*

ニューモシスチス肺炎の原因・症状・検査・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/06 肺・気管支の病気, 肺炎

ニューモシスチス肺炎
ニューモシスチス肺炎(にゅーもちすちすはいえん)とは、真菌の一種であるニューモシスチスイロベチーにより引き起こされる肺炎のことをいいます。
過去にはネズミの肺にあったニューモシスチスカリニが原因と考えられており、カリニ肺炎と称されていました。
しかしながら、いまは人に感染するニューモシスチスの種類があることがわかっており、人に感染する原因菌がニューモシスチスイロベチーであるものは、病気の名称もニューモシスチス肺炎と改められ、カリニ肺炎とは区別されています。
人にうつる恐れのある類の肺炎であり、さらに発症後は悪化するスピードがはやいため、早期発見・治療を受けなければ死亡リスクが増大してしまうのが特徴の恐い病気です。

ニューモシスチス肺炎の原因

肺には肺胞という小さい部屋のようなものが多数存在していますが、肺胞はこの部屋の壁を通じて空気中にある酸素を血管へと供給する役割を担っています。
しかし、肺胞内でニューモシスチスイロベチーが増加した場合、肺胞壁では炎症が生じ、前述した役割を果たすことができなくなります。
そうなると血中酸素濃度が下がってしまい、低酸素血症が引き起こされて、呼吸するのが苦しくなってしまうという状態に陥ります。
また、健康に問題がない人のからだのなかにニューモシスチスイロベチーが入り込んでも簡単に撃退されるため、発症することはほぼありません。
ですが、免疫力が低下している場合は発症しやすくなってしまい、とりわけ膠原病の治療で薬を使っている人、抗がん剤治療を受けている人、臓器移植後の強い免疫制御療法を受けている人、自己免疫疾患の人、先天性免疫不全の人、エイズの人に引き起こされやすいのが特徴です。

ニューモシスチス肺炎の症状

ニューモシスチス肺炎を引き起こした場合、痰の出ない乾いた咳である空咳がまず出るようになります。
そして発熱や呼吸困難の症状が起こるようになり、低酸素血症に至りますが、発症初期の頃の呼吸困難は軽く動いただけで激しい息切れを招くのが特徴です。
また、症状の進行具合には患者の状態により異なり、エイズに感染している人に関しては徐々に悪化していくのですが、そうでない人だとほんの数日で急激に悪化してしまいます。

ニューモシスチス肺炎の検査・診断

ニューモシスチス肺炎かどうか調べるためにはまず、ニューモシスチス肺炎で引き起こされる症状を確かめます。
そして胸部X線検査や胸部CT検査がおこなわれ、肺におかしいところがないか調べると共に、別の病気との判別をします。
また、血液検査もおこないますが、血中の白血球数、CRP、LDH、β-D-グルカン値、血中酸素量を確認し、ニューモシスチス肺炎の疑いがあるかどうか、肺炎の進行具合を探ります。
それから、診断を確定するためには、痰や気管支肺胞洗浄液といったものを採り出し、顕微鏡やPCR法でニューモシスチスイロベチーが存在しているかどうかを検査します。
菌の存在が確認できれば、ニューモシスチス肺炎と確定診断されることになるのです。

ニューモシスチス肺炎の治療方法

ニューモシスチス肺炎は早期に治療をおこなわなければ命に関わることも珍しくありません。
早期に治療をはじめなくてはいけませんが、一般的に選択されるのは薬物療法です。
使用される薬としてはトリメトプリムやスルファメトキサゾール(ST合剤)が第一選択薬として使用され、ペンタミジンが第二選択薬として使われることになります。
そしてアトバコン、ダプソンといった薬が第三選択薬として使用され、ニューモシスチスイロベチーの殺菌をおこないます。
また、これらの抗菌薬と一緒に副腎皮質ステロイドが使われて、肺の炎症を抑制し、呼吸しやすくする効果を狙います。

ニューモシスチス肺炎の予防方法

この病気を予防するには、発症を防ぐために薬剤を投与する一次予防と、ニューモシスチス肺炎の治療後に再発させないために薬剤を投与する二次予防がおこなわれます。
いずれの予防もST合剤が最初に選択され、次にペンタミジンを選択、そしてアトバコンやダプソンが選択されて、内服や吸入することで投与します。

関連記事

「風邪」というのは病名?

まず最初に結論を述べますが、風邪は病名ではありません。 びっくりしたかもしれませんが、病院

記事を読む

肺胞たんぱくの原因・症状・治療

肺胞たんぱく症(はいほうたんぱくしょう)とは、肺胞内にたんぱく様物質が溜め込まれ、正常なガス交換

記事を読む

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。 この2種類の健康法はど

記事を読む

肺炎の検査と治療について

肺炎かもしれない場合の検査には何があるのか、どういった治療が行われるのかについて解説していきます

記事を読む

閉塞性肺炎の原因・症状・検査・治療

閉塞性肺炎(へいそくせいはいえん)とは、気道の閉塞した状態に陥ることで引き起こされる肺炎の一種で

記事を読む

肺アミロイドーシスの原因・症状・治療

まず、アミロイドーシスとは、アミロイドたんぱくという特殊なたんぱく質が体のさまざまな臓器に沈着し

記事を読む

MRSA肺炎の原因・症状・検査・治療

メチシリンは、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAにはMRSA用の特別な抗菌

記事を読む

肺うっ血/肺水腫の原因・症状・治療

肺うっ血とは、肺をめぐっている血管内の血液量が増加している状態のことをいいます。 血液量が多く

記事を読む

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほう

記事を読む

誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因・症状・検査・治療

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、日本においては吸入性(きゅうにゅうせい)肺炎や誤飲(ごいん

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑