*

肺真菌症の原因・症状・治療

公開日: : 肺・気管支の病気

肺真菌症
肺真菌症(はいしんきんしょう)とは、カビである真菌が肺に感染することにより発症する病気の総称のことをいいます。
カビにより起こる病気と一口にいってもいろいろあり、たとえば足に発生する水虫は皮膚に引き起こされますが、こうした体の表面に生じるものは表在性真菌症(ひょうざいせいしんきんしょう)と呼びます。
これに対し、肺に引き起こされるカビによる病気のことは、深在性真菌症(しんざいせいしんきんしょう)と呼びます。
肺だけの感染にとどまらず、血液の中へと入り込み、脳、肝臓、腎臓などに感染するケースもあります。

原因

原因は真菌(カビ)です。
菌の種類としてはクリプトコッカス、カンジダ、アスペルギルス、ムコールが挙げられます。
カビは病原性に乏しいのが特徴で、口腔内や上気道に常に存在しています。
通常、感染しても発症に至らず、症状が引き起こされることはありません。
ですが、体の抵抗力がダウンしている状態だと真菌が勢力を拡大し、感染したあと症状が引き起こされるようになるのです。
これはいわゆる日和見感染(ひよりみかんせん)と呼びます。
また、白血球が減少していることも、肺真菌症を引き起こす原因となります。
免疫抑制薬や副腎皮質ホルモンの使用、抗がん剤の使用、白血病に罹患(りかん)していることで白血球が少なくなると、感染し発症します。

症状

肺真菌症により引き起こされる症状は、原因となる菌の種類などにより異なります。
また、症状の進行具合にも違いがあり、緩やかに進行する場合と、急激に悪化する場合とがあるのです。
ただ、よくある症状としては、肺結核や細菌性肺炎に近いものが起こることが多いのが特徴です。
咳(せき)、痰(たん)、発熱、呼吸困難、全身の倦怠感などが肺真菌症により生じる主な症状として挙げられます。

検査と診断

肺真菌症であるかどうか調べる方法として、気管支鏡(きかんしきょう)検査を挙げることができます。
内視鏡検査の気管支版のようなもので、この検査により病巣部の分泌液を調べ、真菌の有無を確かめます。
ほかには、気管支肺洗浄により肺の一部洗浄を行い、洗浄液内に存在する微生物を培養することによっても、真菌があるかどうかを調べられます。
ただ、真菌があることが判明しただけでは、肺真菌症と確定することはできません。
というのも、口腔内や上気道に真菌は常在しているものだからです。
したがって、多量の同種の真菌がいることがわかった場合に、その真菌が原因で症状が引き起こされているという予測がつくのです。
仮に真菌に感染している場合、抗体が血液内につくられるのですが、これは抗原抗体検査により明らかになります。
血清中の抗原抗体検査により抗体の存在が確認できれば、肺真菌症と診断がつくケースがあります。
ただし、必ずこうした順序を経て診断がつくわけではなく、手術を行ってはじめて診断がつくこともあるのです。

治療の方法

原因となっている菌の種類により治療方法には違いがある場合はあるものの、基本的に抗真菌薬を使って治すことを目指します。
抗真菌薬は内服する方法か注射により取り込む方法の2種類があります。
なお、原因がアスペルギルスの場合、肺アスペルギローマが引き起こされることがありますが、発症した患者に対しては手術で治療することが可能です。
白血球が減少している人に対しては、アルペルギルスによる病気を未然に防ぐため、抗真菌薬の吸入が選択されるケースがあるでしょう。
また、人で肺疾患を引き起こしていた人の中には、手術療法を選択することができないケースがあります。
そのときにはどうするのかが問題ですが、抗真菌薬を使った治療が選択される形になるでしょう。
そのほか、体の抵抗力が落ちる原因疾患が回復すると、真菌により引き起こされる肺炎も一緒に回復することがあります。

関連記事

閉塞性肺炎の原因・症状・検査・治療

閉塞性肺炎(へいそくせいはいえん)とは、気道の閉塞した状態に陥ることで引き起こされる肺炎の一種で

記事を読む

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。 この2種類の健康法はど

記事を読む

肺炎の検査と治療について

肺炎かもしれない場合の検査には何があるのか、どういった治療が行われるのかについて解説していきます

記事を読む

特発性肺線維症の原因・症状・治療

特発性肺繊維症(とくはつせいはいせんいしょう)とは、肺胞同士の仕切りになっている肺胞壁に広範囲の

記事を読む

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)の原因・症状・治療

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)とは 心臓から肺へと血液を送り込む血管の肺動脈(はいどう

記事を読む

インフルエンザ・風邪と肺炎の違いと関連はあるのか?

症状が似ている風邪、インフルエンザ、肺炎ですが、どういった点が違うのでしょうか。 また、これら

記事を読む

急性喉頭炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

急性喉頭炎とは 急性喉頭炎(きゅうせいこうとうえん)とは、喉頭の粘膜に生じる急性の炎症です

記事を読む

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大きな子供で、肺

記事を読む

MRSA肺炎の原因・症状・検査・治療

メチシリンは、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAにはMRSA用の特別な抗菌

記事を読む

肺結核の原因・症状・治療

結核(肺結核)とは 細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が原因で引き起こされる感染症のことを

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑