*

過敏性肺炎の原因・症状・検査・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/06 肺・気管支の病気, 肺炎

過敏性肺炎
肺炎は通常、ウイルスや細菌といった病原体が肺胞に感染・発症する病気なのですが、過敏性肺炎(かびんせいはいえん)は発症までの運びが異なります。
過敏性肺炎はもともと病原性や毒性を有していないカビの一種である真菌、動物性たんぱく質をはじめとする有機物、化学物質といったものを反復して吸入することにより肺が過剰反応を起こし、さらに吸い込むことでアレルギー性の炎症が肺胞で起こるのが特徴です。
なお、過敏性肺炎といってもいろいろな種類があり、吸い込むものの種類や環境別に夏型過敏性肺炎(なつがたかびんせいはいえん)、農夫肺(のうふはい)、空調肺(くうちょうはい)・加湿器肺(かしつきはい)、鳥飼病(とりかいびょう)といったものが挙げられます。

過敏性肺炎の原因

過敏性肺炎の原因に関してですが、夏型過敏性肺炎は高温多湿の環境下で繁殖するカビのトリコスポロンと呼ばれるものが原因で起こります。
農夫肺は酪農家に起こりやすく、牛の飼料のなかに生息する好熱性放線菌と呼ばれるカビが原因となり、空調肺や加湿器肺は換気装置の内部で繁殖したカビ類を吸入することが原因で起こるのが特徴です。
そして鳥飼病ですが、これは鳥のフンに含まれているたんぱく質が原因で引き起こされ、鳥を飼っている人や周囲で生活を送っている人に起こりやすくなっています。
そのほか、キノコの胞子を吸い込むことでアレルギー反応を起こして発症したり、ポリウレタンの素材として使用されるイソシアネートを繰り返し吸い込むことによって引き起こされる職業性の過敏性肺炎なども存在します。

過敏性肺炎の症状

原因となるカビなどにさらされてしまうことにより、過敏性肺炎では激しい炎症が起こります。
そのほか、おもな症状としては咳、発熱、息苦しさ、倦怠感といった症状が引き起こされるのが特徴です。
また、場合によっては頭痛、ノドの違和感、体重低下、痰といった症状がみとめられるケースもあるでしょう。
なお、アレルギー反応を示すもの(抗原)がないところへ移動すると症状は軽くなるか解消されますが、また抗原があるところへいくと病状が悪化してしまいます。
環境が改善されないまま過ごしていると肺が繊維化し、抗原の有無に関係なく症状に悩まされるようになってしまうのです。

過敏性肺炎の検査・診断

過敏性肺炎を引き起こしているかどうか調べるためのおもな方法としてはまず、胸部X線検査や胸部CT検査が挙げられます。
これらの画像検査をおこなった場合、すりガラス状の陰影が肺全体に広がっているのがわかります。
また、ほかには血液検査もおこなわれるのが一般的で、この検査をおこなうことにより特定のアレルギー反応を示すものに対する抗体があるかどうかを確かめます。
そのほか、家や勤務先にいったん戻り、症状が再発するか否かを確認する方法が選択されることもあるでしょう。

過敏性肺炎の治療方法

過敏性肺炎のおもな治療方法についてですが、抗原を吸い込まないようにすることが大切です。
家の清掃を徹底するだけでなく、場合によっては大幅なリフォームをしたり、転居を余儀なくされることもあり、さらには職業性の過敏性肺炎の場合は職を変えなければいけないケースもあります。
このような方法で抗原の排除や回避をするほか、病状が軽い場合はこれといった治療がおこなわれることもありますが、そうでない場合には薬物療法が選択されます。
薬物療法で選択されるのはプレドニゾロンと呼ばれるステロイド薬であり、これを服用するか点滴で投与する方法がとられます。
また、息苦しさの症状がある場合には、酸素吸入の治療方法が選択されることになります。

過敏性肺炎の予防方法

原因物質を吸い込まないようにすることや、カビに関しては繁殖しないようにすることが予防に効果的です。
たとえば夏型過敏性肺炎では古い木や畳、マット、カーペット、キッチン、バスルーム、洗面所といった場所をきれいに保ち、畳みなどに関しては新しいものと交換します。
農夫肺に関しては防塵マスクの装着をしたり、鳥飼病では鳥を飼うのを断念するのが有効です。
また、空調肺や加湿器肺に関しては、本体やフィルターを常に衛生的に維持するのが過敏性肺炎の予防に効果的でしょう。

関連記事

閉塞性肺炎の原因・症状・検査・治療

閉塞性肺炎(へいそくせいはいえん)とは、気道の閉塞した状態に陥ることで引き起こされる肺炎の一種で

記事を読む

急性喉頭炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

急性喉頭炎とは 急性喉頭炎(きゅうせいこうとうえん)とは、喉頭の粘膜に生じる急性の炎症です

記事を読む

風邪に効く漢方薬のご紹介!

市販の漢方薬には風邪に良いものもあります。 漢方薬は即効性が見込めますし、副作用の心配が比

記事を読む

「風邪は万病のもと」と言われるのは何故?

ことわざに「風邪は万病のもと」とあり、見聞きしたことがある人も多いでしょう。 ただ、どうし

記事を読む

気管支拡張症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

気管支拡張症とは 鼻や口と繋がっており、気道の一部で肺にいたるまでの管のことを気管支(きか

記事を読む

特発性肺線維症の原因・症状・治療

特発性肺繊維症(とくはつせいはいせんいしょう)とは、肺胞同士の仕切りになっている肺胞壁に広範囲の

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

風邪に似た病気の特徴や対処法をまとめました

インフルエンザ 一般的に、風邪はさまざまなウイルスによって起こります。 普通の風邪の多くは、

記事を読む

インフルエンザ・風邪と肺炎の違いと関連はあるのか?

症状が似ている風邪、インフルエンザ、肺炎ですが、どういった点が違うのでしょうか。 また、これら

記事を読む

誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因・症状・検査・治療

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、日本においては吸入性(きゅうにゅうせい)肺炎や誤飲(ごいん

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑