*

特発性肺線維症の原因・症状・治療

公開日: : 肺・気管支の病気

特発性肺線維症
特発性肺繊維症(とくはつせいはいせんいしょう)とは、肺胞同士の仕切りになっている肺胞壁に広範囲の炎症が生じ、結合組織が増加したために肺胞壁の繊維化が起こる病気のことをいいます。
なお、炎症がなぜ生じたのか、その原因がわからないのがこの病気の特徴です。
特発性間質性肺炎(とくはつせいかんしつせいはいえん)と呼ばれることもあります(炎症に焦点を当ててこの病気をとらえた場合)。
はじめのうちは咳(せき)や息切れが起こりますが、胸部X線検査を行うと粒状の陰影があることがわかります。
そして病状が悪化すると輪状の陰影が肺の広範囲に認められるようになるのが特徴です。
この病気により肺の繊維化が起こり硬くなると、空気を吸入した場合の肺胞のふくらみが悪くなります。
そうして肺の縮小が起こることにより、空気に触れる面積も縮小していくことになるのです。
結果、体内に酸素を取り入れることが上手くいかなくなり、呼吸困難に陥りかねないだけでなく、心臓への負担も大きくなっていきます。
初期症状の咳や息切れの段階だと大したことがないと軽視しがちですが、風邪のような軽いものではなく特発性肺繊維症のような重い病気になっている恐れがあります。
おかしいなと感じたらかかりつけの医師のもとを訪れ、早期に適切な診断、治療を受けることが大切です。

原因

考えられている原因としては、ウイルス感染、粉じんの吸入、膠原病(こうげんびょう)を挙げることができます。
しかしながら、本当に特発性肺繊維症の原因になっているかどうかはまだはっきりとしていないのが現状です。
なお、どうしてこの病気が引き起こされているのかが明らかになっていないために、病名に特発性という言葉がつけられているのです。

症状

主要な症状としては咳や息切れを挙げることができます。
なお、咳の症状に関しては痰が出ることはありません。
咳や息切れだけだとただの風邪と思い込む人もいますが、特発性肺繊維症というのは、原因として考えられているウイルスや細菌の感染などにより病状が急に悪くなりやすいのです。
インフルエンザなども急激な病状の悪化につながりますので、風邪にもいえることですが予防に努めなくてはいけないでしょう。
それから、ばち指と呼ばれる症状が引き起こされることもあります。
これは指先の変形が起こる症状で、指先が若干丸みを帯び、太くなった状態を示します。

検査と診断

特発性肺繊維症かどうか調べるためには、胸部X線検査が行われることになります。
はじめの頃は粒状の陰影が認められますが、病状が悪くなると輪状の陰影が認められるのが特徴です。
なお、この輪状の陰影はハチの巣のようになっていることから、蜂巣肺(ほうそうはい)と呼ばれます。
蜂巣肺は部分的に陰影が認められるのではなく、肺全体に陰影が認められるのが特徴です。
確定診断に関しては、症状、血液検査、機能検査のほか、肺の組織を採取する方法で行われます。
なお、血液検査では炎症反応があるかどうかを調べ、機能検査ではどの程度肺機能がダウンしているのかを調べます。

治療の方法

特発性肺繊維症は、治療が行われない場合と行われる場合とがあります。
まず、治療が行われないケースですが、状態が安定している場合は行わなくても大丈夫です。
しかし、状態が急激に悪くなった場合には、治療が必要になります。
この場合、まずはじめに抗生物質を使用する方法がとられます。
抗生物質を使用してもよくならない場合、呼吸困難に陥るなど深刻な状態になる可能性がありますが、こうした症状に対しては酸素吸入や人工呼吸などの治療方法が選択されることになります。
また、こうした呼吸管理と並行して、副腎皮質ホルモン(ステロイド薬)を短期間で多量に投与するパルス療法が選択されるケースもあるでしょう。

関連記事

リンパ脈管筋腫症(肺リンパ脈管筋腫症)の原因・症状・治療

リンパ脈管筋腫症(りんぱみゃくかんきんしゅしょう)・肺リンパ脈管筋腫症(はいりんぱみゃくかんきん

記事を読む

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大きな子供で、肺

記事を読む

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子どもが罹患し

記事を読む

風邪に効く漢方薬のご紹介!

市販の漢方薬には風邪に良いものもあります。 漢方薬は即効性が見込めますし、副作用の心配が比

記事を読む

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。 この2種類の健康法はど

記事を読む

間質性肺炎の原因・症状・検査・治療

間質性肺炎とは 間質性肺炎(かんしつせいはいえん)とは、間質と呼ばれる肺の組織部分に炎症を

記事を読む

「風邪は万病のもと」と言われるのは何故?

ことわざに「風邪は万病のもと」とあり、見聞きしたことがある人も多いでしょう。 ただ、どうし

記事を読む

過敏性肺炎の原因・症状・検査・治療

肺炎は通常、ウイルスや細菌といった病原体が肺胞に感染・発症する病気なのですが、過敏性肺炎(かびん

記事を読む

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほう

記事を読む

気管支拡張症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

気管支拡張症とは 鼻や口と繋がっており、気道の一部で肺にいたるまでの管のことを気管支(きか

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑