*

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

公開日: : 最終更新日:2015/09/18 肺・気管支の病気


風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。

この2種類の健康法はどのようにして行うものなのか、なぜ風邪にいいのかを解説します。

乾布摩擦(かんぷまさつ)とは?

この健康法は、乾いたタオルなどを使用し、皮膚を直接こすることで行います。

やりかたは以下のとおりです。

乾布摩擦のやりかた

STEP1・・・右か左の足先~ヒザまで、手の先~ヒジまでを15往復こする。

STEP2・・・やっていないほうの手足を同様に15往復こする。

STEP3・・・右か左のヒザ~脚の付け根まで、手首~肩までを15往復こする。

STEP4・・・やっていないほうの手足を同様に15往復こする。

STEP5・・・お腹~胸までを15往復こする。

STEP6・・・背中を15往復こする。

乾布摩擦のコツ

強くゴシゴシとこする必要はありません。

皮膚を傷めない程度の力加減で摩擦をしましょう。

なお、タオルはやわらかい素材のものを使用すると、皮膚への負担が軽くなります。

一日二日やった程度でガラリと変化が起こるわけではありませんので、長く継続することが大切です。

乾布摩擦が風邪にいいワケ

乾布摩擦を継続していることにより寒さに対し強くなり、風邪に対する抵抗力がアップします。

ウイルスや細菌と戦う免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞を乾布摩擦が増加することが、研究の結果わかっています。

冷水摩擦(れいすいまさつ)とは?

この健康法は乾布摩擦とは異なり、ぬれタオルを使って皮膚をこするのが特徴です。

冷水摩擦のやりかた

乾布摩擦と同様です。

前述した手順を参考に実践してください。

冷水摩擦のコツ

冷たい水でぬらしたタオルだとひんやりし過ぎて不快に感じるようでしたら、お湯でぬらしたタオルを使用すると良いでしょう。

なお、ぬらしたタオルはかたく絞ってください。

また、乾布摩擦同様、長期的に継続していくことが大切です。

冷水摩擦が風邪にいいワケ

乾布摩擦と同様の理由で冷水摩擦は風邪に良いとされています。

ただ、冷水摩擦のほうが皮膚をこすった際に静電気が発生し、かゆくなってしまうことが防止できるため、快適に行いやすいでしょう。

関連記事

肺結核の原因・症状・治療

結核(肺結核)とは 細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が原因で引き起こされる感染症のことを

記事を読む

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態のことです

記事を読む

マイコプラズマ肺炎の原因・症状・治療

マイコプラズマ肺炎とは マイコプラズマ肺炎(まいこぷらずまはいえん)とは、マイコプラズマという

記事を読む

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大きな子供で、肺

記事を読む

肺胞微石症の原因・症状・治療

肺胞微石症(はいほうびせきしょう)とは、肺に存在する肺胞の中にリン酸カルシウムが層状に沈着し、発

記事を読む

風邪に効く!民間療法を調べてみた!

民間療法は医療ではなく、家庭で編み出され伝えられてきた治療方法のことをいいます。 風邪に良

記事を読む

「風邪は万病のもと」と言われるのは何故?

ことわざに「風邪は万病のもと」とあり、見聞きしたことがある人も多いでしょう。 ただ、どうし

記事を読む

過敏性肺炎の原因・症状・検査・治療

肺炎は通常、ウイルスや細菌といった病原体が肺胞に感染・発症する病気なのですが、過敏性肺炎(かびん

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

かかってしまってからの風邪対策

「気をつけていたつもりなのに風邪をひいてしまった・・・」という場合、早く治すにはどうしたらいいか

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑