*

ウイルス性肺炎の原因・症状・検査・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/06 肺・気管支の病気, 肺炎

ウイルス性肺炎
ウイルス性肺炎(ういるすせいはいえん)とは、ウイルス感染により発症する肺炎のことをいいます。
ウイルス自体が肺炎を引き起こすケース、ウイルスと細菌が一緒に感染し引き起こされるケース、ウイルスに最初に感染し、次いで細菌が肺炎を引き起こすケースとがあります。
なお、割合としてはウイルスだけに感染して肺炎に至るケースよりも、細菌感染と混合した形での肺炎のほうが高くなっているのが特徴です。
そのほか、ウイルス性肺炎は体外から肺の内部にウイルスが入り込んで感染するケースと、先天的に体内に生息していたウイルスが肺の内部で増殖するケースがあります。
また、ウイルス性肺炎といっても、たとえばインフルエンザウイルスが原因の肺炎の場合はインフルエンザウイルス肺炎といった具合に、原因となるウイルスが明確になった際にはウイルスの名称が肺炎の前に入ることになるのが普通です。

ウイルス性肺炎の原因

体外から肺にウイルスが侵入し炎症が生じる外因性ウイルスと先天的に肺の内部にいたウイルスが増殖し肺炎を発症する内因性ウイルスの2種類があり、さらに外因性のものは風邪症候群を引き起こすウイルスと、発疹の症状が引き起こされる病気を招くウイルスが存在しています。
まず、風邪症候群を引き起こすウイルスですが、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、SARSといった種類があり、なかでも割合が高いのはインフルエンザウイルスです。
次に発疹を引き起こす病気を招くウイルスですが、麻疹ウイルスや水疱ウイルスを挙げることができます。
そして内因性ウイルスに関しては、サイトメガロウイルスがおもな種類として挙げられます。
驚くべきことに、ほとんどの成人がこのウイルスを持っているとされていますが、通常時は悪さをすることなく体内で息を潜めています。
これが免疫力が低下すると暴れ出し、増殖することによってウイルス性肺炎を引き起こしてしまうのです。
また、ウイルス性肺炎は合併症にも注意しなくてはいけません。
糖尿病や高血圧症による心臓病、心臓弁膜症といった病気がある人、お腹のなかに子供がいる人、風邪症候群を罹患したあと、風邪症候群のウイルスが原因で肺炎を発症しやすくなることから、細菌性肺炎が共に引き起こされるケースがあります。

ウイルス性肺炎の症状

ウイルス性肺炎は原因別に引き起こされる症状が違うのが特徴です。
まず、風邪症候群のウイルスが原因のものの場合、咳、痰、鼻水、鼻詰まり、のどの痛み、くしゃみ、全身倦怠感、発熱、頭痛、腰痛といった症状が引き起こされてしまい、重度の場合は高熱、呼吸困難、チアノーゼ、胸の痛みといった症状もあらわれます。
また、心臓弁膜症の患者がこの原因による肺炎を招いた場合、血痰、浮腫、尿量減少といった症状が引き起こされます。
水疱が原因の場合、からだじゅうに水疱が生じるほか、高熱、血痰、口腔粘膜のただれ、呼吸困難といった症状があらわれます。
そのほか、サイトメガロウイルスによる肺炎の場合、発熱や呼吸困難、チアノーゼといった症状が引き起こされるのが特徴です。

ウイルス性肺炎の検査・診断

この病気かどうか調べるためには、胸部X線検査がおこなわれます。
特徴的な陰影があることを確認し、さらには血液検査で白血球数増加、CRP値の上昇、赤沈亢進といった炎症の有無を証明する異常があるかを調べます。
そしてウイルス性肺炎の原因となっているウイルスを特定するため、免疫血清学的検査、痰を採取しウイルスを培養して様子をみる検査もおこなわれます。

ウイルス性肺炎の治療方法

ウイルス性肺炎に対しては、抗ウイルス薬を使用する治療方法が一般的です。
ただ、風邪症候群により引き起こされるものに対して抗ウイルス薬がないという理由から、対症療法がメインになります。

ウイルス性肺炎の予防方法

もっとも割合の高いインフルエンザウイルス肺炎、麻疹ウイルス肺炎に関しては予防接種を受けることが大切です。
また、日頃から風邪症候群にかからないよう、生活習慣を改善するのもウイルス性肺炎の予防に効果的でしょう。

関連記事

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大きな子供で、肺

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほう

記事を読む

器質化肺炎の原因・症状・検査・治療

間質性肺炎に症状がよく似ていますが、器質化肺炎は肺胞腔に炎症がおき、肺胞腔の線維化や一部で肺胞間

記事を読む

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ病気のこと

記事を読む

石綿肺の原因・症状・治療

石綿肺 どんな病気(概要) 石綿肺(せきめんはい)とは、じん肺の一種のことをいいますが、じん肺

記事を読む

肺炎の検査と治療について

肺炎かもしれない場合の検査には何があるのか、どういった治療が行われるのかについて解説していきます

記事を読む

風邪に効く漢方薬のご紹介!

市販の漢方薬には風邪に良いものもあります。 漢方薬は即効性が見込めますし、副作用の心配が比

記事を読む

肺動脈性肺高血圧症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肺動脈性肺高血圧症とは 人間が生命を維持するには、息をして大気中の酸素を肺から体内に取り込

記事を読む

非結核性抗酸菌症(NTM感染症)の原因・症状・治療

非結核性抗酸菌症(NTM感染症)とは まず、非結核性抗酸菌症は「ひけっかくせいこうさんきんしょう」

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑