*

かかってしまってからの風邪対策

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 肺・気管支の病気


「気をつけていたつもりなのに風邪をひいてしまった・・・」という場合、早く治すにはどうしたらいいか知りたい人もいるでしょう。

ここではひいてしまったあとの風邪対策について解説していますので、気になるという人は以下の内容をチェックしてみてください。

体力の消耗を抑える

風邪をひいてしまった場合には、可能であれば安静にしましょう。

十分な睡眠をとることにより、エネルギーを温存することが可能です。

室内環境を整える

風邪のウイルスは低温・乾燥の環境を好みますので、部屋のなかの温度や湿度を適切に保つことが大切です。

具体的には、室内温度は20~25℃、湿度は60~80%を維持するのが好ましいでしょう。

温かいものを摂る

風邪をひいた場合には温かいスープなどを飲みましょう。

これにより体をなかから温かくすることができ、風邪対策として効果的です。

水分補給をしっかりと行う

発熱の症状がある場合はとくに、汗が多く出て脱水症状を引き起こしやすくなります。

水分補給は十分にして、脱水を防ぎましょう。

栄養補給をしっかりと行う

発熱の症状がある場合はエネルギーの消耗が激しくなります。

消化のいい良質なたんぱく質、ビタミン類、ミネラル類などを補給してください。

不足はサプリメントでカバーするのもアリです。

市販薬を使用する

せき、くしゃみの症状が強く出ていると、体力の消耗が激しくなります。

市販薬で症状を緩和することにより、体力の消耗を少なくできるだけでなく、治りを早くすることにも繋がります。

我慢せずに病院へ行く

症状がツライ場合には、ひたすら耐え続けるだけでなく、病院へ行きましょう。

治りを早くしてくれる薬が手に入りますし、点滴などの処置が受けられます。

おわりに

風邪は軽症で治るまでの期間が短いため、基本的に自然に回復するのを待っていれば問題ありません。

ただ、こじらせてしまうと二次感染するリスクがありますので、症状がひどいようであれば最後に挙げたように病院へ行くことが大切です。

関連記事

過換気症候の原因・症状・治療

過換気症候群とは 過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)は過呼吸(かこきゅう)と呼ばれることも

記事を読む

MRSA肺炎の原因・症状・検査・治療

メチシリンは、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAにはMRSA用の特別な抗菌

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

肺うっ血/肺水腫の原因・症状・治療

肺うっ血とは、肺をめぐっている血管内の血液量が増加している状態のことをいいます。 血液量が多く

記事を読む

風邪に効くツボで風邪対策!

ツ ボ押し健康法の中には、風邪対策に適しているものも複数あります。 今回は何種類か風邪にいい

記事を読む

肺炎の検査と治療について

肺炎かもしれない場合の検査には何があるのか、どういった治療が行われるのかについて解説していきます

記事を読む

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子どもが罹患し

記事を読む

肺動脈性肺高血圧症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肺動脈性肺高血圧症とは 人間が生命を維持するには、息をして大気中の酸素を肺から体内に取り込

記事を読む

サイトメガロウイルス肺炎の原因・症状・検査・治療

サイトメガロウイルス肺炎(さいとめがろういるすはいえん)とは、ウイルスの一種であるサイトメガロウ

記事を読む

市販の風邪薬の択び方

風邪をひいた 際、病院に行かずにまずは市販薬を使用するという人が少なくありません。 決し

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑