*

風邪に効くツボで風邪対策!

公開日: : 最終更新日:2015/09/20 肺・気管支の病気


ボ押し健康法の中には、風邪対策に適しているものも複数あります。

今回は何種類か風邪にいいツボを紹介しますので、以下に記載してあるやりかたを参考にツボ押しを実践してみましょう。

天突(てんとつ)

左右の鎖骨の真ん中あたりを探ってみるとくぼみがあることが分かりますが、その部分が天突のツボです。

このツボはのどの痛みを楽にしたり、せきを止めたりすることに役立ちます。

天突の押しかた

1.3秒かけてゆっくりやさしく押す
2.3秒かけてゆっくりやさしく離す
3.押す・離すを1セット、1回あたり2セット繰り返す。

感冒点(かんぼうてん)&合谷(ごうこく)

感冒点と合谷はのどの痛みがツライ人におすすめのツボです。

親指と人差し指の骨の付け根のあいだに位置しているツボで、感冒点は手のひら側に、合谷は感冒点の真裏(手の甲側)に位置しています。

感冒点&合谷の押しかた

1.感冒点に人指し指を、合谷に親指を当てる
2.両方のツボを痛気持ちいいぐらいの力加減で十分に挟みもみする。

印堂(いんどう)

眉間の真ん中に位置しているツボで、鼻水の症状が気になっている人が押すのに向いています。

印堂の押しかた

1.中指の先を印堂にあてる
2.鼻の側(下方向)に力を向けることを意識し押圧する
3.60秒程度押圧する。

天柱(てんちゅう)

風邪で鼻のとおりが悪いと感じる人、頭が痛いと感じる人が押圧するのに適しているツボです。

背中側の首、髪の毛の生え際のところには太い筋肉が2本存在しているのですが、この筋肉の横にある左右のくぼみに天柱は位置しています。

天柱の押しかた

1.3秒間かけて押圧する
2.3秒間かけて離す
3.これを1セットとして何度か繰り返す。

風府(ふうふ)

風邪の初期症状が出た場合に押圧するのがおすすめのツボです。

後頭部側の首、背骨の終点にあるくぼみに位置しています。

【風府の押しかた

1.親指をツボに当てる
2.5秒間ほど押圧して指を離す
3.これを1回とし5~10回行う。

魚際(ぎょさい)

たんの症状で不快な思いをしている人が押すのに適しているツボです。

親指の付け根にはふくらんでいる部分がありますが、そのふくらみの真ん中に位置しています。

魚際の押しかた

1.親指をツボに当てる
2.ゆっくり息を吐きながら徐々に少し痛いぐらいの力加減で押圧していく
3.ゆっくり息を吸い込みながら指の力を抜いていく
4.これを1回とし、7回ほど繰り返す

関連記事

薬剤性肺炎の原因・症状・検査・治療

薬剤性肺炎(やくざいせいはいえん)とは、ほかの種類の病気にかかっている場合に使用された薬剤により

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

リンパ脈管筋腫症(肺リンパ脈管筋腫症)の原因・症状・治療

リンパ脈管筋腫症(りんぱみゃくかんきんしゅしょう)・肺リンパ脈管筋腫症(はいりんぱみゃくかんきん

記事を読む

「風邪は万病のもと」と言われるのは何故?

ことわざに「風邪は万病のもと」とあり、見聞きしたことがある人も多いでしょう。 ただ、どうし

記事を読む

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態のことです

記事を読む

慢性血栓塞栓性肺高血圧症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

慢性血栓塞栓性肺高血圧症とは 人間が生命を維持するためには、息をすることで肺から大気中の酸

記事を読む

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)の原因・症状・治療

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)とは 心臓から肺へと血液を送り込む血管の肺動脈(はいどう

記事を読む

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほう

記事を読む

誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因・症状・検査・治療

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、日本においては吸入性(きゅうにゅうせい)肺炎や誤飲(ごいん

記事を読む

肺ランゲルハンス細胞組織球症の原因・症状・治療

肺ランゲルハンス細胞組織球症(はいらんげるはんすさいぼうそしききゅうしょう)とは、肺や気管支の壁

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑