*

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

公開日: : 最終更新日:2015/04/09 肺・気管支の病気, 肺炎


肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。
ある程度大きな子供で、肺炎以外に病気のない子供なら早期の適切な治療で十分に回復しますが、3ヶ月頃までの乳児は命を落とす危険性があります。
子供に起こりやすい肺炎について取り上げていきますので、参考にしてください。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎はウイルス性の肺炎に分類されており、5~10歳ぐらいの子供に多いため注意が必要です。
原因は咳やくしゃみなどで起こる飛沫感染です。
高熱や咳などの症状がありますが、比較的軽いケースが多いのが特徴です。
なお、熱は1週間程度下がらないこともあり、咳も同様になかなか治りません。
また、咳に関しては次第に痰が絡むものへと変化していくのが特徴といえます。

細菌性肺炎

肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、溶連菌(ようれんきん)におかされることで発症します。
風邪をこじらせたり、インフルエンザが悪化することで肺炎に移行することがあるのです。
マイコプラズマ肺炎とは異なり、重症化しやすい点が厄介なところです。
場合によっては呼吸困難の症状を引き起こすことがあるため、注意が必要といえるでしょう。

クラミジア肺炎

母子感染により起こる肺炎ですが、母親がクラミジアに感染している場合、子供にも起こってしまうのです。
熱はあまり高くなりませんが、咳の症状が次第に悪化していくのと、呼吸困難に陥る可能性があります。

子供の肺炎の検査・治療
子供が肺炎を引き起こしているかどうかは、X線検査、血液検査、培養検査、抗体検査で調べます。
これらの検査で炎症の程度、原因などを見極めるのです。
肺炎と診断されたら治療を受けることになりますが、細菌感染に対しては抗生物質を、呼吸困難の症状には酸素補給を、栄養摂取のためには輸液を行います。
膿胸(のうきょう)や気胸(ききょう)になることもありますが、この場合には膿や空気をチューブを挿入することで排出しなくてはいけません。

関連記事

過換気症候の原因・症状・治療

過換気症候群とは 過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)は過呼吸(かこきゅう)と呼ばれることも

記事を読む

インフルエンザ・風邪と肺炎の違いと関連はあるのか?

症状が似ている風邪、インフルエンザ、肺炎ですが、どういった点が違うのでしょうか。 また、これら

記事を読む

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)の原因・症状・治療

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)とは 心臓から肺へと血液を送り込む血管の肺動脈(はいどう

記事を読む

ウイルス性肺炎の原因・症状・検査・治療

ウイルス性肺炎(ういるすせいはいえん)とは、ウイルス感染により発症する肺炎のことをいいます。

記事を読む

誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因・症状・検査・治療

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、日本においては吸入性(きゅうにゅうせい)肺炎や誤飲(ごいん

記事を読む

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態のことです

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

気胸の症状・種類・検査・治療

こちらでは、気胸という病気についてご紹介しています。 その名前すら、今まで聞いたことが無い方も

記事を読む

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。 この2種類の健康法はど

記事を読む

気管支拡張症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

気管支拡張症とは 鼻や口と繋がっており、気道の一部で肺にいたるまでの管のことを気管支(きか

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑