*

薬剤性肺炎の原因・症状・検査・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/06 肺・気管支の病気, 肺炎

薬剤性肺炎
薬剤性肺炎(やくざいせいはいえん)とは、ほかの種類の病気にかかっている場合に使用された薬剤により引き起こされる肺炎のことをいい、間質性肺炎(かんしつせいはいえん)の一種に含まれます。
通常、肺炎はウイルスや細菌といった病原体が肺胞に感染し、炎症が起こることにより発症する病気ですが、薬の内服や点滴投与により肺が障害されてしまい、肺炎を引き起こしてしまう場合があるのです。
薬剤性肺炎を引き起こす薬剤はこれまでの事例から数多くの種類があることがわかっており、通常の肺炎治療薬として選択される抗菌剤が原因になってしまうケースもあります。
なお、この薬剤性肺炎の予後に関しては、比較的良好な場合でもあれば、適切な治療がおこなわれていても悪化してしまうケースも珍しくありません。
最悪の場合には命を落としてしまうこともありますので、決して軽視してはいけない病気です。

薬剤性肺炎の原因

前に述べたように、薬剤性肺炎は非常に多くの種類の薬剤により引き起こされるのが特徴です。
そのなかでもとりわけリスクが大きいのは、抗がん剤、免疫抑制剤、抗炎症薬、降圧剤、抗生剤、化学療法薬であるとされています。
これらの薬剤を使った治療を受けている人は、薬剤性肺炎に対しても警戒をしなくてはいけません。
また、薬剤性肺炎には、もともと薬剤が有している毒性が原因となって発症するタイプと、薬剤に対しアレルギー反応を起こすタイプとがあります。
どの程度の使用量で薬剤性肺炎を引き起こすのかには個人差があるため、一概に決め付けることはできません。
ただ、薬剤の使用量や種類の数が多いと発症しやすくなりますし、元から肺が悪かった人やお年寄りも発症リスクが大きいのが薬剤性肺炎の特徴です。

薬剤性肺炎の症状

一口に薬剤性肺炎といっても急性や慢性のものがあり、個々に症状が異なります。
まず急性の薬剤性肺炎に関してですが、薬剤を使用したあとすぐか、何週間か経過したあとに乾いた咳、発熱、呼吸困難の症状があらわれます。
次に慢性の薬剤性肺炎の症状ですが、薬剤の使用後数週間~数ヶ月間が経過したあと、乾いた咳や呼吸困難の症状が引き起こされます。
なお、慢性の場合は急性の症状にあった発熱は引き起こされないのが一般的です。

薬剤性肺炎の検査・診断

薬剤性肺炎かどうかを調べるための検査方法はいろいろありますが、そのなかの一つとしては血液検査を挙げることができます。
この検査をおこなった場合には白血球数、赤血球沈降速度、C反応性たんぱく(CRP)の増加や上昇がみとめられるのが特徴です。
また、胸部X線もおこなわれて、検査をした際には網や粒のような陰影が示されます。
そのほか、CT検査も実施されることがありますが、X線検査と共通していいえるのは通常の肺炎と見分けることが難しいという点です。
また、肺の機能を調べる検査もおこなわれ、結果としては肺活量や血中酸素が低下し、低酸素血症であることがわかります。
それから、過敏性(アレルギー反応)で発病する薬剤性肺炎に関しては、リンパ球幼弱化反応試験をおこない抗原を探る方法がとられることもあります。

薬剤性肺炎の治療方法

薬剤性肺炎の治療方法としては、原因となっている薬剤の使用をストップすることが挙げられます。
これをしない限り病気は悪化の一途をたどりますので、当然といえば当然の対処法です。
原因となっている薬剤の使用をやめると回復することもありますが、しない人もいます。
薬剤の使用をストップしても回復しない人に対しては、ステロイド薬を使った治療が選択されることが多いのが特徴です。
また、薬剤を使わなくなっても病状が改善せず、強い呼吸障害が起こっているという人に対しては、酸素療法が選択されたり、場合によっては人工呼吸器を使った治療もおこなわれます。

薬剤性肺炎の予防方法

薬剤性肺炎はアレルギー反応により起こるものもありますので、体質的にアレルギーを持っている人は、病院を訪れた際には医師に話しましょう。

関連記事

肺ランゲルハンス細胞組織球症の原因・症状・治療

肺ランゲルハンス細胞組織球症(はいらんげるはんすさいぼうそしききゅうしょう)とは、肺や気管支の壁

記事を読む

お年寄りの肺炎の特徴を知って予防対策!

肺炎は以前から多くの人に起こる病気でしたが、近年では遂に日本人の死因トップ3に入るほどになりまし

記事を読む

非結核性抗酸菌症(NTM感染症)の原因・症状・治療

非結核性抗酸菌症(NTM感染症)とは まず、非結核性抗酸菌症は「ひけっかくせいこうさんきんしょう」

記事を読む

市販の風邪薬の択び方

風邪をひいた 際、病院に行かずにまずは市販薬を使用するという人が少なくありません。 決し

記事を読む

サイトメガロウイルス肺炎の原因・症状・検査・治療

サイトメガロウイルス肺炎(さいとめがろういるすはいえん)とは、ウイルスの一種であるサイトメガロウ

記事を読む

COPDの症状・原因・治療

COPDとは、慢性的に気道が閉塞状態になる病気(慢性気管支炎、肺気腫、びまん性汎細気管支炎など)

記事を読む

気胸の症状・種類・検査・治療

こちらでは、気胸という病気についてご紹介しています。 その名前すら、今まで聞いたことが無い方も

記事を読む

リンパ脈管筋腫症(肺リンパ脈管筋腫症)の原因・症状・治療

リンパ脈管筋腫症(りんぱみゃくかんきんしゅしょう)・肺リンパ脈管筋腫症(はいりんぱみゃくかんきん

記事を読む

MRSA肺炎の原因・症状・検査・治療

メチシリンは、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAにはMRSA用の特別な抗菌

記事を読む

マイコプラズマ肺炎の原因・症状・治療

マイコプラズマ肺炎とは マイコプラズマ肺炎(まいこぷらずまはいえん)とは、マイコプラズマという

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑