*

風邪をひくと熱や鼻水、くしゃみは何故出るのかな?

公開日: : 最終更新日:2015/09/16 肺・気管支の病気


風邪をひくとどうして熱や鼻水、くしゃみが出るのでしょうか。

ここでは理由を解説しますので、疑問に感じている人は以下の内容をご確認ください。

風邪で熱が出るのはどうして?

風邪の原因のほとんどがウイルスであり、感染すると鼻やのどの粘膜に炎症が生じます。

この炎症が生じた際にはヒスタミンをはじめとする化学物質が細胞から分泌されるのですが、ヒスタミンなどと同時にサイトカインと呼ばれる物質も分泌されます。

サイトカインには発熱物質を含有しており、脳の視床下部に存在する発熱中枢に刺激を加えます。

そしてその結果、発熱の症状が出ることになるわけです。

風邪で鼻水が出るのはどうして?

人間の体は風邪の感染源であるウイルスや細菌などが入り込んでくると、防御反応を起こして排除しようとします。

鼻水が出るのもこのウイルスを撃退するための反応なのです。

風邪でくしゃみが出るのはどうして?

鼻水が出る理由と一緒で、風邪の感染源であるウイルスを体外へと追い出そうとするためにくしゃみの症状が起こります。

熱や鼻水、くしゃみは必ず風邪とは限らない

発熱や鼻水、くしゃみの症状が出ると、風邪をひいたと決め付ける人が少なくありません。

本当に予想が当たって風邪の場合もありますが、こうした症状は別の病気でも引き起こされます。

風邪の場合は1週間ほどすればこじらせない限り回復しますが、症状が長引くようであれば別の病気を疑い、医療機関で受診をしてみたほうが良いでしょう。

おわりに

発熱の症状は発熱物質が脳の発熱中枢を刺激するために起こり、鼻水やくしゃみはウイルスを排除するための防御反応として起こります。

ただ、既に述べたようにただの風邪ではない、別の病気が原因で症状が引き起こされている場合もありますので、回復しない場合には病院に行くことが大切です。

また、風邪もこじらせると二次感染をして肺炎を招く恐れがありますので、くれぐれもご注意ください。

関連記事

かかってしまってからの風邪対策

「気をつけていたつもりなのに風邪をひいてしまった・・・」という場合、早く治すにはどうしたらいいか

記事を読む

気胸の症状・種類・検査・治療

こちらでは、気胸という病気についてご紹介しています。 その名前すら、今まで聞いたことが無い方も

記事を読む

肺アミロイドーシスの原因・症状・治療

まず、アミロイドーシスとは、アミロイドたんぱくという特殊なたんぱく質が体のさまざまな臓器に沈着し

記事を読む

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほう

記事を読む

サイトメガロウイルス肺炎の原因・症状・検査・治療

サイトメガロウイルス肺炎(さいとめがろういるすはいえん)とは、ウイルスの一種であるサイトメガロウ

記事を読む

誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因・症状・検査・治療

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、日本においては吸入性(きゅうにゅうせい)肺炎や誤飲(ごいん

記事を読む

風邪対策はかかる前が肝心!

風邪をひいてしまいますと、程度の差はありますが1週間ほど諸症状に悩まされ、しんどい思いをすること

記事を読む

肺胞微石症の原因・症状・治療

肺胞微石症(はいほうびせきしょう)とは、肺に存在する肺胞の中にリン酸カルシウムが層状に沈着し、発

記事を読む

MRSA肺炎の原因・症状・検査・治療

メチシリンは、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAにはMRSA用の特別な抗菌

記事を読む

市中肺炎(院外肺炎)の原因・症状・検査・治療

病院の外で感染して発症する肺炎で、病原体の種類により、細菌性肺炎、非細菌性肺炎、非定型肺炎の3つ

記事を読む

糸状虫症(フィラリア症)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

一般的にはバンクロフロト糸状虫(しじょうちゅう)によって引き起こされる病気です。

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

→もっと見る

PAGE TOP ↑