*

肺アミロイドーシスの原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 肺・気管支の病気

肺アミロイドーシス
まず、アミロイドーシスとは、アミロイドたんぱくという特殊なたんぱく質が体のさまざまな臓器に沈着し、全身に機能障害を引き起こす病気のことをいいます。
なお、全身に病気が引き起こされることをオーシスといい、アミロイドとオーシスを組み合わせてアミロイドーシスという言葉になっています。
この病気は厚生労働省の特定疾患として難病指定されていて、医療費の自己負担分に関しては公費による補助の対象となっています。
肺アミロイドーシスという場合、アミロイドたんぱくが呼吸器系の組織に沈着し、さまざまな呼吸器症状があらわれます。
いまはさまざまなアミロイドたんぱくが存在していることが明らかになっており、沈着が全身にあり、その一部として呼吸器にも認められるケースと、呼吸器だけに沈着があるケースとでいろいろな種類があります。
なお、全身のものに関しては、原発性、骨髄腫合併(こつずいしゅがっぺい)、血液透析関連、炎症関連性、家族性、老人性のアミロイドーシスを挙げることができます。
一方、呼吸器だけのものに関しては、気管気管支型、上部呼吸器型、肺野結節型(はいやけっせつがた)、肺野びまん性肺胞中隔(ちゅうかく)型のアミロイドーシスが挙げられます。

原因

繊維構造を有する特殊なアミロイドたんぱくは、免疫グロブリンと呼ばれる体外から侵入してくる異物を撃退する役割を果たす物質により産生されていると考えられています。
しかしながら、免疫グロブリンによってつくり出されているからといって、なぜ肺にアミロイドたんぱくが沈着するのかという謎は解明されていません。
ただ、肺炎などの異常があるところにアミロイドたんぱくが沈着する割合が高いとされてはいます。

症状

主な症状としては、咳(せき)、肺や気管支からの出血を意味する喀血(かっけつ)、単に血が混ざる血痰(けったん)ゼーゼー声になる喘鳴(ぜんめい)、ガラガラ声になる嗄声(させい)、発熱、呼吸困難などを挙げることができます。
ただし、こうした呼吸器の症状は中枢気道が病気におかされている場合であり、抹消の肺だけに病気が引き起こされている場合には、これといった症状が引き起こされることはまずありません。

検査と診断

肺アミロイドーシスかどうかを調べるためには、X線検査やCT検査を行うだけで診断を確定することはできません。
肺アミロイドーシスを引き起こしているのではないかという可能性がある場合、性格に調べるために肺の組織を部分的に採取する開胸(かいきょう)肺生検、気管支鏡(きかんしきょう)検査を行い、病理組織学的調査を顕微鏡で行う必要があります。
その結果、アミロイドたんぱくの沈着が認められれば、肺アミロイドーシスと診断が下されることになるのです。
なお、沈着を起こしている部分は弱く、出血を起こしやすい状態になっていることから、検査は慎重に行われることになるでしょう。

治療の方法

一口に肺アミロイドーシスといっても、アミロイドたんぱくの沈着が全身にあり、その一部として呼吸にも認められるもの、そして呼吸器のみに沈着が起こっているものがあります。
これらのどちらかによって、選択される治療方法は異なるのです。
まず、沈着が全身にあり、その一部として呼吸器にも沈着がある場合には、全身性疾患の治療が優先的に行われる形になります。
呼吸器だけにアミロイドたんぱくが沈着しているものの場合、肺炎を引き起こしていればまずそちらの治療を行います。
呼吸器のみのものは限局性の肺アミロイドーシスといいますが、レーザー焼却法や内視鏡下手術、外科的治療方法が選択されることもあります。
なお、薬による治療に関しては、肺アミロイドーシスに対し劇的な効果が望めるものは現状においてありません。

関連記事

気胸の症状・種類・検査・治療

こちらでは、気胸という病気についてご紹介しています。 その名前すら、今まで聞いたことが無い方も

記事を読む

肺炎の検査と治療について

肺炎かもしれない場合の検査には何があるのか、どういった治療が行われるのかについて解説していきます

記事を読む

肺炎の検査と治療について

肺炎かもしれない場合の検査には何があるのか、どういった治療が行われるのかについて解説していきます

記事を読む

「風邪」というのは病名?

まず最初に結論を述べますが、風邪は病名ではありません。 びっくりしたかもしれませんが、病院

記事を読む

誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因・症状・検査・治療

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、日本においては吸入性(きゅうにゅうせい)肺炎や誤飲(ごいん

記事を読む

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大きな子供で、肺

記事を読む

器質化肺炎の原因・症状・検査・治療

間質性肺炎に症状がよく似ていますが、器質化肺炎は肺胞腔に炎症がおき、肺胞腔の線維化や一部で肺胞間

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

最も気をつけたい子供の肺炎とお年寄りの肺炎

子供の肺炎 肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大

記事を読む

肺ランゲルハンス細胞組織球症の原因・症状・治療

肺ランゲルハンス細胞組織球症(はいらんげるはんすさいぼうそしききゅうしょう)とは、肺や気管支の壁

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑