*

薄着の習慣で風邪予防!

公開日: : 最終更新日:2015/09/19 肺・気管支の病気


風邪をひかないカラダを手に入れるには、薄着を習慣化することをおすすめします。

今回はなぜ薄着習慣が風邪予防にいいのかを解説していきますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

薄着を習慣にすることで起こるカラダの変化

薄着を心がけていると、体温の調節機能が改善し、気温の変化にカラダが柔軟についていけるようになります。

また、自律神経も整い、風邪に対する抵抗力もアップするのです。

一方、日頃から厚着ばかりしていると、こうした恩恵が受けられないだけでなく、体温の調節が上手くいかず気温の変化に順応できなくなりますし、自律神経のバランスも整いにくく、風邪に対する抵抗力も失われてしまいます。

どのぐらいの薄着をすればいい?

暑いと感じるほど着込んでいるのは論外です。

黙っていて不快な暑さや寒さを感じない程度の薄着にしておくと良いでしょう。

また、冬場は外と中の気温差が大きく、外に行くときにはアウターを着込む人がほとんどです。

この状態で中に移動すると、暖房がきいていて暑いと感じることがあります。

着込んで過度に暖かい状態を放置していると、体の熱を放射する反応が強くなり、反対に冷え込みやすくなってしまうのです。

そしてこれにより体温が下がってしまうと、風邪に対する抵抗力がダウンしてしまいます。

以上のことから、寒い外から暖かい室内へと移動した際には、アウターを脱いで不快な暑さを感じないようにしましょう。

子どもの場合はどうする?

保護者が小さい子どもが着る服を選びますが、大人と同じ感覚だと着る枚数が多過ぎる場合があります。

子どもは大人と比較して体温が高いですし、元気いっぱいに動きまわるのが特徴です。

一つの目安として大人より着る枚数を一枚減らしたほうがいいといわれることが多いですが、参考情報として頭に入れておくと良いでしょう。

おわりに

既に述べたように、厚着の習慣がある人は薄着の習慣がある人に比べ、風邪をひきやすいのが特徴です。

頻繁に風邪をひくのが気になっている人の場合、厚着習慣になっていないか見直してみましょう。

関連記事

「風邪は万病のもと」と言われるのは何故?

ことわざに「風邪は万病のもと」とあり、見聞きしたことがある人も多いでしょう。 ただ、どうし

記事を読む

MRSA肺炎の原因・症状・検査・治療

メチシリンは、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAにはMRSA用の特別な抗菌

記事を読む

肺寄生虫症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肺寄生虫症とは 肺寄生虫症(はいきせいちゅうしょう)とは、肺に寄生虫が侵入することによって起こ

記事を読む

肺がんと原因・症状・検査・治療

肺ガンは悪性度が高く、死亡者数が最も多いガンです。 しかし、肺ガンは進行すると治りにくい反面、

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大きな子供で、肺

記事を読む

慢性血栓塞栓性肺高血圧症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

慢性血栓塞栓性肺高血圧症とは 人間が生命を維持するためには、息をすることで肺から大気中の酸

記事を読む

風邪に効く!民間療法を調べてみた!

民間療法は医療ではなく、家庭で編み出され伝えられてきた治療方法のことをいいます。 風邪に良

記事を読む

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほう

記事を読む

肺アミロイドーシスの原因・症状・治療

まず、アミロイドーシスとは、アミロイドたんぱくという特殊なたんぱく質が体のさまざまな臓器に沈着し

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑