*

サイトメガロウイルス肺炎の原因・症状・検査・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/06 肺・気管支の病気, 肺炎

サイトメガロウイルス肺炎
サイトメガロウイルス肺炎(さいとめがろういるすはいえん)とは、ウイルスの一種であるサイトメガロウイルスに感染し発症する肺炎のことをいいます。
いったん発症すると初期の頃は通常の肺炎と類似の症状を引き起こしますが、重症化すると呼吸不全を招いて心配停止状態に陥るリスクのある病気です。
重症化した場合には肺炎により命を落としてしまうことも珍しくありません。
なお、サイトメガロウイルス肺炎は治療後の経過がよくありませんので、早期発見・治療が重要です。
また、肝機能障害や網膜症、脳炎といった病気を伴うことが多いのも、サイトメガロウイルス肺炎の特徴といえます。
そのほか、サイトメガロウイルス肺炎だけが引き起こされるケースのほか、カリニ肺炎を併発するケースも少なくありません。

サイトメガロウイルス肺炎の原因

母親から受け継ぐ形で日本人の成人はほとんどこのウイルスを有しています。
健康体であれば体内にサイトメガロウイルスはいるものの、悪さをするわけではありませんが、がん、白血病、エイズを発症したり、臓器移植を受けたことで免疫力がダウンすると、ウイルスが暴れ出します。
結果、急激にサイトメガロウイルスが増殖し、感染したまま大人しくしていたウイルスが活性化したことで発症してしまうことになるのです。
また、サイトメガロウイルスの感染経路ですが、多くの場合は飛沫感染であるとされており、唾液を介して感染してしまいます。
そのため、キスをすることにより感染する恐れがあるほか、性行為による感染例もみられるのが特徴です。
それから、輸血を受けたことが原因となって肝炎するケースもあります。

サイトメガロウイルス肺炎の症状

サイトメガロウイルス肺炎を発症した場合の症状は、併発することの多いニューモシスチスカリニ肺炎と共通しています。
痰の絡まない乾いた咳(空咳)、発熱、呼吸困難、爪が紫に変色するチアノーゼといった症状が引き起こされてしまうのが特徴です。
呼吸困難があらわれたあとは、呼吸不全へと移行するスピードがはやいため注意が必要です。
また、網膜炎や肝機能障害といった合併症が引き起こされることも珍しくありません。

サイトメガロウイルス肺炎の検査・診断

サイトメガロウイルス肺炎かどうかを調べるためには、気管支肺胞洗浄や肺生検が選択されることになります。
こうした検査をおこなうことにより、サイトメガロウイルスがいるかどうかを調べ、診断を下すことになるのです。
ただし、免疫力が低下した状態にある人に前述したような検査を選択することができないケースが多いため、症状からサイトメガロウイルスであると予測を立てて治療をスタートします。
重症のケースも同様に前述した検査方法を選択できないため、血中でサイトメガロウイルスを捕らえている白血球の培養をおこなったり、血中のウイルスに特有の抗原が存在していることを確認し、サイトメガロウイルスかどうか調べます。
そのほか、胸部X線検査もおこなわれることがありますが、このときには肺の両側にすりがらす状の陰影が認められます。

サイトメガロウイルス肺炎の治療方法

サイトメガロウイルス肺炎は、免疫力低下の原因になっている病気の治療が優先されます。
そしてサイトメガロウイルス肺炎に対しては、抗ウイルス薬であるガンシクロビルと免疫抑制薬であるγグロブリンが併用される形での治療が効果的です。
また、呼吸困難の状態に陥ってしまった場合には、酸素吸入といった治療方法が選択されることがあります。

サイトメガロウイルスの予防方法

現状において、サイトメガロウイルスを予防するためのワクチンは開発されていません。
しかしながら、全く予防方法がないわけではなく、予防目的でγグロブリン製剤、ガンシクロビルといった薬の投与をおこなう方法があります。
そのほか、日頃から手洗いをおこなうこともサイトメガロウイルス肺炎の予防に効果的です。

関連記事

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ病気のこと

記事を読む

COPDの症状・原因・治療

COPDとは、慢性的に気道が閉塞状態になる病気(慢性気管支炎、肺気腫、びまん性汎細気管支炎など)

記事を読む

肺ランゲルハンス細胞組織球症の原因・症状・治療

肺ランゲルハンス細胞組織球症(はいらんげるはんすさいぼうそしききゅうしょう)とは、肺や気管支の壁

記事を読む

冬に風邪をひくのは何故?

冬に風邪をひいたり、流行したりする理由は複数あります 以下に分かりやすくまとめていますので

記事を読む

肺真菌症の原因・症状・治療

肺真菌症(はいしんきんしょう)とは、カビである真菌が肺に感染することにより発症する病気の総称のこ

記事を読む

市販の風邪薬の択び方

風邪をひいた 際、病院に行かずにまずは市販薬を使用するという人が少なくありません。 決し

記事を読む

リンパ脈管筋腫症(肺リンパ脈管筋腫症)の原因・症状・治療

リンパ脈管筋腫症(りんぱみゃくかんきんしゅしょう)・肺リンパ脈管筋腫症(はいりんぱみゃくかんきん

記事を読む

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子どもが罹患し

記事を読む

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大きな子供で、肺

記事を読む

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。 この2種類の健康法はど

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑