*

お年寄りの肺炎の特徴を知って予防対策!

公開日: : 最終更新日:2015/04/08 肺・気管支の病気, 肺炎


肺炎は以前から多くの人に起こる病気でしたが、近年では遂に日本人の死因トップ3に入るほどになりました。
この肺炎による死亡者の割合は、ほとんどが高齢者となっています。
ここではお年寄りの肺炎について取り上げていきますので、参考にしてください。

お年寄りの肺炎に見られる3つの特徴

高齢者に引き起こされる肺炎の一つ目の特徴としては、肺炎に感染しやすいことが挙げられます。
高齢者は若い人に比べ体力や病気に対する免疫力が衰えているため、肺炎を引き起こしやすいのです。
二つ目の特徴としては、これといった症状が起こらないケースが多いことが挙げられます。
これにより肺炎であることがわかることが遅れてしまい、重症化しやすいのがネックです。
三つ目は、悪化しやすいことです。
特に糖尿病や心臓病などの病気を抱えている人の場合、急速に肺炎が進行してしまう恐れがあるでしょう。

誤嚥性肺炎に注意

たとえば何か食べ物を摂った際、普通は食べ物と唾液は食道を通るのですが、間違って気管に入ることがあります。
この食べ物や唾液に細菌などが混入し、肺にいってしまうことで炎症を生じた場合、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)となるわけです。
食べ物を例にとりましたが、実際には口内に生息している細菌や異物の誤嚥によっても肺炎を発症するケースがあるので注意が必要です。
入れ歯のお手入れをしっかりしていない、歯周病を引き起こしているお年よりは特に、口内に生息する菌が多くなりがちです。

お年寄りの肺炎を予防する方法

高齢者に起こる肺炎の予防方法としては、誤嚥に気をつけたり口内を清潔に保つことのほか、生活習慣の改善に取り組むことが効果的です。
また、喫煙をしている人ややめ、持病がある人は治療を受けることが大切です。
そのほか、予防接種を受ける予防方法もあります。
肺炎球菌ワクチンといいますが、接種することで予防効果が見込めるほか、仮に発症した場合でも重症化することを防ぐ効果が期待できます。

関連記事

肺真菌症の原因・症状・治療

肺真菌症(はいしんきんしょう)とは、カビである真菌が肺に感染することにより発症する病気の総称のこ

記事を読む

風邪に効くツボで風邪対策!

ツ ボ押し健康法の中には、風邪対策に適しているものも複数あります。 今回は何種類か風邪にいい

記事を読む

特発性肺線維症の原因・症状・治療

特発性肺繊維症(とくはつせいはいせんいしょう)とは、肺胞同士の仕切りになっている肺胞壁に広範囲の

記事を読む

「風邪は万病のもと」と言われるのは何故?

ことわざに「風邪は万病のもと」とあり、見聞きしたことがある人も多いでしょう。 ただ、どうし

記事を読む

肺に良い事とは?肺を健康に保つ為に!

水 水を飲むと肺の健康に良いといわれることがありますが、飲み方に気をつけなければ逆効果になって

記事を読む

クラミジア肺炎の原因・症状・治療・検査・予防

クラミジア肺炎(くらみじあはいえん)とは、細菌の一種であるクラミジアにより発症する肺炎のことをい

記事を読む

ウイルス性肺炎の原因・症状・検査・治療

ウイルス性肺炎(ういるすせいはいえん)とは、ウイルス感染により発症する肺炎のことをいいます。

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

MRSA肺炎の原因・症状・検査・治療

メチシリンは、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAにはMRSA用の特別な抗菌

記事を読む

肺うっ血/肺水腫の原因・症状・治療

肺うっ血とは、肺をめぐっている血管内の血液量が増加している状態のことをいいます。 血液量が多く

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑