗅覚検査、CT検査、MRI検査、基準嗅覚検査など様々な検査があります。

関連記事

蓄膿症の改善

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の原因・症状と改善・治療・予防のまとめ

> 蓄膿症(慢性副鼻腔炎)とは、正式には副鼻腔炎といって副鼻腔が、炎症を起こし膿が溜まって頭痛

記事を読む

鼻出血(鼻血)を詳細に:原因,種類,症状,検査,治療,予防など

鼻出血とは(概要) 鼻出血は「びしゅっけつ」、鼻血は「はなぢ」と読みます。 鼻の粘膜や血

記事を読む

鼻せつの原因

鼻せつの原因・症状・治療・予防

鼻せつの概略や原因について 鼻せつというのは、鼻孔の内側の付近にできる「はれもの」または「おで

記事を読む

鼻茸の原因

鼻茸を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鼻茸は「はなたけ」と読み、副鼻腔(ふくびくう)粘膜または鼻腔粘膜から発生する炎症性増殖性の腫瘤(

記事を読む

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

薬物性肝障害を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬物性肝障害とは 薬物性肝障害(やくぶつせいかんしょうがい)とは、医療機関の

→もっと見る

PAGE TOP ↑