*

インフルエンザ・風邪と肺炎の違いと関連はあるのか?

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 肺・気管支の病気, 肺炎


症状が似ている風邪、インフルエンザ、肺炎ですが、どういった点が違うのでしょうか。
また、これらの病気にはどういう関わりがあるのでしょうか。
こうした疑問を持つ人のため、違いや関わりについて説明します。

風邪との違い

風邪と肺炎の異なる点としては、炎症が起こる部位を挙げることができます。
風邪は基本的に上気道の範囲内に炎症が生じ、肺に至ることはありません。
一方の肺炎は、肺に炎症を生じた状態です。
それから、風邪と肺炎は病気の原因に違いが見られます。
風邪はほとんどの場合、ウイルスが原因で起こります。
これに対し、肺炎は細菌をはじめ、ウイルス、放射線、薬剤など、さまざまな原因により引き起こされるのが特徴です。

風邪と肺炎の関わり

基本的に風邪で肺に炎症が起こることはないと記しましたが、風邪をこじらせてしまった場合は話が違ってきます。
風邪をこじらせたことで肺炎になるケースは少なくないからです。
ただ、必ずしも風邪から肺炎に移行するわけではなく、いきなり肺炎になることもおうおうにしてありますので注意が必要です。

インフルエンザとの違い

肺炎は肺に炎症を起こすものですが、インフルエンザは気道のインフルエンザウイルス感染により発症します。
発症する場所が異なるほか、原因も異なります。
肺炎の原因は前述したようにさまざまですが、インフルエンザはインフルエンザウイルスのみによって引き起こされます。

インフルエンザとの関わり

インフルエンザウイルスにより肺炎が引き起こされてしまうことは少ないのですが、インフルエンザの二次感染として細菌性肺炎にかかる可能性は高めです。
この二次感染による肺炎は悪化しやすいのが特徴で、インフルエンザで命を落としたケースはたいてい、二次感染による肺炎が原因であると考えられています。
二次感染が起こる原因としては、炎症が気道に生じることにより、表面の細胞が破壊されてしまうことが挙げられます。
これにより感染を防御する力が弱まり、細菌性の肺炎を引き起こしやすくなるのです。

関連記事

慢性血栓塞栓性肺高血圧症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

慢性血栓塞栓性肺高血圧症とは 人間が生命を維持するためには、息をすることで肺から大気中の酸

記事を読む

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。 この2種類の健康法はど

記事を読む

気胸の症状・種類・検査・治療

こちらでは、気胸という病気についてご紹介しています。 その名前すら、今まで聞いたことが無い方も

記事を読む

膠原病肺の原因・症状・治療

膠原病肺 どんな病気(概要) 膠原病と合併して引き起こされた肺の病気を総称して、膠原病肺(こう

記事を読む

肺寄生虫症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肺寄生虫症とは 肺寄生虫症(はいきせいちゅうしょう)とは、肺に寄生虫が侵入することによって起こ

記事を読む

お年寄りの肺炎の特徴を知って予防対策!

肺炎は以前から多くの人に起こる病気でしたが、近年では遂に日本人の死因トップ3に入るほどになりまし

記事を読む

間質性肺炎の原因・症状・検査・治療

間質性肺炎とは 間質性肺炎(かんしつせいはいえん)とは、間質と呼ばれる肺の組織部分に炎症を

記事を読む

特発性肺線維症の原因・症状・治療

特発性肺繊維症(とくはつせいはいせんいしょう)とは、肺胞同士の仕切りになっている肺胞壁に広範囲の

記事を読む

風邪に似た病気の特徴や対処法をまとめました

インフルエンザ 一般的に、風邪はさまざまなウイルスによって起こります。 普通の風邪の多くは、

記事を読む

ウイルス性肺炎の原因・症状・検査・治療

ウイルス性肺炎(ういるすせいはいえん)とは、ウイルス感染により発症する肺炎のことをいいます。

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑