*

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

公開日: : 最終更新日:2015/09/18 肺・気管支の病気


風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。

この2種類の健康法はどのようにして行うものなのか、なぜ風邪にいいのかを解説します。

乾布摩擦(かんぷまさつ)とは?

この健康法は、乾いたタオルなどを使用し、皮膚を直接こすることで行います。

やりかたは以下のとおりです。

乾布摩擦のやりかた

STEP1・・・右か左の足先~ヒザまで、手の先~ヒジまでを15往復こする。

STEP2・・・やっていないほうの手足を同様に15往復こする。

STEP3・・・右か左のヒザ~脚の付け根まで、手首~肩までを15往復こする。

STEP4・・・やっていないほうの手足を同様に15往復こする。

STEP5・・・お腹~胸までを15往復こする。

STEP6・・・背中を15往復こする。

乾布摩擦のコツ

強くゴシゴシとこする必要はありません。

皮膚を傷めない程度の力加減で摩擦をしましょう。

なお、タオルはやわらかい素材のものを使用すると、皮膚への負担が軽くなります。

一日二日やった程度でガラリと変化が起こるわけではありませんので、長く継続することが大切です。

乾布摩擦が風邪にいいワケ

乾布摩擦を継続していることにより寒さに対し強くなり、風邪に対する抵抗力がアップします。

ウイルスや細菌と戦う免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞を乾布摩擦が増加することが、研究の結果わかっています。

冷水摩擦(れいすいまさつ)とは?

この健康法は乾布摩擦とは異なり、ぬれタオルを使って皮膚をこするのが特徴です。

冷水摩擦のやりかた

乾布摩擦と同様です。

前述した手順を参考に実践してください。

冷水摩擦のコツ

冷たい水でぬらしたタオルだとひんやりし過ぎて不快に感じるようでしたら、お湯でぬらしたタオルを使用すると良いでしょう。

なお、ぬらしたタオルはかたく絞ってください。

また、乾布摩擦同様、長期的に継続していくことが大切です。

冷水摩擦が風邪にいいワケ

乾布摩擦と同様の理由で冷水摩擦は風邪に良いとされています。

ただ、冷水摩擦のほうが皮膚をこすった際に静電気が発生し、かゆくなってしまうことが防止できるため、快適に行いやすいでしょう。

関連記事

肺がんと原因・症状・検査・治療

肺ガンは悪性度が高く、死亡者数が最も多いガンです。 しかし、肺ガンは進行すると治りにくい反面、

記事を読む

膠原病肺の原因・症状・治療

膠原病肺 どんな病気(概要) 膠原病と合併して引き起こされた肺の病気を総称して、膠原病肺(こう

記事を読む

ニューモシスチス肺炎の原因・症状・検査・治療

ニューモシスチス肺炎(にゅーもちすちすはいえん)とは、真菌の一種であるニューモシスチスイロベチー

記事を読む

サイトメガロウイルス肺炎の原因・症状・検査・治療

サイトメガロウイルス肺炎(さいとめがろういるすはいえん)とは、ウイルスの一種であるサイトメガロウ

記事を読む

風邪をひくと熱や鼻水、くしゃみは何故出るのかな?

風邪をひくとどうして熱や鼻水、くしゃみが出るのでしょうか。 ここでは理由を解説しますので、

記事を読む

肺炎の検査と治療について

肺炎かもしれない場合の検査には何があるのか、どういった治療が行われるのかについて解説していきます

記事を読む

COPDの症状・原因・治療

COPDとは、慢性的に気道が閉塞状態になる病気(慢性気管支炎、肺気腫、びまん性汎細気管支炎など)

記事を読む

肺アミロイドーシスの原因・症状・治療

まず、アミロイドーシスとは、アミロイドたんぱくという特殊なたんぱく質が体のさまざまな臓器に沈着し

記事を読む

マイコプラズマ肺炎の原因・症状・治療

マイコプラズマ肺炎とは マイコプラズマ肺炎(まいこぷらずまはいえん)とは、マイコプラズマという

記事を読む

特発性肺線維症の原因・症状・治療

特発性肺繊維症(とくはつせいはいせんいしょう)とは、肺胞同士の仕切りになっている肺胞壁に広範囲の

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑