*

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

公開日: : 最終更新日:2015/09/18 肺・気管支の病気


風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。

この2種類の健康法はどのようにして行うものなのか、なぜ風邪にいいのかを解説します。

乾布摩擦(かんぷまさつ)とは?

この健康法は、乾いたタオルなどを使用し、皮膚を直接こすることで行います。

やりかたは以下のとおりです。

乾布摩擦のやりかた

STEP1・・・右か左の足先~ヒザまで、手の先~ヒジまでを15往復こする。

STEP2・・・やっていないほうの手足を同様に15往復こする。

STEP3・・・右か左のヒザ~脚の付け根まで、手首~肩までを15往復こする。

STEP4・・・やっていないほうの手足を同様に15往復こする。

STEP5・・・お腹~胸までを15往復こする。

STEP6・・・背中を15往復こする。

乾布摩擦のコツ

強くゴシゴシとこする必要はありません。

皮膚を傷めない程度の力加減で摩擦をしましょう。

なお、タオルはやわらかい素材のものを使用すると、皮膚への負担が軽くなります。

一日二日やった程度でガラリと変化が起こるわけではありませんので、長く継続することが大切です。

乾布摩擦が風邪にいいワケ

乾布摩擦を継続していることにより寒さに対し強くなり、風邪に対する抵抗力がアップします。

ウイルスや細菌と戦う免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞を乾布摩擦が増加することが、研究の結果わかっています。

冷水摩擦(れいすいまさつ)とは?

この健康法は乾布摩擦とは異なり、ぬれタオルを使って皮膚をこするのが特徴です。

冷水摩擦のやりかた

乾布摩擦と同様です。

前述した手順を参考に実践してください。

冷水摩擦のコツ

冷たい水でぬらしたタオルだとひんやりし過ぎて不快に感じるようでしたら、お湯でぬらしたタオルを使用すると良いでしょう。

なお、ぬらしたタオルはかたく絞ってください。

また、乾布摩擦同様、長期的に継続していくことが大切です。

冷水摩擦が風邪にいいワケ

乾布摩擦と同様の理由で冷水摩擦は風邪に良いとされています。

ただ、冷水摩擦のほうが皮膚をこすった際に静電気が発生し、かゆくなってしまうことが防止できるため、快適に行いやすいでしょう。

関連記事

肺動脈性肺高血圧症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肺動脈性肺高血圧症とは 人間が生命を維持するには、息をして大気中の酸素を肺から体内に取り込

記事を読む

ウイルス性肺炎の原因・症状・検査・治療

ウイルス性肺炎(ういるすせいはいえん)とは、ウイルス感染により発症する肺炎のことをいいます。

記事を読む

肺ランゲルハンス細胞組織球症の原因・症状・治療

肺ランゲルハンス細胞組織球症(はいらんげるはんすさいぼうそしききゅうしょう)とは、肺や気管支の壁

記事を読む

肺寄生虫症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肺寄生虫症とは 肺寄生虫症(はいきせいちゅうしょう)とは、肺に寄生虫が侵入することによって起こ

記事を読む

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大きな子供で、肺

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

風邪をひくと熱や鼻水、くしゃみは何故出るのかな?

風邪をひくとどうして熱や鼻水、くしゃみが出るのでしょうか。 ここでは理由を解説しますので、

記事を読む

肺アミロイドーシスの原因・症状・治療

まず、アミロイドーシスとは、アミロイドたんぱくという特殊なたんぱく質が体のさまざまな臓器に沈着し

記事を読む

肺胞たんぱくの原因・症状・治療

肺胞たんぱく症(はいほうたんぱくしょう)とは、肺胞内にたんぱく様物質が溜め込まれ、正常なガス交換

記事を読む

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)の原因・症状・治療

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)とは 心臓から肺へと血液を送り込む血管の肺動脈(はいどう

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑