*

「風邪」というのは病名?

公開日: : 最終更新日:2015/09/04 肺・気管支の病気


まず最初に結論を述べますが、風邪は病名ではありません。

びっくりしたかもしれませんが、病院で受診をしてもカルテに風邪と書き込まれることはないのです。

ただ、医学的に風邪とはいわないだけで、一般の人が風邪というぶんには分かりやすいですし、病名として使っているのが悪いわけではありません。

一般的にいわれている風邪の正体

いわゆる風邪は、呼吸器系に引き起こされる急性炎症の総称で、風邪症候群(=かぜしょうこうぐん)ともいいます。

おもに上気道に引き起こされ、原因になるものとして割合が高いのはウイルスです。

クラミジア、マイコプラズマ、一般細菌などによる場合もありますが、80~90%はウイルス感染で引き起こされます。

なお、原因となるウイルスはアデノウイルス、ライノウイルス、インフルエンザウイルス、コロナウイルス、RSウイルスなど多種多様です。

また、炎症が生じる場所によって、引き起こされる症状もさまざまです。

インフルエンザが含まれていることなど、意外に感じた点があったのではないでしょうか。

風邪症候群のなかに含まれているおもな病気

普通感冒(=ふつうかんぼう)と流行性感冒(=流行性感冒、いわゆるインフルエンザのこと)が、風邪症候群のなかに含まれているおもな病気です。

普通感冒の症状は、咳(=せき)、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの渇き、のどの痛み、倦怠感(=けんたいかん)、頭痛、発熱、下痢などが挙げられます。

一方、流行性感冒の症状は、悪寒、倦怠感、関節痛、筋肉痛、頭痛、高熱、食欲不振、咳、吐き気、下痢などが引き起こされます。

なお、普通感冒はライノウイルスなどが原因になるのに対し、流行性感冒はインフルエンザウイルスが原因となって起こるのが特徴です。

普通感冒は症状が軽い場合が多く治りも早いのに対し、流行性感冒は症状が重く回復も普通感冒より遅いことが多く、インフルエンザ脳症や肺炎などの合併症を起こし、命を落とすことにもなりかねません。

また、流行性感冒は伝染性が強く、普通感冒はさほど強くはありません。

まとめ

●風邪は病名ではなく、呼吸器系に生じる急性炎症の総称(風邪症候群)。
●風邪症候群にはおもに普通感冒と流行性感冒の2種類が存在する。
●普通感冒は一般的に風邪と呼ばれているもので、流行性感冒は一般的にインフルエンザと呼ばれているもの。

関連記事

インフルエンザ・風邪と肺炎の違いと関連はあるのか?

症状が似ている風邪、インフルエンザ、肺炎ですが、どういった点が違うのでしょうか。 また、これら

記事を読む

肺炎の検査と治療について

肺炎かもしれない場合の検査には何があるのか、どういった治療が行われるのかについて解説していきます

記事を読む

クラミジア肺炎の原因・症状・治療・検査・予防

クラミジア肺炎(くらみじあはいえん)とは、細菌の一種であるクラミジアにより発症する肺炎のことをい

記事を読む

冬に風邪をひくのは何故?

冬に風邪をひいたり、流行したりする理由は複数あります 以下に分かりやすくまとめていますので

記事を読む

最も気をつけたい子供の肺炎とお年寄りの肺炎

子供の肺炎 肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大

記事を読む

風邪に効くツボで風邪対策!

ツ ボ押し健康法の中には、風邪対策に適しているものも複数あります。 今回は何種類か風邪にいい

記事を読む

「風邪は万病のもと」と言われるのは何故?

ことわざに「風邪は万病のもと」とあり、見聞きしたことがある人も多いでしょう。 ただ、どうし

記事を読む

マイコプラズマ肺炎の原因・症状・治療

マイコプラズマ肺炎とは マイコプラズマ肺炎(まいこぷらずまはいえん)とは、マイコプラズマという

記事を読む

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)の原因・症状・治療

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)とは 心臓から肺へと血液を送り込む血管の肺動脈(はいどう

記事を読む

気管支拡張症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

気管支拡張症とは 鼻や口と繋がっており、気道の一部で肺にいたるまでの管のことを気管支(きか

記事を読む

ウェルニッケ脳症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェルニッケ脳症とは ウェルニッケ脳症(うぇるにっけのうしょう)とは、体内のビタミン

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球

じんましん(蕁麻疹)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんとは、皮膚の一部になんらかの刺激が加わったこ

ジフテリアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ジフテリアとは ジフテリア(じふてりあ)とは、桿菌(かんきん)という棒状・円筒状の細

起立性低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療など

起立性低血圧とは 寝た姿勢や座っている姿勢から急に立ち上がったときに血圧が低下し

→もっと見る

PAGE TOP ↑