*

特発性肺線維症の原因・症状・治療

公開日: : 肺・気管支の病気

特発性肺線維症
特発性肺繊維症(とくはつせいはいせんいしょう)とは、肺胞同士の仕切りになっている肺胞壁に広範囲の炎症が生じ、結合組織が増加したために肺胞壁の繊維化が起こる病気のことをいいます。
なお、炎症がなぜ生じたのか、その原因がわからないのがこの病気の特徴です。
特発性間質性肺炎(とくはつせいかんしつせいはいえん)と呼ばれることもあります(炎症に焦点を当ててこの病気をとらえた場合)。
はじめのうちは咳(せき)や息切れが起こりますが、胸部X線検査を行うと粒状の陰影があることがわかります。
そして病状が悪化すると輪状の陰影が肺の広範囲に認められるようになるのが特徴です。
この病気により肺の繊維化が起こり硬くなると、空気を吸入した場合の肺胞のふくらみが悪くなります。
そうして肺の縮小が起こることにより、空気に触れる面積も縮小していくことになるのです。
結果、体内に酸素を取り入れることが上手くいかなくなり、呼吸困難に陥りかねないだけでなく、心臓への負担も大きくなっていきます。
初期症状の咳や息切れの段階だと大したことがないと軽視しがちですが、風邪のような軽いものではなく特発性肺繊維症のような重い病気になっている恐れがあります。
おかしいなと感じたらかかりつけの医師のもとを訪れ、早期に適切な診断、治療を受けることが大切です。

原因

考えられている原因としては、ウイルス感染、粉じんの吸入、膠原病(こうげんびょう)を挙げることができます。
しかしながら、本当に特発性肺繊維症の原因になっているかどうかはまだはっきりとしていないのが現状です。
なお、どうしてこの病気が引き起こされているのかが明らかになっていないために、病名に特発性という言葉がつけられているのです。

症状

主要な症状としては咳や息切れを挙げることができます。
なお、咳の症状に関しては痰が出ることはありません。
咳や息切れだけだとただの風邪と思い込む人もいますが、特発性肺繊維症というのは、原因として考えられているウイルスや細菌の感染などにより病状が急に悪くなりやすいのです。
インフルエンザなども急激な病状の悪化につながりますので、風邪にもいえることですが予防に努めなくてはいけないでしょう。
それから、ばち指と呼ばれる症状が引き起こされることもあります。
これは指先の変形が起こる症状で、指先が若干丸みを帯び、太くなった状態を示します。

検査と診断

特発性肺繊維症かどうか調べるためには、胸部X線検査が行われることになります。
はじめの頃は粒状の陰影が認められますが、病状が悪くなると輪状の陰影が認められるのが特徴です。
なお、この輪状の陰影はハチの巣のようになっていることから、蜂巣肺(ほうそうはい)と呼ばれます。
蜂巣肺は部分的に陰影が認められるのではなく、肺全体に陰影が認められるのが特徴です。
確定診断に関しては、症状、血液検査、機能検査のほか、肺の組織を採取する方法で行われます。
なお、血液検査では炎症反応があるかどうかを調べ、機能検査ではどの程度肺機能がダウンしているのかを調べます。

治療の方法

特発性肺繊維症は、治療が行われない場合と行われる場合とがあります。
まず、治療が行われないケースですが、状態が安定している場合は行わなくても大丈夫です。
しかし、状態が急激に悪くなった場合には、治療が必要になります。
この場合、まずはじめに抗生物質を使用する方法がとられます。
抗生物質を使用してもよくならない場合、呼吸困難に陥るなど深刻な状態になる可能性がありますが、こうした症状に対しては酸素吸入や人工呼吸などの治療方法が選択されることになります。
また、こうした呼吸管理と並行して、副腎皮質ホルモン(ステロイド薬)を短期間で多量に投与するパルス療法が選択されるケースもあるでしょう。

関連記事

マイコプラズマ肺炎の原因・症状・治療

マイコプラズマ肺炎とは マイコプラズマ肺炎(まいこぷらずまはいえん)とは、マイコプラズマという

記事を読む

非結核性抗酸菌症(NTM感染症)の原因・症状・治療

非結核性抗酸菌症(NTM感染症)とは まず、非結核性抗酸菌症は「ひけっかくせいこうさんきんしょう」

記事を読む

膠原病肺の原因・症状・治療

膠原病肺 どんな病気(概要) 膠原病と合併して引き起こされた肺の病気を総称して、膠原病肺(こう

記事を読む

最も気をつけたい子供の肺炎とお年寄りの肺炎

子供の肺炎 肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大

記事を読む

風邪に効くツボで風邪対策!

ツ ボ押し健康法の中には、風邪対策に適しているものも複数あります。 今回は何種類か風邪にいい

記事を読む

風邪に似た病気の特徴や対処法をまとめました

インフルエンザ 一般的に、風邪はさまざまなウイルスによって起こります。 普通の風邪の多くは、

記事を読む

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。 この2種類の健康法はど

記事を読む

風邪対策はかかる前が肝心!

風邪をひいてしまいますと、程度の差はありますが1週間ほど諸症状に悩まされ、しんどい思いをすること

記事を読む

肺胞微石症の原因・症状・治療

肺胞微石症(はいほうびせきしょう)とは、肺に存在する肺胞の中にリン酸カルシウムが層状に沈着し、発

記事を読む

間質性肺炎の原因・症状・検査・治療

間質性肺炎とは 間質性肺炎(かんしつせいはいえん)とは、間質と呼ばれる肺の組織部分に炎症を

記事を読む

no image
膀胱がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膀胱がんとは 膀胱がん(ぼうこうがん)とは、膀胱の粘膜に発生するがん、いわゆる悪性腫瘍(

乳幼児痔瘻を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳幼児痔瘻とは お尻の穴である肛門(こうもん)の周囲に膿がたまる病気のことを、肛門周

no image
膵臓がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膵臓がんとは 膵臓がん(すいぞうがん)とは、膵液(すいえき)という消化液を作り出す臓器で

鼻涙管閉塞を詳しく:原因・症状・検査・治療など

鼻涙管閉塞とは 上まぶたにある涙腺(るいせん)より、涙は分泌されています。 涙は眼

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

→もっと見る

PAGE TOP ↑