*

インフルエンザ・風邪と肺炎の違いと関連はあるのか?

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 肺・気管支の病気, 肺炎


症状が似ている風邪、インフルエンザ、肺炎ですが、どういった点が違うのでしょうか。
また、これらの病気にはどういう関わりがあるのでしょうか。
こうした疑問を持つ人のため、違いや関わりについて説明します。

風邪との違い

風邪と肺炎の異なる点としては、炎症が起こる部位を挙げることができます。
風邪は基本的に上気道の範囲内に炎症が生じ、肺に至ることはありません。
一方の肺炎は、肺に炎症を生じた状態です。
それから、風邪と肺炎は病気の原因に違いが見られます。
風邪はほとんどの場合、ウイルスが原因で起こります。
これに対し、肺炎は細菌をはじめ、ウイルス、放射線、薬剤など、さまざまな原因により引き起こされるのが特徴です。

風邪と肺炎の関わり

基本的に風邪で肺に炎症が起こることはないと記しましたが、風邪をこじらせてしまった場合は話が違ってきます。
風邪をこじらせたことで肺炎になるケースは少なくないからです。
ただ、必ずしも風邪から肺炎に移行するわけではなく、いきなり肺炎になることもおうおうにしてありますので注意が必要です。

インフルエンザとの違い

肺炎は肺に炎症を起こすものですが、インフルエンザは気道のインフルエンザウイルス感染により発症します。
発症する場所が異なるほか、原因も異なります。
肺炎の原因は前述したようにさまざまですが、インフルエンザはインフルエンザウイルスのみによって引き起こされます。

インフルエンザとの関わり

インフルエンザウイルスにより肺炎が引き起こされてしまうことは少ないのですが、インフルエンザの二次感染として細菌性肺炎にかかる可能性は高めです。
この二次感染による肺炎は悪化しやすいのが特徴で、インフルエンザで命を落としたケースはたいてい、二次感染による肺炎が原因であると考えられています。
二次感染が起こる原因としては、炎症が気道に生じることにより、表面の細胞が破壊されてしまうことが挙げられます。
これにより感染を防御する力が弱まり、細菌性の肺炎を引き起こしやすくなるのです。

関連記事

マイコプラズマ肺炎の原因・症状・治療

マイコプラズマ肺炎とは マイコプラズマ肺炎(まいこぷらずまはいえん)とは、マイコプラズマという

記事を読む

肺結核の原因・症状・治療

結核(肺結核)とは 細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が原因で引き起こされる感染症のことを

記事を読む

閉塞性肺炎の原因・症状・検査・治療

閉塞性肺炎(へいそくせいはいえん)とは、気道の閉塞した状態に陥ることで引き起こされる肺炎の一種で

記事を読む

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大きな子供で、肺

記事を読む

市販の風邪薬の択び方

風邪をひいた 際、病院に行かずにまずは市販薬を使用するという人が少なくありません。 決し

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

肺がんと原因・症状・検査・治療

肺ガンは悪性度が高く、死亡者数が最も多いガンです。 しかし、肺ガンは進行すると治りにくい反面、

記事を読む

MRSA肺炎の原因・症状・検査・治療

メチシリンは、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAにはMRSA用の特別な抗菌

記事を読む

特発性肺線維症の原因・症状・治療

特発性肺繊維症(とくはつせいはいせんいしょう)とは、肺胞同士の仕切りになっている肺胞壁に広範囲の

記事を読む

過換気症候の原因・症状・治療

過換気症候群とは 過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)は過呼吸(かこきゅう)と呼ばれることも

記事を読む

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

薬物性肝障害を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬物性肝障害とは 薬物性肝障害(やくぶつせいかんしょうがい)とは、医療機関の

→もっと見る

PAGE TOP ↑