*

インフルエンザ・風邪と肺炎の違いと関連はあるのか?

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 肺・気管支の病気, 肺炎


症状が似ている風邪、インフルエンザ、肺炎ですが、どういった点が違うのでしょうか。
また、これらの病気にはどういう関わりがあるのでしょうか。
こうした疑問を持つ人のため、違いや関わりについて説明します。

風邪との違い

風邪と肺炎の異なる点としては、炎症が起こる部位を挙げることができます。
風邪は基本的に上気道の範囲内に炎症が生じ、肺に至ることはありません。
一方の肺炎は、肺に炎症を生じた状態です。
それから、風邪と肺炎は病気の原因に違いが見られます。
風邪はほとんどの場合、ウイルスが原因で起こります。
これに対し、肺炎は細菌をはじめ、ウイルス、放射線、薬剤など、さまざまな原因により引き起こされるのが特徴です。

風邪と肺炎の関わり

基本的に風邪で肺に炎症が起こることはないと記しましたが、風邪をこじらせてしまった場合は話が違ってきます。
風邪をこじらせたことで肺炎になるケースは少なくないからです。
ただ、必ずしも風邪から肺炎に移行するわけではなく、いきなり肺炎になることもおうおうにしてありますので注意が必要です。

インフルエンザとの違い

肺炎は肺に炎症を起こすものですが、インフルエンザは気道のインフルエンザウイルス感染により発症します。
発症する場所が異なるほか、原因も異なります。
肺炎の原因は前述したようにさまざまですが、インフルエンザはインフルエンザウイルスのみによって引き起こされます。

インフルエンザとの関わり

インフルエンザウイルスにより肺炎が引き起こされてしまうことは少ないのですが、インフルエンザの二次感染として細菌性肺炎にかかる可能性は高めです。
この二次感染による肺炎は悪化しやすいのが特徴で、インフルエンザで命を落としたケースはたいてい、二次感染による肺炎が原因であると考えられています。
二次感染が起こる原因としては、炎症が気道に生じることにより、表面の細胞が破壊されてしまうことが挙げられます。
これにより感染を防御する力が弱まり、細菌性の肺炎を引き起こしやすくなるのです。

関連記事

冬に風邪をひくのは何故?

冬に風邪をひいたり、流行したりする理由は複数あります 以下に分かりやすくまとめていますので

記事を読む

石綿肺の原因・症状・治療

石綿肺 どんな病気(概要) 石綿肺(せきめんはい)とは、じん肺の一種のことをいいますが、じん肺

記事を読む

肺真菌症の原因・症状・治療

肺真菌症(はいしんきんしょう)とは、カビである真菌が肺に感染することにより発症する病気の総称のこ

記事を読む

過換気症候の原因・症状・治療

過換気症候群とは 過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)は過呼吸(かこきゅう)と呼ばれることも

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきかんしえん)

記事を読む

肺うっ血/肺水腫の原因・症状・治療

肺うっ血とは、肺をめぐっている血管内の血液量が増加している状態のことをいいます。 血液量が多く

記事を読む

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)の原因・症状・治療

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)とは 心臓から肺へと血液を送り込む血管の肺動脈(はいどう

記事を読む

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほう

記事を読む

肺結核の原因・症状・治療

結核(肺結核)とは 細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が原因で引き起こされる感染症のことを

記事を読む

特発性肺線維症の原因・症状・治療

特発性肺繊維症(とくはつせいはいせんいしょう)とは、肺胞同士の仕切りになっている肺胞壁に広範囲の

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑